終了

インターネットに接続できない場合の認証・解除について Acrobat2017(TLP永続)

New Here ,
Nov 11, 2018 Nov 11, 2018

リンクをクリップボードにコピー

コピー完了

今年の3月にAcrobatStandard2017(TLP永続ライセンス版)を89ライセンス購入し、

社内オフライン環境のPCにインストールし、オフライン環境での認証を行いました。

(他のネット用PC経由でリクエストコードとレスポンスコードの入力を89台それぞれで行った。)

 Acrobat2017をインストールしたパソコンはリースパソコンで、来年返却が決まっており

返却時にはデータ消去ソフトにてOSごとデータ消去を行い返却となります。

 今後更新される新しいPCにAcorobat2017を移行するにあたっては、古いPCのほうの認証解除と

新しいPCでの認証を行うことが予想されますが、オフライン環境での個々のPCの認証解除は、

どのように行えばよいのでしょうか?

表示

850

翻訳

翻訳

レポート

レポート
コミュニティガイドライン
他のユーザーへの思いやりを持ち、敬意を払いましょう。コンテンツの出典を明記し、投稿する前に内容が重複していないか検索してください。 さらに詳しく
community guidelines

correct answers 1 件の正解

Community Expert , Nov 12, 2018 Nov 12, 2018

TLP/CLPの場合は解除処理ではないことと、オフラインインストーラのデプロイメントも可能なので、

利用台数等の超過を物理的に行わない限りは基本的には差し支えはないはずです。

またCustomization Wizardを使えばシリアライズずみインストーラーの作成も可能です。

下記が概要と実際の流れに関する文書なので参考にしてはどうでしょうか。

(DCとなっていますが2017でも同様です)

Adobe Customization Wizard の概要

Customization Wizard DCでのパッケージ作成方法

投票

翻訳

翻訳
Community Expert ,
Nov 12, 2018 Nov 12, 2018

リンクをクリップボードにコピー

コピー完了

TLP/CLPの場合は解除処理ではないことと、オフラインインストーラのデプロイメントも可能なので、

利用台数等の超過を物理的に行わない限りは基本的には差し支えはないはずです。

またCustomization Wizardを使えばシリアライズずみインストーラーの作成も可能です。

下記が概要と実際の流れに関する文書なので参考にしてはどうでしょうか。

(DCとなっていますが2017でも同様です)

Adobe Customization Wizard の概要

Customization Wizard DCでのパッケージ作成方法

投票

翻訳

翻訳

レポート

レポート
コミュニティガイドライン
他のユーザーへの思いやりを持ち、敬意を払いましょう。コンテンツの出典を明記し、投稿する前に内容が重複していないか検索してください。 さらに詳しく
community guidelines
New Here ,
Nov 15, 2018 Nov 15, 2018

リンクをクリップボードにコピー

コピー完了

最新

ありがとうございます。

早速、参考にさせていただきます。

投票

翻訳

翻訳

レポート

レポート
コミュニティガイドライン
他のユーザーへの思いやりを持ち、敬意を払いましょう。コンテンツの出典を明記し、投稿する前に内容が重複していないか検索してください。 さらに詳しく
community guidelines