Highlighted

Photoshop 20.x(2019)の「変形」仕様変更について

※2019/6/19更新


概要

Photoshop 2019 (20.0) にて、オブジェクトの変形機能に仕様変更がありました。

変形する際、従来は比率を固定するのにShifキーが必要だったのですが

Photoshop 2019 (20.0) アップデートにより、デフォルトで比率を固定する設定に変更されました。

機能の詳細は以下ページをご参照ください。

新機能および機能の強化 | Photoshop の最新リリース


変形機能で確認されているトラブル

  • 新機能の変形比率の固定機能がシェイプでは有効にならない
  • 変形時、コントロールバーに表示されている鎖アイコンのチェックを外してからドラッグしても比率が固定されたままになる
     →20.0.5解消を確認しております

※当トラブルについては現在調査中です。進展があり次第当フォーラムを更新いたします。


変形の仕様を2018以前のものへ戻されたい場合

20.0.5バージョンの場合(2019/6/18更新)

  1. Photoshopを起動し画面上部のメニューより以下項目を選択
    Windows:編集>環境設定>一般
    Mac:PhotoshopCC>環境設定>一般
  2. 「従来方式の自由変形を使用」にチェックをつけて、右上の「OK」をクリック

Ps従来.png

以上の操作にて、以前の使用感へと戻ります。

※ 本機能追加により、以前仕様を戻す為に利用した「PSUserConfig.txt」は不要となります。

20.0.4以下バージョンの場合

  1. メモ帳やテキストエディットを開きます。
  2. 以下の文字列をコピー・ペーストします。
    TransformProportionalScale 0
  3. ファイル名を「PSUserConfig.txt」にして保存します。(一行のテキストのみのファイルで大丈夫です)
    ※Macのテキストエディターにて「.txt」で保存できない場合は、保存の前に画面上部メニューから「フォーマット>標準テキストにする」
     を実施してから「PSUserConfig.txt」の名称で保存ください。
  4. 以下の場所にある環境設定フォルダへ保存します。
    Windows:
    C:\ユーザー\<ユーザー名>\AppData\Roaming\Adobe\Adobe Photoshop CC 2019\Adobe Photoshop CC 2019 Settings 
    この「Adobe Photoshop CC 2019 Settings」フォルダの中
    macOS:
    非表示のユーザーライブラリフォルダーにアクセスする方法(Mac OS X 10.7 以降) の方法で開いた
    「ライブラリ」フォルダの中にある、「Preferences」の中にある「Adobe Photoshop CC 2019 Settings」フォルダの中
    フォルダパス:MacintoshHD/Users/<ユーザー名>/ライブラリ/Preferences/Adobe Photoshop 2019 Settings/


関連リンク

Photoshop 2019(20.0)の、その他の機能やトラブルの情報はこちらをご確認下さい。

Photoshop 20.0リリースのお知らせと確認されているトラブル

新機能および機能の強化 | Photoshop の最新リリース

表示

34.8K

いいね

翻訳

翻訳

レポート

レポート
コミュニティガイドライン
他のユーザーへの思いやりを持ち、敬意を払いましょう。コンテンツの出典を明記し、投稿する前に内容が重複していないか検索してください。 詳細
この会話はロックされています。

Photoshop 20.x(2019)の「変形」仕様変更について

※2019/6/19更新


概要

Photoshop 2019 (20.0) にて、オブジェクトの変形機能に仕様変更がありました。

変形する際、従来は比率を固定するのにShifキーが必要だったのですが

Photoshop 2019 (20.0) アップデートにより、デフォルトで比率を固定する設定に変更されました。

機能の詳細は以下ページをご参照ください。

新機能および機能の強化 | Photoshop の最新リリース


変形機能で確認されているトラブル

  • 新機能の変形比率の固定機能がシェイプでは有効にならない
  • 変形時、コントロールバーに表示されている鎖アイコンのチェックを外してからドラッグしても比率が固定されたままになる
     →20.0.5解消を確認しております

※当トラブルについては現在調査中です。進展があり次第当フォーラムを更新いたします。


変形の仕様を2018以前のものへ戻されたい場合

20.0.5バージョンの場合(2019/6/18更新)

  1. Photoshopを起動し画面上部のメニューより以下項目を選択
    Windows:編集>環境設定>一般
    Mac:PhotoshopCC>環境設定>一般
  2. 「従来方式の自由変形を使用」にチェックをつけて、右上の「OK」をクリック

Ps従来.png

以上の操作にて、以前の使用感へと戻ります。

※ 本機能追加により、以前仕様を戻す為に利用した「PSUserConfig.txt」は不要となります。

20.0.4以下バージョンの場合

  1. メモ帳やテキストエディットを開きます。
  2. 以下の文字列をコピー・ペーストします。
    TransformProportionalScale 0
  3. ファイル名を「PSUserConfig.txt」にして保存します。(一行のテキストのみのファイルで大丈夫です)
    ※Macのテキストエディターにて「.txt」で保存できない場合は、保存の前に画面上部メニューから「フォーマット>標準テキストにする」
     を実施してから「PSUserConfig.txt」の名称で保存ください。
  4. 以下の場所にある環境設定フォルダへ保存します。
    Windows:
    C:\ユーザー\<ユーザー名>\AppData\Roaming\Adobe\Adobe Photoshop CC 2019\Adobe Photoshop CC 2019 Settings 
    この「Adobe Photoshop CC 2019 Settings」フォルダの中
    macOS:
    非表示のユーザーライブラリフォルダーにアクセスする方法(Mac OS X 10.7 以降) の方法で開いた
    「ライブラリ」フォルダの中にある、「Preferences」の中にある「Adobe Photoshop CC 2019 Settings」フォルダの中
    フォルダパス:MacintoshHD/Users/<ユーザー名>/ライブラリ/Preferences/Adobe Photoshop 2019 Settings/


関連リンク

Photoshop 2019(20.0)の、その他の機能やトラブルの情報はこちらをご確認下さい。

Photoshop 20.0リリースのお知らせと確認されているトラブル

新機能および機能の強化 | Photoshop の最新リリース

表示

34.8K

いいね

翻訳

翻訳

レポート

レポート
コミュニティガイドライン
他のユーザーへの思いやりを持ち、敬意を払いましょう。コンテンツの出典を明記し、投稿する前に内容が重複していないか検索してください。 詳細