photoshopCC2019で、背景透明ファイルの一部が欠けて表示される

Community Beginner ,
Oct 18, 2018 Oct 18, 2018

リンクをクリップボードにコピー

コピー完了

photoshopCC2019にて、背景を透明にしたファイル上で画像を選択し、コピー&ペーストや、自由変形ツールによる移動・変形を行った際に、画素の一部(上端や左端)が表示されなくなる現象を確認しました(PNGファイル、PSDファイル、JPGファイルで確認)。

なお、データ上は欠けた部分も存在しているらしく、一度レイヤーを非表示にしてから、再度表示をONにすると元に戻ります(移動等を行うと再度消えることも)。

作業環境は、iMacPro(Osは 10.13.6)。画面表示上の問題と思われたので、Photoshop環境設定の「グラフィックプロセッサーを使用」をオフにしましたが、解決しませんでした。また、Macbook Air(Osは 10.13.6)では、同様の症状は発生しなかったため、iMacPro固有の問題かもしれません。

同様の症状の方はいらっしゃいませんでしょうか。

キーワード
Mac OSX, グラフィックカード

表示

4.2K

いいね

翻訳

翻訳

レポート

レポート
コミュニティガイドライン
他のユーザーへの思いやりを持ち、敬意を払いましょう。コンテンツの出典を明記し、投稿する前に内容が重複していないか検索してください。 さらに詳しく
community guidelines

correct answers 1 件の正解

勇敢なヒーロー , Oct 18, 2018 Oct 18, 2018
iMac 27 5K 64GB/Radeon Pro 580 8192MB/CG277(メイン)/ 「低解像度で開く」で再現しました。Photoshop環境設定>パフォーマンスの、「従来の合成エンジン」にチェックを入れると解決しましたが、そちらではどうでしょうか。ちなみに、スマートオブジェクトや単純な描画モード合成で、表示がおかしくなることが2019では何度かありました。しばらくこのチェックを入れたままの方が良さそうです。

いいね

翻訳

翻訳
積極的な参加者 ,
Oct 18, 2018 Oct 18, 2018

リンクをクリップボードにコピー

コピー完了

Mac Pro(Late 2013)

3.5 GHz 6-Core Intel Xeon E5

16 GB 1866 MHz DDR3

AMD FirePro D500 3072 MB

MacOS 10.13.6

Photoshop CC2019

環境で同様の現象が確認できました。

グラフィックプロセッサーを使用=オン・オフどちらも同じ結果になります。

(同環境のPhotoshop CC2018 では再現せず)

欠けがわかりやすい円を使って再現

1-1.png

自由変形(Cmd + T)で拡大すると、円の一部に欠けが発生

1-2.png

自由変形を確定しても欠けたまま

また、ズームしても欠けた状態で表示される

1-3.png

1-4.png

レイヤーの表示・非表示を切り替えると正しく表示される

1-5.png

ちなみに、白の背景があっても同様でした。

2-2.png

テスト中、欠けが発生したのは 上 または 左 の2か所でした。

発生はランダムで、なかなか再現できない場合もありました。

また、欠けた表示が正しく戻るきっかけは他のレイヤーの表示切り替えでもいいみたいです。

欠けて見えるのはあくまで画面上だけの問題で、データそのものには影響は無いようです。

現状では、欠けて表示された場合はレイヤーの表示・非表示切り替えなどを行って正しい表示に戻すことで対処する。

くらいしか方法が思い浮かびません...。

いいね

翻訳

翻訳

レポート

レポート
コミュニティガイドライン
他のユーザーへの思いやりを持ち、敬意を払いましょう。コンテンツの出典を明記し、投稿する前に内容が重複していないか検索してください。 さらに詳しく
community guidelines
Community Beginner ,
Oct 18, 2018 Oct 18, 2018

リンクをクリップボードにコピー

コピー完了

丁寧なご回答ありがとうございます。

当方の環境であらためて検証してみたところ、「透明背景画像」「自由変形ツールによる移動・変形」であれば、ほぼ100%近く同様の現象が発生しました。

「上端もしくは左端のみ欠ける」「レイヤーのON/OFFで解消」するのも、返信いただいたサンプルと同様です。

なお、白の背景ありのケースでは、当方の環境では同問題は確認できませんでした(テスト回数が少ないからかもですが)。

また、別ファイルからの「コピー」>「ペースト」でも同様の画像欠け発生をあらためて確認しました(こちらは再現しないケースもあり)。

知見共有のため、当方の環境も以下に詳しく記述しておきます。

iMac Pro(2017)

64GB 2666MHz DDR4

Radeon Pro Vega 64 16368MB

MacOS 10.13.6

PhotoshopCC2019(他バージョンのPhotoshopでは同問題は発生せず)

あとは公式の対応待ちとなりそうですね。ありがとうございました。

いいね

翻訳

翻訳

レポート

レポート
コミュニティガイドライン
他のユーザーへの思いやりを持ち、敬意を払いましょう。コンテンツの出典を明記し、投稿する前に内容が重複していないか検索してください。 さらに詳しく
community guidelines
勇敢なヒーロー ,
Oct 18, 2018 Oct 18, 2018

リンクをクリップボードにコピー

コピー完了

iMac 27 5K 64GB/Radeon Pro 580 8192MB/CG277(メイン)/ 「低解像度で開く」で再現しました。

Photoshop環境設定>パフォーマンスの、「従来の合成エンジン」にチェックを入れると解決しましたが、そちらではどうでしょうか。

ちなみに、スマートオブジェクトや単純な描画モード合成で、表示がおかしくなることが2019では何度かありました。しばらくこのチェックを入れたままの方が良さそうです。

Yamonov

いいね

翻訳

翻訳

レポート

レポート
コミュニティガイドライン
他のユーザーへの思いやりを持ち、敬意を払いましょう。コンテンツの出典を明記し、投稿する前に内容が重複していないか検索してください。 さらに詳しく
community guidelines
積極的な参加者 ,
Oct 18, 2018 Oct 18, 2018

リンクをクリップボードにコピー

コピー完了

「従来の合成エンジン」部分に原因がありそうですね。

表示が欠けた状態でこのチェックをオンにすると、欠けが直って正しく表示されました。

また、チェックオフで欠け表示に戻ります。

しばらくはこのチェックを入れたままが良いですね。

いいね

翻訳

翻訳

レポート

レポート
コミュニティガイドライン
他のユーザーへの思いやりを持ち、敬意を払いましょう。コンテンツの出典を明記し、投稿する前に内容が重複していないか検索してください。 さらに詳しく
community guidelines
Community Beginner ,
Oct 18, 2018 Oct 18, 2018

リンクをクリップボードにコピー

コピー完了

最新

ご回答、ありがとうございます。

ご提案いただいた「Photoshop環境設定>パフォーマンス」の「従来の合成エンジン」にチェックを入れたところ、画像欠け問題は発生しなくなりました。

仰るとおり、ひとまず次のアップデートまでは「従来の合成エンジン」を使用した方が安全なようですね。

このたびは迅速かつ的確なご助言をいただき、ありがとうございました。

いいね

翻訳

翻訳

レポート

レポート
コミュニティガイドライン
他のユーザーへの思いやりを持ち、敬意を払いましょう。コンテンツの出典を明記し、投稿する前に内容が重複していないか検索してください。 さらに詳しく
community guidelines