終了

After Effectsで作成した時計をPremiereに読み込んだら、タイムラインの時間とズレが生じる

ファン ,
Aug 15, 2019 Aug 15, 2019

リンクをクリップボードにコピー

コピー完了

29.97フレーム、ノンドロップで、時計をAfter Effectsで作りました。

作成方法はこちらの動画を参照しました。

After Effects Tips #25 Clock Animation - YouTube

で、同じくPremiereで29.97フレーム、ノンドロップのシーケスを作成し、After Effectsで作った時計を読み込みました。

読み込む方法は、コンポジット自体を読み込む方法と、After Effectsから一旦mov動画で書き出した動画ファイルを読み込みました。

すると、動画素材の時計も、コンポジットの時計も、タイムラインの時間と微妙にズレが生じてしまいます。

例えば、タイムラインで10分のところにカーソルを持っていくと、時計の秒針はピッタリ「12」を指さず、少し「1」に近づいた位置になるんです。

そこで、After EffectsもPremiereも、「ドロップ」に変更してやり直したところ、ズレはなくなりました。

という訳で質問です。

・私がやろうとしている内容の場合、「ノンドロップ」の設定はNGなのでしょうか?

・そもそも、ドロップとノンドロップの使い分けは、どういう時に考慮しなければいけない選択肢なのでしょうか?

以上、よろしくお願いします。

表示

575

翻訳

翻訳

レポート

レポート
コミュニティガイドライン
他のユーザーへの思いやりを持ち、敬意を払いましょう。コンテンツの出典を明記し、投稿する前に内容が重複していないか検索してください。 さらに詳しく
community guidelines

correct answers 1 件の正解

Community Expert , Aug 15, 2019 Aug 15, 2019

まず先に「ドロップ」と「ノンドロップ」の使い分けですが、放送用途のように実時間とタイムライン上のタイムコードを正確に合わせなくてはならない場合は、「ドロップ」が必須です。

タイムコードを厳密に実時間に合わせなくて良い場合は、「ドロップ」でも「ノンドロップ」でもどちらでも良いのですが、「ノンドロップ」の方がフレーム計算がやりやすいです。

ノンドロップもドロップも、映像自体はなんら変わりなく、タイムラインなどのタイムコードのカウントの仕方だけが変化します。

少し長くなりますが、詳しく書いてみます。

映像は1秒間に29.97フレームで進みますから、逆の見方をしますと1.001秒で30フレーム進むことになります。タイムコードは1秒30フレームでカウントしますので、実時間と0.1%の遅れていることになります。

ノンドロップフレームは、この「遅れ」を考慮せずカウントし続けます。ノンドロップフレームの10分00秒は、実時間では0.1%長い10分00.6秒になります。そのため、

>例えば、タイムラインで10分のところにカーソルを持っていくと、時計の秒針はピッタリ「12」を指さず、少し「1」に近づいた位置になるんで

...

投票

翻訳

翻訳
Community Expert ,
Aug 15, 2019 Aug 15, 2019

リンクをクリップボードにコピー

コピー完了

まず先に「ドロップ」と「ノンドロップ」の使い分けですが、放送用途のように実時間とタイムライン上のタイムコードを正確に合わせなくてはならない場合は、「ドロップ」が必須です。

タイムコードを厳密に実時間に合わせなくて良い場合は、「ドロップ」でも「ノンドロップ」でもどちらでも良いのですが、「ノンドロップ」の方がフレーム計算がやりやすいです。

ノンドロップもドロップも、映像自体はなんら変わりなく、タイムラインなどのタイムコードのカウントの仕方だけが変化します。

少し長くなりますが、詳しく書いてみます。

映像は1秒間に29.97フレームで進みますから、逆の見方をしますと1.001秒で30フレーム進むことになります。タイムコードは1秒30フレームでカウントしますので、実時間と0.1%の遅れていることになります。

ノンドロップフレームは、この「遅れ」を考慮せずカウントし続けます。ノンドロップフレームの10分00秒は、実時間では0.1%長い10分00.6秒になります。そのため、

>例えば、タイムラインで10分のところにカーソルを持っていくと、時計の秒針はピッタリ「12」を指さず、少し「1」に近づいた位置になるんです。

という現象が発生します。

それに対してドロップフレームは、遅れを取り戻すために、時々カウントを飛ばしてゆきます。

できるだけ誤差を少なく合わせてゆくことを考えると1000フレーム(約33.3秒)ごと1フレームカウントを飛ばせば良いのですが、そうすると編集作業中の時間計算がややこしくなってしまいます。

そこで、00分10分20分30分40分50分(1の位が0の分)のとき以外の分が変わるタイミングで、2フレーム飛ばしてカウントすることにしました。これが、ドロップフレームのカウントの仕方です。

※稀に誤解されることがあるのですが、あくまで時間のカウントを飛ばすのであって、映像のフレームを飛ばす(動きが飛んでしまう)わけではありません。

そのうえで、

>・私がやろうとしている内容の場合、「ノンドロップ」の設定はNGなのでしょうか?

というご質問ですが、「私がやろうとしている内容」がわからないのでなんとも言えないのですが、おそらく「ドロップ」の設定の方が適しているのだと思います。

しかし、「やろうとしている内容」次第では、ノンドロップフレームの状態で、0.1%遅い時計表示を作成した方が良い可能性もあると思います。

投票

翻訳

翻訳

レポート

レポート
コミュニティガイドライン
他のユーザーへの思いやりを持ち、敬意を払いましょう。コンテンツの出典を明記し、投稿する前に内容が重複していないか検索してください。 さらに詳しく
community guidelines
ファン ,
Aug 15, 2019 Aug 15, 2019

リンクをクリップボードにコピー

コピー完了

最新

お世話になります。

詳細なご説明ありがとうございます。

理解できました。

ありがとうございました!

投票

翻訳

翻訳

レポート

レポート
コミュニティガイドライン
他のユーザーへの思いやりを持ち、敬意を払いましょう。コンテンツの出典を明記し、投稿する前に内容が重複していないか検索してください。 さらに詳しく
community guidelines