Welcome Dialog

コミュニティへようこそ。

まったく新しい外観になりました。ツアーに参加して、アドビサポートコミュニティの最新情報をご覧ください


墨消し機能がない場合の機密情報の削除方法

New Here ,
Jun 04, 2018 Jun 04, 2018

リンクをクリップボードにコピー

コピー完了

どうしても、墨消し機能がないバージョンを使って機密情報を削除する必要があり、

黒塗りした矩形を配置し、

いったん、印刷→Adobe AcrobatからPDFを再作成しました。

(埋め込みテキストはありません。)

しかし、PDF自体が容量が大きいものだったせいか、

作成したPDFを開くときに、もとの画像部分が開いたあと、矩形部分がワンテンポ遅れて開くため、

一瞬隠したはずの機密部分が見えてしまいます。

PDFを再作成しているので、矩形オブジェクトとして選択や移動はできないのですが…。

このような場合、どうするのが正解なのでしょうか?

墨消し機能のあるバージョンを使う、いったん印刷して黒塗りしてスキャンする、以外の方法はないでしょうか。

キーワード
操作方法、機能の確認

表示

6.8K

いいね

翻訳

翻訳

レポート

レポート
コミュニティガイドライン
他のユーザーへの思いやりを持ち、敬意を払いましょう。コンテンツの出典を明記し、投稿する前に内容が重複していないか検索してください。 さらに詳しく
community guidelines

correct answers 1 件の正解

Adobe Community Professional , Jun 04, 2018 Jun 04, 2018
今回の場合は、そのいずれかのみです。矩形オブジェクトを重ねても元の文字情報が消えるわけではないですし、何より編集によってその矩形を消せば元の文字があるわけなので、消したことにはなりません。または編集機能で文字自体をまるごと消すかのいずれかではないでしょうか。もっともその場合、文字位置を同一の位置に保持できない可能性はあります。

いいね

翻訳

翻訳
Adobe Community Professional ,
Jun 04, 2018 Jun 04, 2018

リンクをクリップボードにコピー

コピー完了

最新

今回の場合は、そのいずれかのみです。

矩形オブジェクトを重ねても元の文字情報が消えるわけではないですし、

何より編集によってその矩形を消せば元の文字があるわけなので、消したことにはなりません。

または編集機能で文字自体をまるごと消すかのいずれかではないでしょうか。

もっともその場合、文字位置を同一の位置に保持できない可能性はあります。

いいね

翻訳

翻訳

レポート

レポート
コミュニティガイドライン
他のユーザーへの思いやりを持ち、敬意を払いましょう。コンテンツの出典を明記し、投稿する前に内容が重複していないか検索してください。 さらに詳しく
community guidelines