終了

InDesignのPDF書き出しオプションのカラープロファイルの埋め込みについて

New Here ,
Jan 30, 2018 Jan 30, 2018

リンクをクリップボードにコピー

コピー完了

InDesignのPDF書き出しオプションのカラープロファイルの埋め込みについてなんですが、

「すべてのプロファイルを含める」、

「タグ付きソースプロファイルを含める」ではどのような違いがあるのでしょうか。

「タグ付きソースプロファイルを含める」にした時の方がデータが軽くなるのですが、これはPDFを閲覧するデバイスによって、色の見え方などが変わってくるのでしょうか。

ちなみにCMYKの印刷物をWeb公開用にPDFを作成したいのですが、デフォルトの「最小ファイルサイズ」の色変換で「出力先の設定に変換」でsRGBに変換されたときに一部画像が抜ける現象が起きたので「カラー変換なし」にしています。(この設定に至った理由がすでにわからなくなってしまって申し訳ないのですが…)

※作業環境:MacOS10.6.8、InDesignCS6、カラー設定は「プリプレス用 -日本2、作業スペース(RGB:AdobeRGB、CMYK:Japan Color 2001 Coated」

また、Web公開用に適した設定があれば、ご教示いただければありがたいです。

どうぞ、よろしくお願いいたします。

表示

207

翻訳

翻訳

レポート

レポート
コミュニティガイドライン
他のユーザーへの思いやりを持ち、敬意を払いましょう。コンテンツの出典を明記し、投稿する前に内容が重複していないか検索してください。 さらに詳しく
community guidelines
no replies

何か追加しますか?

会話に参加する