終了
ロック済み

APTEEツールを使用したPremiere Elementsのシリアライズ

アドビスタッフ ,
Sep 30, 2022 Sep 30, 2022

リンクをクリップボードにコピー

コピー完了

 Premiere Elementsのバージョン2020・2021・2022では、ライセンス購入されたシリアル番号をお持ちの場合に、Adobe Provisioning Toolkit Enterprise Edition(APTEE)というツールを用いてライセンス認証を行うことができます。

 Adobe Provisioning Toolkit Enterprise Edition(APTEE)ツールを使用して Adobe Premiere Elements および Premiere El...

 上記のWebページでご説明致しておりますが、そこにトラブルシュートの情報や、お問い合わせいただくことの多い内容を補足してご案内させていただきます。

 

(2022/11/2追記)
 これは、最新の2023バージョンに現時点では対応致しておりません。

 

APTEEを使ってできること

 APTEEを使う目的は、「ログインとシリアル番号入力の回避」です。

 この作業を行ってからPremiere Elementsを起動すると、「xyz@adobe.com」といったダミーのIDでログインされた状態となります。

 また、コマンドの中にシリアル番号も含めて実行するので、あらかじめシリアル番号も入力された状態となります。

 

オフラインでのご利用について

 APTEEを使うことでログインとシリアル番号の入力は回避できますが、これは「インターネット接続がなくてもアプリケーションを使用できる」ということを保証するわけではございません。

 そもそもAPTEEをご使用いただく際には、インターネット接続が必要となります。

 また、アプリケーションの起動時にインターネット接続を求められる可能性はございますし、インターネット接続がなければアプリケーションのアップデートができかねてしまいます。

 このため、原則としてインターネット接続ができている状態で、アプリケーションをご使用いただくようお願い致します。

 

一般的な作業の流れ

 

(Windows向けの内容となります。macOSの場合は参考資料としてご参照ください)

 

●準備

  1. Premiere Elementsをインストールします。
  2. Premiere Elementsは起動せず、端末を一旦再起動します。
  3. 下記Webページを参照し、アドビアプリケーションに関連するプロセスが動いていない状態にします。
    すべてのアドビ関連プロセスの終了方法

 

●APTEEを使った作業

  1. このリンク先へアクセスし、「Adobe_Provisioning_Toolkit_10_0_ALL.zip」というファイルをダウンロードします。
  2. ダウンロードしたファイルを右クリックし、〔すべて展開〕をクリックします。
    続いて表示されるメッセージで〔展開〕をクリックし、「Adobe_Provisioning_Toolkit_10_0_ALL.exe」というファイルが生成されることを確認します。
  3. 「Adobe_Provisioning_Toolkit_10_0_ALL.exe」をダブルクリックして実行します。
    続いて表示されるメッセージで〔次へ〕をクリックします。
  4. デスクトップ上に「Adobe_Provisioning_Toolkit_10_0_ALL」というフォルダが生成されることを確認します。
    生成されたフォルダを開き、「Adobe Provisioning Toolkit Enterprise Edition」というフォルダがあることを確認します。
    このフォルダをCドライブ直下にコピーし、名前を「APTEE」に変更します。
  5. 以下のファイルを、Cドライブ直下にあるAPTEEフォルダの中へコピーします。
    C:\Program Files\Adobe\Adobe Premiere Elements 2022\CustomHook\dispatchtable.xml
    APTEEフォルダの中に、「adobe_prtk.exe」「dispatchtable.xml」という2つのファイルがあることを確認します。
  6. コマンドプロンプトを「管理者として実行」します。
  7. 以下のコマンドを実行します。
    c:\APTEE\adobe_prtk.exe --tool=Serialize --leid=V7{}PremiereElements-2022-Win-GM --serial=<Serial Number> --regsuppress=ss
    ※<Serial Number>には、Premiere Elementsのシリアル番号をハイフン無しで入力します。
  8. 「Return Code = 0」と表示されることを確認します。これで認証に成功しています。
  9. Premiere Elementsが、ログインすることなく正常に起動するかを確認します。

 

0以外のReturn Codeが表示された場合

 Return Codeの説明につきましては、下記のWebページ内の「エラーコード」をご参照ください。

 Adobe Provisioning Toolkit Enterprise Edition の使用

 このうち「14」は「不明なエラー」のため、原因を絞り込むことは困難です。

 そこでこの場合は、下記のトラブルシュートを順次お試しください。

キーワード
ヒントとテクニック

表示

254

翻訳

翻訳

レポート

レポート
コミュニティガイドライン
他のユーザーへの思いやりを持ち、敬意を払いましょう。コンテンツの出典を明記し、投稿する前に内容が重複していないか検索してください。 さらに詳しく
community guidelines