Welcome Dialog

コミュニティへようこそ。

まったく新しい外観になりました。ツアーに参加して、アドビサポートコミュニティの最新情報をご覧ください


シェイプの「線」とレイヤースタイルの「境界線」について

Community Beginner ,
Aug 09, 2018 Aug 09, 2018

リンクをクリップボードにコピー

コピー完了

photoshop CCの機能について質問です。

シェイプの「線」とレイヤースタイルの「境界線」は

それぞれ特徴(メリット・デメリット)などありますか。

レイヤースタイルの境界線があればこと足りる気がしますが…

シェイプの「線」の方がカラー変更の際のクリック数が少なくて済むことぐらいでしょうか。

細かくてすみません。ご教示いただけますと幸いです。

キーワード
グラフィックカード

表示

2.7K

いいね

翻訳

翻訳

レポート

レポート
コミュニティガイドライン
他のユーザーへの思いやりを持ち、敬意を払いましょう。コンテンツの出典を明記し、投稿する前に内容が重複していないか検索してください。 さらに詳しく
community guidelines

correct answers 1 件の正解

Adobe Most Valuable Participants , Aug 13, 2018 Aug 13, 2018
内部の処理のされかたが違います。シェイプはベクターデータですが、レイヤースタイルの境界線はラスターデータです。シェイプにレイヤースタイルの境界線を設定した場合、レイヤー上の形状のみがベクターデータとして処理され、ラスタライズされた結果に境界線のピクセルがつけられていると思われます。たぶん。違いとしては以下でしょうか。シェイプの線   角の形状が指定できる。   線端の形状が指定できる。   破線の設定ができる。   線の描画モードが指定できない。   不透明度が設定できない。レイヤースタイルの線   角の形状は自動的に丸く処理される。   線端の形状が指定できない。   破線は設定できない。   描画モードが指定できる。   不透明度が設定できる。図は同じシェイプに左側の青はシェイプの塗り線を設定したもの、右側の赤は塗り線なしのシェイプにレイヤースタイルで線を設定したものです。ベクターとラスターの違いがあるので、それぞれできることが違います。

いいね

翻訳

翻訳
Adobe Most Valuable Participants ,
Aug 13, 2018 Aug 13, 2018

リンクをクリップボードにコピー

コピー完了

内部の処理のされかたが違います。

シェイプはベクターデータですが、レイヤースタイルの境界線はラスターデータです。

シェイプにレイヤースタイルの境界線を設定した場合、レイヤー上の形状のみがベクターデータとして処理され、ラスタライズされた結果に境界線のピクセルがつけられていると思われます。たぶん。

違いとしては以下でしょうか。

シェイプの線

  •   角の形状が指定できる。
  •   線端の形状が指定できる。
  •   破線の設定ができる。
  •   線の描画モードが指定できない。
  •   不透明度が設定できない。

レイヤースタイルの線

  •   角の形状は自動的に丸く処理される。
  •   線端の形状が指定できない。
  •   破線は設定できない。
  •   描画モードが指定できる。
  •   不透明度が設定できる。

スクリーンショット 2018-08-14 13.02.05.png

図は同じシェイプに左側の青はシェイプの塗り線を設定したもの、

右側の赤は塗り線なしのシェイプにレイヤースタイルで線を設定したものです。

ベクターとラスターの違いがあるので、それぞれできることが違います。

いいね

翻訳

翻訳

レポート

レポート
コミュニティガイドライン
他のユーザーへの思いやりを持ち、敬意を払いましょう。コンテンツの出典を明記し、投稿する前に内容が重複していないか検索してください。 さらに詳しく
community guidelines
Community Beginner ,
Aug 14, 2018 Aug 14, 2018

リンクをクリップボードにコピー

コピー完了

最新

大変参考になりました!

ご丁寧にとても分かり易い解説ありがとうございます。

それぞれの特徴について、良く理解できました

いいね

翻訳

翻訳

レポート

レポート
コミュニティガイドライン
他のユーザーへの思いやりを持ち、敬意を払いましょう。コンテンツの出典を明記し、投稿する前に内容が重複していないか検索してください。 さらに詳しく
community guidelines