終了

Adobe Acrobat Reader DC の配布で32bit / 64bitの個別インストーラー入手方法について

New Here ,
Jan 12, 2022 Jan 12, 2022

リンクをクリップボードにコピー

コピー完了

Acrobat Reader DC 64ビットへの移行についてという中で

2022年1月12日より、一括配布契約で提供されるリンク先から Acrobat Reader DC 32ビット版 / 64ビット版 の両方がダウンロードできるようになりました。

 

と記載があり、一括配布契約を申し込んだのですが、リンク先のDLページでは1種類のファイルしかDLできません。

両方ダウンロードできると書いてあるのに選択がでなくて困っています。

DL可能なAcroRdrDC2101120039_ja_JP.exeを実行すると最初は32bitでインストールされた後で、

再起動などをするといつの間にか64bitに変わっているため32bit版のみインストールしたいという場合には

インストーラーはどのように取得すればよろしいのでしょうか?

キーワード
ダウンロードとインストール

表示

5.5K

翻訳

翻訳

レポート

レポート
コミュニティガイドライン
他のユーザーへの思いやりを持ち、敬意を払いましょう。コンテンツの出典を明記し、投稿する前に内容が重複していないか検索してください。 さらに詳しく
community guidelines

correct answers 1 件の正解

Community Expert , Jan 13, 2022 Jan 13, 2022

確かに配布用のファイルは32bit版でした。

64bit版は現状ではあらゆる企業での利用には向かないことが、32bit版だけの配布になっているのかもしれません。

 

32bit版で固定するにはレジストリ操作が必要で、その情報自体は公開されているので、インストーラーとレジストリ書き込みのバッチファイルの両方を配布し、インストールマニュアルを作成してそれに従って個々の導入を行ってもらったり、Customization Wizard併用によるカスタムインストーラー作成を実施するしかないように思います。

(Readerでも多分Customization Wizardは使えたと思います)

投票

翻訳

翻訳
Community Expert ,
Jan 13, 2022 Jan 13, 2022

リンクをクリップボードにコピー

コピー完了

確かに配布用のファイルは32bit版でした。

64bit版は現状ではあらゆる企業での利用には向かないことが、32bit版だけの配布になっているのかもしれません。

 

32bit版で固定するにはレジストリ操作が必要で、その情報自体は公開されているので、インストーラーとレジストリ書き込みのバッチファイルの両方を配布し、インストールマニュアルを作成してそれに従って個々の導入を行ってもらったり、Customization Wizard併用によるカスタムインストーラー作成を実施するしかないように思います。

(Readerでも多分Customization Wizardは使えたと思います)

投票

翻訳

翻訳

レポート

レポート
コミュニティガイドライン
他のユーザーへの思いやりを持ち、敬意を払いましょう。コンテンツの出典を明記し、投稿する前に内容が重複していないか検索してください。 さらに詳しく
community guidelines
New Here ,
Jan 16, 2022 Jan 16, 2022

リンクをクリップボードにコピー

コピー完了

最新

返信ありがとうございます。

 

今、該当のページを見たら記載が追加されていまして

言語設定にてMUI:マルチユーザーインターフェース版 をご利用ください

という記載が追加されていたようなので日本語版の方では現状のファイルをDLするしかないみたいですね。

 

返信いただいたようにレジストリ設定して32bit運用していくほうは設定して、

64bit版は一旦32bitでインストール→アップデートの適応を待って64bitに切り替えるのをまつ、

で運用していくことにします。

 

 

投票

翻訳

翻訳

レポート

レポート
コミュニティガイドライン
他のユーザーへの思いやりを持ち、敬意を払いましょう。コンテンツの出典を明記し、投稿する前に内容が重複していないか検索してください。 さらに詳しく
community guidelines