ナレーションを入れる時の問題

New Here ,
Mar 03, 2019 Mar 03, 2019

リンクをクリップボードにコピー

コピー完了

ヘッドホンでモニターをしながら、環境音を聞きつつナレーションを入れています。この時、自分の声が遅れて聞こえる為、まともに話すことが出来ません。その為、レイテンシーを最短の30msに設定しました。しかしながら、これでも遅いのでASIO4ALLをインストールしました。Device Class で一応、ASIOの表示が出るのですが、実際のマイク入力はされませんでした。尚、マイクはUSB接続、アナログ接続共に駄目です。また、遅れた自分の声を小さくセットしても、次のクリップで音量設定が大きな設定に戻り、びっくりする羽目になります。レイテンシー問題、音量設定が勝手に変わる問題を解決出来ないでしょうか?

キーワード
Windows

表示

317

いいね

翻訳

翻訳

レポート

レポート
コミュニティガイドライン
他のユーザーへの思いやりを持ち、敬意を払いましょう。コンテンツの出典を明記し、投稿する前に内容が重複していないか検索してください。 さらに詳しく
community guidelines
Adobe Most Valuable Participants ,
Mar 04, 2019 Mar 04, 2019

リンクをクリップボードにコピー

コピー完了

最新

こんにちは、regensdorfさん

>この時、自分の声が遅れて聞こえる為、まともに話すことが出来ません。

「マイクの感度」のスライダーを左へ振れば(下図赤矢印)、自分の声は小さくなりますので、その影響を受けにくくなり、話しやすくなると思います。

なお、「録音中にオーディオをミュート」のチェックを外すと各トラックの音声が聞こえます。

いいね

翻訳

翻訳

レポート

レポート
コミュニティガイドライン
他のユーザーへの思いやりを持ち、敬意を払いましょう。コンテンツの出典を明記し、投稿する前に内容が重複していないか検索してください。 さらに詳しく
community guidelines