終了

【レタッチについて】フィルム作品の縦型のノイズ?

New Here ,
Jun 19, 2022 Jun 19, 2022

リンクをクリップボードにコピー

コピー完了

ご覧いただきありがとうございます。

1点未熟な質問ですが、添付画像のようにデータの色目が縦型に変わってしまっているデータのレタッチについて綺麗に修正する方法を探しています。

現象の名前などもわからず、うまく検索ができていない状態です。

こちらのデータはフィルムからスキャンしたデータでして、再度撮影やスキャンをする時間がなくレタッチで仕上げたいと考えおります。

 

削除するのではなく、色目の階調を滑らかにするのが仕上がりのイメージです。

何卒お力添えいただけますと幸いです。

 

 

スクリーンショット 2022-06-20 10.43.03.png

キーワード
macOS , Windows

表示

154

翻訳

翻訳

レポート

レポート
コミュニティガイドライン
他のユーザーへの思いやりを持ち、敬意を払いましょう。コンテンツの出典を明記し、投稿する前に内容が重複していないか検索してください。 さらに詳しく
community guidelines
みんなのチャンピョン ,
Jun 20, 2022 Jun 20, 2022

リンクをクリップボードにコピー

コピー完了

これはかなり面倒な処理になりますし、作品としての品質を保つならこの方向の方法しかないんですが、以下…

 

まずバンド(色・濃度の違う部分)を、引いて見たり、ノイズが判別できるくらいまで拡大したりして、よく観察してください。違う部分が何かを見つけます。

※色と濃度の両方が異なった状態でバンドができているので、これは、一発でなんとかする方法はありません。暗い部分、中間、ハイライト側、それぞれでどう異なっているのかよく観察してください。

 

バンドをペンツールでとりあえず一カ所、囲みます。パスを引く位置は、バンドと他との境界の中間部分です。あとでバンドの溶け込み具合に合わせてぼかしたりする処理を加えるので、中間で引いてください。

 

パスを選択範囲に変換します。パスのままでは扱い辛いので。

 

選択範囲(点線)がある状態のまま、トーンカーブ調整レイヤーを乗せます。

 

例えば中程にある他より少し濃いバンドを処理する場合は、シャドウ寄りの1/4あたりに点を打って、カーソルキー上で少しずつ上げてやります。

 

このとき、「シャドウ側1/4あたりの濃さ」以外は気にしないでください。今操作している点の明るさに集中してください。

 

ハイライト側1/4(または、中間より少しシャドウ寄り)にもうひとつ点を打って、今度はハイライト側の明るさを調整します。

 

ふたつの点をカーソルキーで上下させて、シャドウの明るさとハイライトの明るさ、そして処理している箇所のコントラストが、周りと合うように調整してください。

 

色味が違うなら、RGB各チャンネルを操作して合わせます。

 

…で、左右から1/4の位置に点…と言いましたが、これは基本で、最初から打たれているシャドウポイント、ハイライトポイントを直接動かしたり(最暗部の濃さが違う場合)、1/5あたり+1/4あたりに点を打って全体のカーブを寝かせたり、といったトーンカーブ補正を行ったりします。

 

この調整は、他の色調補正調整レイヤーではおそらく無理、というかかえって面倒ですから、トーンカーブ調整レイヤーを使いましょう。

 

ここまでは選択範囲はくっきりしているので処理跡が目立ちます。プロパティパネルを開き、トーンカーブ調整レイヤーのレイヤーマスクをクリックして選択してから、プロパティパネル内の「ぼかし」スライダを動かして、「だいたい」処理跡が見えない程度にぼかします。

 

スライダだけではうまくいかない箇所があった場合は、レイヤーマスクを選択してから

・ブラシに持ち替え、不透明度100%、流量10%以下にする

・ブラシHUD機能で、ブラシサイズを調整し、最もボケた状態にする。

※質問文やスクショからはMac/Winが分からないので、ブラシHUD機能については自分で調べてください。Mac/Winではかなり操作が異なります。

 

Dキーを押して描画色/背景色を真っ黒と真っ白にリセットする

Xキーを押して描画色・背景色を切り替えながら、レイヤーマスクを塗って加工跡が出ないようにする

 

その後、トーンカーブ調整レイヤーを微調整する。

 

以上を、バンドの数だけ、必要なだけ繰り返します。結構大変です。

 

もしバンド部分が他とノイズの状態が違うようなら、

 

・新規レイヤーをダイアログ付きで作成(描画モードオーバーレイかソフトライト、「〜の中間色で塗りつぶす」にチェック)

・二つ目のレイヤーをスマートオブジェクトに変換したあとに、ノイズの状態を変えたい箇所を選択してレイヤーマスクにする(スマートオブジェクト変換後に行う。変換前だとマスクごとスマートオブジェクト化されます)

・フィルタ>ぼかしギャラリー>フィールドぼかしを選択

・「ノイズ」タブを開き、先に塗った箇所が他と同じノイズの状態になるように調整してOKする

 

といった操作を繰り返します。

 

今たくさん作っている補正レイヤーは全部レイヤーグループにまとめておくといいですね。

--
Yamonov

投票

翻訳

翻訳

レポート

レポート
コミュニティガイドライン
他のユーザーへの思いやりを持ち、敬意を払いましょう。コンテンツの出典を明記し、投稿する前に内容が重複していないか検索してください。 さらに詳しく
community guidelines
New Here ,
Jun 20, 2022 Jun 20, 2022

リンクをクリップボードにコピー

コピー完了

最新

お返事くださいましてありがとうございます。

じっくり文章を読み、理解しながらですので時間がかかってしまいますがいただいた情報を実際にトライしてみたいと思います。

Yamanov様のサポートに感謝いたします!

投票

翻訳

翻訳

レポート

レポート
コミュニティガイドライン
他のユーザーへの思いやりを持ち、敬意を払いましょう。コンテンツの出典を明記し、投稿する前に内容が重複していないか検索してください。 さらに詳しく
community guidelines