Bridgeの説明の欄に情報を入れるスクリプトを書きたいのですが

New Here ,
May 31, 2019 May 31, 2019

リンクをクリップボードにコピー

コピー完了

Bridgeのメタデータの説明の欄に

情報を入れるjavascriptを書きたいのですが

書き方がわかりません。

キーワードは

app.document.selections.synchronousMetadata.Keywords="情報"

のような形で書き込めるのですが、情報の赤字の部分は

どうかけ良いのでしょうか?

よろしくお願いいたします。

表示

134

いいね

翻訳

翻訳

レポート

レポート
コミュニティガイドライン
他のユーザーへの思いやりを持ち、敬意を払いましょう。コンテンツの出典を明記し、投稿する前に内容が重複していないか検索してください。 さらに詳しく
community guidelines
Adobe Community Professional ,
Jun 18, 2019 Jun 18, 2019

リンクをクリップボードにコピー

コピー完了

最新

スクリプトはあまり書けませんが、基本的な事柄を書かせていただきます。

Bridgeでの参照と言うことでオブジェクトレベルのメタデータでは無いと思われますので以下のようなサンプルを起こしてみました。

var r = new Report();

var mt = this.metadata;

var XMPData = new XML(mt);

rdf = new Namespace("http://www.w3.org/1999/02/22-rdf-syntax-ns#");

dc = new Namespace("http://purl.org/dc/elements/1.1/");

var p = XMPData.rdf::RDF.rdf::Description;

p.dc::subject.rdf::Bag.rdf::li = "testString";

r.writeText(XMPData.toString());

r.open("myMetadataReportFile");

this.metadata = XMPData;

XMPメタデータというのはXML構造をとります。そしてキーワードの場合、ダブリンコアの子要素であるsubjectが該当します。

一旦取り出したXML構造のメタデータに対して構造に準じた形で追記したあとファイルのXMPメタデータに書き戻します。

結果は以下のようになります。

スクリーンショット 2019-06-18 16.51.08.png

Acrobatでの処理はかなり煩雑な手順となりますのでXMPの操作をしやすいBridgeでExtendScriptを利用した処理が楽だと思います。

いいね

翻訳

翻訳

レポート

レポート
コミュニティガイドライン
他のユーザーへの思いやりを持ち、敬意を払いましょう。コンテンツの出典を明記し、投稿する前に内容が重複していないか検索してください。 さらに詳しく
community guidelines