終了

Acrobat2020永続版ライセンスは、サポート終了2025年6月1日後も継続利用できますか

New Here ,
Mar 20, 2024 Mar 20, 2024

リンクをクリップボードにコピー

コピー完了

サポート様、

 

Acrobat2020永続版ライセンスを利用中ですが
サポート終了が2025年6月1日なるとお聞きしました。
サポート終了後も製品が継続利用できることでよろしいですか

 

ーAcrobat Professional 2020 20.0 MLP AOO License IE PI 2022 (65324379) (Qty: 3)


・サブスクに移行しなくても、利用は可能でしょうか?
・サブスクに移行しなかった場合の影響は、アップデートが
提供されない以外に、何かありますでしょうか?
よろしくお願いします。

 

署名部分を削除しました。ここは一般に開かれたWebページに過ぎません。個人情報に類する情報は描かないようにしましょう。【モデレータ】

 

キーワード
アップデートのインストールと Acrobat の購入

表示

194

翻訳

翻訳

レポート

レポート
コミュニティガイドライン
他のユーザーへの思いやりを持ち、敬意を払いましょう。コンテンツの出典を明記し、投稿する前に内容が重複していないか検索してください。 さらに詳しく
community guidelines
Community Expert ,
Mar 20, 2024 Mar 20, 2024

リンクをクリップボードにコピー

コピー完了

最新

ここはユーザー相互に情報を交換するためにあるコミュニティなので、わたしもサポートではないんですけど一応回答しておきますね。

 

永続版ライセンス製品のサポート切れはアップデートが提供されなくなるという点のみです。インストールが保証されるOSもリリース当時の物に限られますが、アクティベーションの仕組みが生きている限りは再インストールも可能でしょう。

一番の問題はセキュリティーアップデートが無くなる点です。Acrobatの場合、相当数の攻撃を受けるアプリケーションですから使い続けるだけでリスクは大きいものとなります。企業内での使用や業務利用の場合、契約にセキュリティ条項が盛り込まれている事も多くなってきていますので、そういった場合サポートが切れたAcrobatを使い続けること自体がアウトになる可能性が高いかと思います。

 

投票

翻訳

翻訳

レポート

レポート
コミュニティガイドライン
他のユーザーへの思いやりを持ち、敬意を払いましょう。コンテンツの出典を明記し、投稿する前に内容が重複していないか検索してください。 さらに詳しく
community guidelines