終了

AnimateCC2018と2019のHTML5Canvasドキュメントのjavascript書き出しの違い

Community Beginner ,
Feb 27, 2019 Feb 27, 2019

リンクをクリップボードにコピー

コピー完了

Animate CC 2019で新規ドキュメント->ゲーム で新規作成したHTML5Canvasドキュメントをパブリッシュしてjavascript書き出すと

書き出したjavascriptに

// timeline functions:

// actions tween:

などが含まれまます。

AnimateCC2018で作成したflaファイルを書き出した場合は上記は含まれてませんでした。

設定箇所があるのでしょうか?

表示

504

翻訳

翻訳

レポート

レポート
コミュニティガイドライン
他のユーザーへの思いやりを持ち、敬意を払いましょう。コンテンツの出典を明記し、投稿する前に内容が重複していないか検索してください。 さらに詳しく
community guidelines
Community Expert ,
Feb 27, 2019 Feb 27, 2019

リンクをクリップボードにコピー

コピー完了

// timeline functions: はキーフレームに書いたスクリプトの記述です。何も書かなくても、デフォルトではタイムラインをループ再生しますから、そのコードが書き込まれます。// actions tween: は、フレーム移動してアニメーションする動きの設定になります。

手元にAnimate CC 2018の環境がないので比べられませんが、これらの設定自体は含まれていたはずです(そうでないと、アニメーションが再生できません)。コードのコメントや書き場所、書き方が変わっただけではないでしょうか。

投票

翻訳

翻訳

レポート

レポート
コミュニティガイドライン
他のユーザーへの思いやりを持ち、敬意を払いましょう。コンテンツの出典を明記し、投稿する前に内容が重複していないか検索してください。 さらに詳しく
community guidelines
New Here ,
Feb 27, 2019 Feb 27, 2019

リンクをクリップボードにコピー

コピー完了

最新

解決しました。

ありがとうございます。

説明不足でした。// timeline functions:// actions tween: については書き出されるjsの内容が

まったく違ってるという意味でした。

2019で新規作成するflaファイルは ”高度なレイヤーを使用” がデフォルトでチェックされてます。

ここのチェックを外すと同じjsが生成されました。

(チェックしてあると高度レイヤー機能を使ってないようなアニメでも高度なレイヤーな仕様のjsが生成される)

koko.PNG

投票

翻訳

翻訳

レポート

レポート
コミュニティガイドライン
他のユーザーへの思いやりを持ち、敬意を払いましょう。コンテンツの出典を明記し、投稿する前に内容が重複していないか検索してください。 さらに詳しく
community guidelines