終了

スペクトル分析に出てくる青いライン表示って何ですか?

Community Beginner ,
Aug 11, 2020 Aug 11, 2020

リンクをクリップボードにコピー

コピー完了

動画から音声部分を取り出して、編集しています。

その際、都合のいい解析法としてスペクトル分析があり、これを使って考えたいのですが、分からないところがあります。スペクトル分析自体は理解しているつもりですが、図の中に青いラインがあちこち出ています。①この意味するところは何なのでしょうか。②これは画面から消せますか? 繰り返し発生する音像の、残響の多い音を含めて録音したものです。

以上 宜しくお願いします。

キーワード
FAQ , ノイズリダクション , ユーザーインターフェイスまたはワークスペース , 手順 , 書き出し , 機能改善リクエスト

表示

661

翻訳

翻訳

レポート

レポート
コミュニティガイドライン
他のユーザーへの思いやりを持ち、敬意を払いましょう。コンテンツの出典を明記し、投稿する前に内容が重複していないか検索してください。 さらに詳しく
community guidelines
Community Expert ,
Aug 12, 2020 Aug 12, 2020

リンクをクリップボードにコピー

コピー完了

何かの拍子に「スペクトルピッチ」の表示をONになさったのだと思います。

 

今回おやりになっている作業には不要な表示かと思いますので、オプションバーの「スペクトルピッチを表示」アイコン(添付していただいた画像では、左上の「クリップ(C)」の下あたりでONになっているアイコンです)を押してOFFにするとよいと思います。

投票

翻訳

翻訳

レポート

レポート
コミュニティガイドライン
他のユーザーへの思いやりを持ち、敬意を払いましょう。コンテンツの出典を明記し、投稿する前に内容が重複していないか検索してください。 さらに詳しく
community guidelines
Community Beginner ,
Aug 13, 2020 Aug 13, 2020

リンクをクリップボードにコピー

コピー完了

アドバイスをありがとうございました。ご指摘の件は気付いておりまして、周波数スペクトルの専用ウインドーなら青のラインは出ませんね。スペクトル・ピッチのウインドーではスペクトルと共に、ピッチ単位が右軸に出ています。これはこれで周波数表示の「周波数スペクトル専用」ウインドーとは別に大いに助かる機能です。

 ここで出ている青ラインは、出ているからには録音音声の中に含まれる情報なのでしょうか。それとも何かの指標なのでしょうか。ピッチコントロールをすると、青ラインが緑に変わる、との記事を見たことがあるのですが、青ラインもその時刻におけるピッチを表しているのでしょうか?それともメジアン線? これが何を表すのか、その機能と併せてご教示頂くと、全てが解決できるし、Auditionの気付かなかった機能が身近になる気がしています。どこかに詳細説明したWEBサイトはありませんか? あちこち探しましたが見つけておりません。よろしくお願いします。

投票

翻訳

翻訳

レポート

レポート
コミュニティガイドライン
他のユーザーへの思いやりを持ち、敬意を払いましょう。コンテンツの出典を明記し、投稿する前に内容が重複していないか検索してください。 さらに詳しく
community guidelines
Community Expert ,
Aug 13, 2020 Aug 13, 2020

リンクをクリップボードにコピー

コピー完了

ご質問の意図を私がきちんと理解していない可能性がありまして、的確な返信になっていなかったのかもしれません。

 

>②これは画面から消せますか?

 

というご質問に対して「スペクトルピッチを表示」をOFFにする旨返信しておりました。

 

私の中では、この機能は音楽制作時にボーカルのピッチを修正するための確認や、楽曲の中で使用す音の音程をあれこれ調整するためのものというイメージがありますため、動画に付随する同録音声の編集時には不要と思いまして、「今回おやりになっている作業には不要な表示かと思います」と返信いたしました。

 

釈迦に説法かと思いますが、動画の同録で問題になりやすい空調ノイズや電子音ノイズの除去などは、普通のスペクトル表示の方がやりやすいと思いますので、音楽以外の用途でピッチ表示をさせるメリットは、私にはあまり心当たりがありません。

 

効果音を作成するときなど、時間に沿って音程を上げるなどの加工をする際には、視覚的に確認できて便利だと思います。

 

>ここで出ている青ラインは、出ているからには録音音声の中に含まれる情報なのでしょうか。

 

「情報」という言葉の意味をどうとらえるかに依りますので情報を表すとは言いにくいのですが、録音音声のピッチを計測した結果が表示されているという表現が適切かと思います。耳で聞いた感じで、表示されているようなピッチの音声が入っていませんでしょうか。

 

>これはこれで周波数表示の「周波数スペクトル専用」ウインドーとは別に大いに助かる機能です。

 

