終了
ロック済み

MAX2020アップデート LightroomClassic(v10) で確認されている問題について

アドビスタッフ ,
Nov 03, 2020 Nov 03, 2020

リンクをクリップボードにコピー

コピー完了

LightroomClassic(v10)のリリースに関わり、現在いくつかのバグが確認されています。

せっかくアップデートいただいたところに、ご不便をおかけしており大変申し訳ございません。

 

現在エンジニアチームを中心にバグの修復に努めておりますが、それぞれの問題につきまして、今できる回避策をご紹介させていただきます。アップデートがあり次第、本ページの内容も更新してまいります。
■更新情報

2021/6/1 更新
2020/11/4 作成

 

 

【問題①】
アップデート後から動作が重い。

 

【対処】

本件10.2アップデートにより修正いたしました。

ただし、GPUドライバーに起因した問題が環境により発生する場合もございます。

同様の動作がある場合は、一度「オフ」とし動作を確認ください。

「グラフィックプロセッサーを使用」の機能に問題が無いか調査を進めております。
恐縮ですが今しばらくはグラフィックプロセッサー機能を「オフ」としてご利用ください。

メニューより環境設定を呼び出し、上部にあるグラフィックプロセッサーを使用を「オフ」とください。
Winows:編集>環境設定 上部タブから「パフォーマンス」を選択
Mac:Lightroom Classic>環境設定 上部タブから「パフォーマンス」を選択

 

 

 

【問題②】
起動時やカタログを開く際に予期しないエラーが発生したため、カタログを開くことができません

 

【対処】
恐縮ですが一部のカタログを開く・アップグレードする際にエラーが確認されております。
ひとつ前のLightroom Classic(9.4)にて回避ください。

以前のバージョンの Creative Cloud アプリケーションのインストール

 

 

 

【問題③
「?:0: attempt to compare two nil values」が表示され画像をコレクションに追加できない

 

【対処】
並べ替え設定を「カスタム以外」に一度設定し、コレクションへ追加ください。

 

 

 

【問題④】
透かしとして「斜体」が選択できない

 

【対処】

恐縮ですが設定による回避策がございません。
ひとつ前のLightroom Classic(9.4)にて回避ください。
以前のバージョンの Creative Cloud アプリケーションのインストール

※斜体でない文字は利用可能です。斜体文字の画像を用意することで利用もできます。

 

 

 

【問題⑤
Canon EOSR5のRAWファイルが明るすぎる

 

【対処】

1.明るく見える画像の露出を-2/3ほど調整する
※ライブラリモジュールのクイック現像を利用すると、矢印クリックで1/3ずつの調整が可能です

 

2.環境設定のパフォーマンスよりCameraRawキャッシュ設定の「キャッシュクリア」を実施する
Winows:編集>環境設定 上部タブから「パフォーマンス」を選択
Mac:Lightroom Classic>環境設定 上部タブから「パフォーマンス」を選択

キーワード
クラッシュまたはフリーズ , バグ , パフォーマンス , 問題またはエラー

表示

1.4K

翻訳

翻訳

レポート

レポート
コミュニティガイドライン
他のユーザーへの思いやりを持ち、敬意を払いましょう。コンテンツの出典を明記し、投稿する前に内容が重複していないか検索してください。 さらに詳しく
community guidelines