終了

AIノイズ除去を快適に使えるスペックについて

Mar 30, 2024 Mar 30, 2024

リンクをクリップボードにコピー

コピー完了

皆様こんにちは。

長文となりますがぜひアドバイスをいただきたくお願い申し上げます。

Lrcを初めて使うものです。

他の現像ソフトでRAW現像を行っていましたが、AIノイズ除去の評判と定番の現像ソフトへの移行を考えてLrcを導入しました。

(夜間撮影や動きものが多いのでどうしてもISOが上がってしまうため)

当方のPC環境ではAI処理をするのに、数分(元の画像サイズにもよりますが3~10分)はかかってしまいます。

WindowsのノートPCでして以下のスペックです。

CPU  Intel Core i7-10750H

メモリ 40GB

GPU  NVIDIA GTX 1650TI (メモリ4GB)

上記ではスペック不足なことは認識していますのでPCの追加を検討しています。

 

WindowsマシンではなくMacの追加導入(乗り換えでなく追加です)を検討中です。
WindowsはLrc以外はいたって快適で汎用性も高いので他の業務利用にそのまま使う予定です。

そこで実際にMacを使ってAI処理など重い処理を行っている方にアドバイスをいただきたいです。

私なりに調べてみるとLrcはCPUとGPUで処理を分担しており、特にAI処理はGPU性能に寄るところが大きいと理解しています。(トータルバランスなのでしょうが)

理想としては

・Lrcが快適に動作(いわゆるサクサク)すること

・元ファイルは3000万画素~6000万画素

・AIノイズ除去や解像度拡張などの重たい処理の際に予想時間とほぼ同一の時間で処理が完了すること

・PSはまだ使っていないが、いずれ使うのでこちらも快適に利用したい。

・今後数年間にわたって快適に利用したい

・予算はできるだけ抑えたい(矛盾してますね)

 

当方としては Mac mini と Mac Studio の導入を考えています。

(ディスプレイ等は4Kカラーマネジメントモニターを利用しており、ノートPCもすでに2台あるためデスクがスペース的にきつい。外出時の軽い処理はIpadでさっさと済ませてしまう。)

 

MAC導入にあたり推奨スペック(CPU種別, RAM容量)をご教示いただけませんでしょうか。

推測ではなく実体験ベースでお願いできると尚ありがたく存じます。

どうぞよろしくお願いいたします。

 

 

キーワード
パフォーマンス

表示

554

翻訳

翻訳

レポート

レポート
コミュニティガイドライン
他のユーザーへの思いやりを持ち、敬意を払いましょう。コンテンツの出典を明記し、投稿する前に内容が重複していないか検索してください。 さらに詳しく
community guidelines
no replies

何か追加しますか?

会話に参加する