終了

ブラシと消しゴムを切り替えて使用していると、強制的に消しゴムになってしまう

New Here ,
Jan 29, 2024 Jan 29, 2024

リンクをクリップボードにコピー

コピー完了

  • iMac Retina 5K, 27-inch, 2019
  • Photoshop 2021(デスクトップ)以降 
    • 2019では発生しませんでした
  • intuos Pro small
    • ペンのサイドスイッチ(押下時)を消しゴムとして使用しています。

 

【状況説明】

ブラシと消しゴムを頻繁に切り替えて作画をしている際、

突然すべてのツールを無視して強制的に「消しゴム」状態になります。

ブラシを選択しても、移動を選択しても、以後どうあがいても

画面をタッチすると「消しゴム」になります。

(添付画像は「移動」を選択しているのに「消しゴム」になっている様子です)

 

【現状の解消方法】

現状、解消する方法として

「Cmnd+Nで新規ファイルを作成(何でもいい)」→「Cmnd+Wで削除」をして

作業していたファイルに戻ってくると、何故か強制消しゴムが解除されてブラシ等が使えるようになります。

(これも打率8~9割ぐらいで、極稀にですがこれでも消しゴムのままのことがあります)

数分ごとにこのトラブルが発生するので、何度も新規ファイルを作成しなくてはならず、

非常に困っております。

 

【補記①】

2019では発生していなかったのですが、バージョンアップに伴い2019を消去してしまったので困っております。

 

【補記②】

過去の類似記事を探してみましたが、完全に同じ症状のものは見当たりませんでしたので起票しました。

「これは試した?」など、初歩的な対処でもまったく構いませんので、

なにかご助言いただければ幸いです。よろしくお願いいたします。

キーワード
macOS

表示

37

翻訳

翻訳

レポート

レポート
コミュニティガイドライン
他のユーザーへの思いやりを持ち、敬意を払いましょう。コンテンツの出典を明記し、投稿する前に内容が重複していないか検索してください。 さらに詳しく
community guidelines
no replies

何か追加しますか?

会話に参加する