終了

「すべて選択」した際に選択範囲を示す点線が隠れる

Contributor ,
Dec 05, 2021 Dec 05, 2021

リンクをクリップボードにコピー

コピー完了

M1 MacMini / CC2022

 

2022になってから、ウインドウにピクセル等倍の状態で開いている画像のカンバスを、「すべて選択」で選択した際に選択範囲が見えなくなりました。

 

ウインドウ枠がカンバスサイズとフィットしてる状態だとウインドウ枠に隠れてしまうようです。

タブで開くようにしている方は関係ないかと思いますが、最初選択が利かなくなったのかと思いました。

 

今まではカンバスサイズの内側に選択範囲を表示してたのが、外側になったのか、それともウインドウのUIパーツが少し被っているのか...

 

些細な事ですがストレスが貯まります。

キーワード
macOS , Windows

表示

130

翻訳

翻訳

レポート

レポート
コミュニティガイドライン
他のユーザーへの思いやりを持ち、敬意を払いましょう。コンテンツの出典を明記し、投稿する前に内容が重複していないか検索してください。 さらに詳しく
community guidelines
みんなのチャンピョン ,
Dec 05, 2021 Dec 05, 2021

リンクをクリップボードにコピー

コピー完了

最新

IntelMacでも同様でした。拡大率によりウインドウモードでは、左・下が消えたり全部消えたりします。

 

-----

以下は好みの問題なのでお勧め、とまではいかないのですが、Macの方でもアプリケーションフレームを活用すると、ウインドウモードにまつわる、今回のものや、R回転バグを回避できるのと、macのMission Controlを最大限活用できます。

ウインドウ>アプリケーションフレームに、編集>キーボードショートカットでcontrol+Cmd+F等割り当てて切り替えながら使うと、集中したいときはフレームで、MissonControlを使いたいときやバラしたいときはウインドウに、となかなか便利です。

--
Yamonov

投票

翻訳

翻訳

レポート

レポート
コミュニティガイドライン
他のユーザーへの思いやりを持ち、敬意を払いましょう。コンテンツの出典を明記し、投稿する前に内容が重複していないか検索してください。 さらに詳しく
community guidelines