とのことですので、既にこの機能をご活用なさっているのだと思うのですが、私はあまり活用しておりませんため、どのような作業で役に立つ機能なのか興味がございます。

 

(ちなみに私はふだんPremiere Proのフォーラムによく参加しておりまして、映像編集の方が専門です。)

投票

翻訳

翻訳

レポート

レポート
コミュニティガイドライン
他のユーザーへの思いやりを持ち、敬意を払いましょう。コンテンツの出典を明記し、投稿する前に内容が重複していないか検索してください。 さらに詳しく
community guidelines
Community Beginner ,
Aug 13, 2020 Aug 13, 2020

リンクをクリップボードにコピー

コピー完了

Ckun様

 遅い返信になりました。こちらのぼんやりした質問に丁寧にアドバイスやサジェスチョンを戴き感謝しています。

 青いラインを消す(スイッチ切り替え)のは分かりました。無用なノイズや不意の外部音などを処理するのにスペクトル分析は役立つだろうと、これは理解しております。まだ利用するに至った例はありませんが、ツールとして所有しているだけで引き出しが増えますので、有り難いです。

 

 「ピッチ表示のスペクトル分析」は、録音されたファイルからその音源のキーを示してくれるのでこれは周波数直接表示とは別の使い勝手がある気がしています。先に添付したファイルは、例えば反響の大きな密閉した容器内で響く水滴の音像です。水滴とは言え音を立てれば音階となるのでピッチ表示に現れるのは、考えてみれば当然ですが、多くの倍音を含むサウンドの実態が把握できたので有りがたかった訳です。とは言え、例の青い線ですが、横に走るなら考えも付きますが、これがほぼ垂直に走っている例もあるので、すっかり混乱した次第です。幅広い周波数に渡り一気に音となっているということになると、エッ?と考え込んだところでした。

 耳で聞く異様な音は、時折狭い周波数のノイズは有りましたが、相当するものがなく思いもつきませんで、困ってしまって、また説明カ所を探しても見つからなかったのでここでご相談させて頂いたところでした。

 通常のスペクトル群が赤系統で濃淡表示してあるのに、突如青ラインが走っているので、これは何? 音のデーターではないの? 何のため?と訝った次第です。

 青いラインが入ったとしても、特に耳で聞こえる音像に無用な弊害がなければ、一応見逃せるような録音対象ですので、本件はこれでひとまずオシマイということで置いておきたいと思います。鄭重なアドバイス、本当にありがとうございました。どういう時に、青いラインが出るのか、少しずつ体験を積みまして参りたいと思います。では失礼します。

投票

翻訳

翻訳

レポート

レポート
コミュニティガイドライン
他のユーザーへの思いやりを持ち、敬意を払いましょう。コンテンツの出典を明記し、投稿する前に内容が重複していないか検索してください。 さらに詳しく
community guidelines
Community Expert ,
Aug 13, 2020 Aug 13, 2020

リンクをクリップボードにコピー

コピー完了

ひとまずオシマイということですので返信は控えようとも思ったのですが、蛇足ながら付け加えますと、少々難しくお考えになりすぎているように思います。

楽器のチューニングメーターに雑多な音を聞かせたら、突然何かの音に反応して針が触れたり指示値がぶれるのと同じ程度のことかと思います。

投票

翻訳

翻訳

レポート

レポート
コミュニティガイドライン
他のユーザーへの思いやりを持ち、敬意を払いましょう。コンテンツの出典を明記し、投稿する前に内容が重複していないか検索してください。 さらに詳しく
community guidelines
Community Beginner ,
Aug 13, 2020 Aug 13, 2020

リンクをクリップボードにコピー

コピー完了

最新

Ckun様

 

 >楽器のチューニングメーターに雑多な音を聞かせたら、突然何かの音に反応して針が触れたり指示値がぶれるのと同じ程度のことかと思います。

なるほど! 

密閉容器の音響効果(に限りませんが)などを把握するのに この機能はとても重宝しそうです。例えばドップラー効果などでピッチが連続変化していくようなものだと、ピッチの微妙な変化が出るわけですよね。いままでさりげなく録音して聴いていた音がより(解析的にですが)分かるようになりました。

 

 このツール、録音ファイルに使うのですが、人の聴覚 音感よりも正しいデジタル・アナログ情報を提供してくれるので、音の解明にヒントを貰えてありがたいです。音楽の録音にというより自然の環境の中にある音を扱っていますので、本来自然であればノイズはあっていいし、揺れとかも知りたかったんです。色々なことを狙えるツールとしてこれから便利に使って参ります。

投票

翻訳

翻訳

レポート

レポート
コミュニティガイドライン
他のユーザーへの思いやりを持ち、敬意を払いましょう。コンテンツの出典を明記し、投稿する前に内容が重複していないか検索してください。 さらに詳しく
community guidelines