Welcome Dialog

コミュニティへようこそ。

まったく新しい外観になりました。ツアーに参加して、アドビサポートコミュニティの最新情報をご覧ください


Photoshop 21.2で起きる「従来の合成エンジン」不具合

Contributor ,
Jun 18, 2020 Jun 18, 2020

リンクをクリップボードにコピー

コピー完了

まだ検証が不十分ではありますが重大な不具合であるため、現象と暫定的な解決方法を記しておきたいと思います。
検証環境:macOS Mojave、Catalina

再現条件
複数の調整レイヤーがあり、色調を調整しようとするレイヤーの上位の調整レイヤーでも色調を変更している。このような場合に、調整した色が本来の色とは異なる。

パネル.jpg
トーンカーブ名「全体」でマゼンタを上げる。

2020.jpg
従来の合成エンジン オン(左)とオフ(右)


2019.jpg
Photoshop CC 2019での表示(Photoshop 21.2の「従来の合成エンジン」をオフと同じ)

ドキュメントを一度閉じてから再度開けば本来の色で表示されますが、「従来の合成エンジン」をオフにする事でこの不具合を回避できます。しかし、これまではオンにする事で描画の不具合を回避できてきた経緯があり、これについても十分な検証が必要だと思われます。

キーワード
バグ

表示

474

いいね

翻訳

翻訳

レポート

レポート
コミュニティガイドライン
他のユーザーへの思いやりを持ち、敬意を払いましょう。コンテンツの出典を明記し、投稿する前に内容が重複していないか検索してください。 さらに詳しく
community guidelines
no replies

何か追加しますか?

会話に参加する