Welcome Dialog

コミュニティへようこそ。

まったく新しい外観になりました。ツアーに参加して、アドビサポートコミュニティの最新情報をご覧ください


Windows版AcrobatDCの編集モードで触れない箇所がある

New Here ,
Mar 03, 2019 Mar 03, 2019

リンクをクリップボードにコピー

コピー完了

Windows10でAcrobatDCを使い始めましたが、PDFを編集で選べない箇所が頻繁にあります。

特に数式のような複雑に重なった部分に起こりやすいようで、全体をCtrl+aで選んでも、その部分だけ選ばれず動かすこともできません。

以前使用していたAcrobatPro11では大丈夫です。

AcrobatDCでも同じように動かせるようにするにはどうすればいいですか。

キーワード
操作方法、機能の確認

表示

560

いいね

翻訳

翻訳

レポート

レポート
コミュニティガイドライン
他のユーザーへの思いやりを持ち、敬意を払いましょう。コンテンツの出典を明記し、投稿する前に内容が重複していないか検索してください。 さらに詳しく
community guidelines
Adobe Community Professional ,
Mar 04, 2019 Mar 04, 2019

リンクをクリップボードにコピー

コピー完了

Acrobatの編集機能におけるオブジェクト・テキストの領域に関する認識については

完全自動のようなので、コントロール自体を行うことはできません。

Acrobat XIではできたのことですが、同じデータなのでしょうか。

それだとしたら機能が違うところもあるので、処理ロジックの変更に伴うものだと思います。

いずれにしてもAcrobatの編集はそこまで多くのことができるものではないですし、

大幅な編集を伴うような場合は元データまで遡るのが無難・適切と言えます。

いいね

翻訳

翻訳

レポート

レポート
コミュニティガイドライン
他のユーザーへの思いやりを持ち、敬意を払いましょう。コンテンツの出典を明記し、投稿する前に内容が重複していないか検索してください。 さらに詳しく
community guidelines
New Here ,
Mar 04, 2019 Mar 04, 2019

リンクをクリップボードにコピー

コピー完了

回答ありがとうございます。

同じデータでAcrobat XIの編集機能を使用すれば加工できます。

AcrobatDCで行いたい加工は全体の位置を調整し、ヘッダフッタを追加するだけで複雑なことはしません。

全体を選んで、動かそうとすると該当箇所だけ動かないで他の文字と重なってしまう感じです。

客先からのデータは論文が多く数式が入っているものが多いのですが、割と頻繁にこの症状がでております。

元データを入手することはできませんが、Wordから変換したものと思われます。

いいね

翻訳

翻訳

レポート

レポート
コミュニティガイドライン
他のユーザーへの思いやりを持ち、敬意を払いましょう。コンテンツの出典を明記し、投稿する前に内容が重複していないか検索してください。 さらに詳しく
community guidelines
Adobe Community Professional ,
Mar 06, 2019 Mar 06, 2019

リンクをクリップボードにコピー

コピー完了

あまりにも接していることと同時に、PDFの構造も関わるところがあります。

単純にそこだけ抽出したいだけであれば、ファイル複製後、不要な周辺要素を可能な限り

取り除いていく、くらいしか方法がないとは思います。

先述の通り、基本的には元データまで遡りが必要になりうるケースですから、

外部からの依頼であれば、依頼元ときちんと擦り合わせて考えておく必要があるところです。

いいね

翻訳

翻訳

レポート

レポート
コミュニティガイドライン
他のユーザーへの思いやりを持ち、敬意を払いましょう。コンテンツの出典を明記し、投稿する前に内容が重複していないか検索してください。 さらに詳しく
community guidelines
New Here ,
Mar 11, 2019 Mar 11, 2019

リンクをクリップボードにコピー

コピー完了

解答ありがとうございます。

(ACP様というのはAdobeの公式の方なのでしょうか?)

これまで出来ていたことが出来なくなったことを依頼元に相談するのはおかしいですよね。

やはりAcrobat XIに戻すしかないでしょうか。

Adobeの方で該当ファイルを検証していただくのは無理でしょうか。

可能であれば該当部分のデータを送りたいと思います。

いいね

翻訳

翻訳

レポート

レポート
コミュニティガイドライン
他のユーザーへの思いやりを持ち、敬意を払いましょう。コンテンツの出典を明記し、投稿する前に内容が重複していないか検索してください。 さらに詳しく
community guidelines
Adobe Community Professional ,
Mar 11, 2019 Mar 11, 2019

リンクをクリップボードにコピー

コピー完了

最新

本フォーラムのバッジプログラムについては下記を参照してください。

コミュニティのエキスパート

Acrobat XIに戻すという方法は確かに選択肢にはなりますが、今からではリスクが伴うことが前提です。

2017年10月にセキュリティサポートが終了しているものなので、その点を踏まえる必要がありますし、

業務利用であれば普通はセキュリティ面は慎重に考えるのではないでしょうか。

Acrobat 旧バージョンをお使いのお客様へ

DCサブスクリプションであればチャットサポートを経由してデータ検証依頼はできる可能性はありますが、

作成元アプリケーションがAdobe製品以外であれば、サポート外になると思います。

同時に、もともと編集自体がベストエフォートなので、そこも完全には保証されませんから、

結論としては先述通りの話になる可能性が高いと、個人的には思います。

いいね

翻訳

翻訳

レポート

レポート
コミュニティガイドライン
他のユーザーへの思いやりを持ち、敬意を払いましょう。コンテンツの出典を明記し、投稿する前に内容が重複していないか検索してください。 さらに詳しく
community guidelines