終了

aiデータをInDesignに配置する方法について

Contributor ,
Feb 19, 2023 Feb 19, 2023

リンクをクリップボードにコピー

コピー完了

製作環境は、
Mac os Monterey 12.6.3
InDesign 2022 (17.4.1)
です。

 

aiデータをInDesignに配置する方法について

質問がございます。

 

「ファイル>配置」でaiデータを選択する方法と、

aiデータを「CCライブラリ」に入れて配置する方法には、

どういった違いがあるのでしょうか?

それぞれに何かメリットなどがあるのでしょうか。

 

どちらの方法で配置すべきなのか迷っておりまして、

ご助言をいただきたいです。

 

よろしくお願いいたします。

キーワード
手順

表示

333

翻訳

翻訳

レポート

レポート
コミュニティガイドライン
他のユーザーへの思いやりを持ち、敬意を払いましょう。コンテンツの出典を明記し、投稿する前に内容が重複していないか検索してください。 さらに詳しく
community guidelines

correct answers 1 件の正解

Community Expert , Feb 19, 2023 Feb 19, 2023

通常は「配置」コマンドを使用して配置します。

CCライブラリを経由すると、

・どのファイルを配置しているか、リンク先がわかりづらい

・リンク状況がわかりづらい(埋め込みかリンクか)

・リンクファイルを修正した際、CCライブラリと元ドキュメントで差違が発生する

といった問題が発生します。

「配置」コマンドを使用してもデータの扱いには注意が必要ですが(下記画像参照)、CCライブラリを経由するとさらに注意が必要になる、といったところでしょうか。

 

CCライブラリは、よく使うパーツ(で一切変更しないもの)などを管理・保管するのには便利ですが、InDesignのドキュメント(と、そこに配置する画像)のような「頻繁に修正しながらデータを完成させていく」ようなドキュメントの作成には不向き、と言えるかもしれません。

スクリーンショット 2023-02-20 7.18.43.png

投票

翻訳

翻訳
Community Expert ,
Feb 19, 2023 Feb 19, 2023

リンクをクリップボードにコピー

コピー完了

通常は「配置」コマンドを使用して配置します。

CCライブラリを経由すると、

・どのファイルを配置しているか、リンク先がわかりづらい

・リンク状況がわかりづらい(埋め込みかリンクか)

・リンクファイルを修正した際、CCライブラリと元ドキュメントで差違が発生する

といった問題が発生します。

「配置」コマンドを使用してもデータの扱いには注意が必要ですが(下記画像参照)、CCライブラリを経由するとさらに注意が必要になる、といったところでしょうか。

 

CCライブラリは、よく使うパーツ(で一切変更しないもの)などを管理・保管するのには便利ですが、InDesignのドキュメント(と、そこに配置する画像)のような「頻繁に修正しながらデータを完成させていく」ようなドキュメントの作成には不向き、と言えるかもしれません。

スクリーンショット 2023-02-20 7.18.43.png

投票

翻訳

翻訳

レポート

レポート
コミュニティガイドライン
他のユーザーへの思いやりを持ち、敬意を払いましょう。コンテンツの出典を明記し、投稿する前に内容が重複していないか検索してください。 さらに詳しく
community guidelines
Contributor ,
Feb 19, 2023 Feb 19, 2023

リンクをクリップボードにコピー

コピー完了

最新

なるほど!

CCライブラリの使い所が理解できました。

 

迅速なご返信をありがとうございました!

投票

翻訳

翻訳

レポート

レポート
コミュニティガイドライン
他のユーザーへの思いやりを持ち、敬意を払いましょう。コンテンツの出典を明記し、投稿する前に内容が重複していないか検索してください。 さらに詳しく
community guidelines