終了

共有PCでWindowsアカウントごとにAdobeIDを使い分けしたい

New Here ,
Sep 25, 2018 Sep 25, 2018

リンクをクリップボードにコピー

コピー完了

社内はシンクライアント専用機環境なので、DreamWeaver用に共用の社内ドメイン参加の

FAT端末を用意している。

DreamWeaverを使用する業務の際のみ各担当者が共用PCに各自のドメインIDでログインの後、
各自のAdobeIDで認証してDreamWeaverを使用する想定。

事前に共有PCにはローカルの管理者アカウントでDreamWeaverをインストールし、管理者が

保有しているAdobeIDで認証済みの状態。

実際に各担当者が共有PCでDreamWeaverを使用しようとすると以下の問題が発生。

問題1

Creative Cloudのプロキシ認証が通らない。

 ※ローカルの管理者アカウントでは問題ない

問題2

DreamWeaverを各自のAdobeIDで認証しなくても利用できてしまう。

また、明示的にサインインしようとするとログインダイアログと携帯電話番号を追加のダイアログの

ループに陥り、認証できない。

解決方法はありますでしょうか。

表示

3.5K

翻訳

翻訳

レポート

レポート
コミュニティガイドライン
他のユーザーへの思いやりを持ち、敬意を払いましょう。コンテンツの出典を明記し、投稿する前に内容が重複していないか検索してください。 さらに詳しく
community guidelines
Community Expert ,
Sep 25, 2018 Sep 25, 2018

リンクをクリップボードにコピー

コピー完了

そもそもの話なんですが、シンクライアント環境でCCデスクトップアプリケーションの運用をすること自体に

相当の無理があるようには思います。

基本的には管理者、または相当の権限を持った通常のデスクトップ環境で利用することが前提になっている

アプリケーション構成になっているためです。

あわせて、基本的には1ライセンスあたり1人が1台ないし2台で運用することを想定したものになっているので、

アカウント切り替えをして、さらにAdobe IDを個々にログアウトなしに利用するのは無理だと思います。

一応、下記のような文書がありますが、それでも仮想環境としてのテクニカルポリシーがあるわけなので、

あくまでもデスクトップ環境を前提として考えるほかありません。

Creative Cloud ヘルプ | 仮想環境でライセンス認証を行う方法

投票

翻訳

翻訳

レポート

レポート
コミュニティガイドライン
他のユーザーへの思いやりを持ち、敬意を払いましょう。コンテンツの出典を明記し、投稿する前に内容が重複していないか検索してください。 さらに詳しく
community guidelines
New Here ,
Sep 25, 2018 Sep 25, 2018

リンクをクリップボードにコピー

コピー完了

早速の回答ありがとうございます。

わかりづらかったかもしれませんが、DreamWeaverを利用しているのは

FAT端末のローカル環境になります。

通常はシンクライアント専用機で業務を行っていますが、DreamWeaver

での作業用に専用の共有FAT端末を用意しています。

共有のFAT端末においてWindowsのアカウント毎に異なるAdobeIDで

DreamWeaverを利用することは不可能ということでしょうか。

DreamWeaver利用者数分のFAT端末を用意することはできそうにありません。

投票

翻訳

翻訳

レポート

レポート
コミュニティガイドライン
他のユーザーへの思いやりを持ち、敬意を払いましょう。コンテンツの出典を明記し、投稿する前に内容が重複していないか検索してください。 さらに詳しく
community guidelines
Community Expert ,
Sep 26, 2018 Sep 26, 2018

リンクをクリップボードにコピー

コピー完了

最新

通用のデスクトップ端末だとした場合であってもですが、

PCのユーザーアカウントとは別に、Adobe IDでの認証はデバイス単位になっています。

よってログインユーザーを切り替えても、Adobe IDでの認証解除をしない限りは

そのデバイスの認証そのものは有効であり続けます。

よって、運用ルールとしてですが、PCのログアウト前にAdobe IDのログアウトまで可能かどうか、

というところまでできるかどうかになってきます。

ただここは完全にヒューマンチェックなので、ミスがあれば運用上問題が出る可能性はあります。

そうなると、利用者分だけの端末を用意したほうが、トラブルカバーとしては簡単になる話です。

なおETLAライセンスでは従来はデバイスライセンスがありました。

ただ廃止と聞いていますから、これからの利用としてはそれ自体は使えません。

(もともとETLAライセンス自体がそれなりに契約ハードルがあるのですが)

いずれにしてもCreative Cloud自体の原則は「ライセンスはユーザーに紐づき、利用端末は

ユーザーが管理するものを用いる」ことになっているので、運用の基本的な考えを

一度整理されたほうがよさそうに思いますけどどうでしょうか。

投票

翻訳

翻訳

レポート

レポート
コミュニティガイドライン
他のユーザーへの思いやりを持ち、敬意を払いましょう。コンテンツの出典を明記し、投稿する前に内容が重複していないか検索してください。 さらに詳しく
community guidelines