Welcome Dialog

コミュニティへようこそ。

まったく新しい外観になりました。ツアーに参加して、アドビサポートコミュニティの最新情報をご覧ください


Premiere Elements13での画像にフレームをつける方法

エクスプローラー ,
Mar 10, 2019 Mar 10, 2019

リンクをクリップボードにコピー

コピー完了

何度も質問、申し訳ございません。

エンドロール作成も最終段階にさしかかっていますが、

最後に複数枚の写真を1度に表示させようと思いますが、

その際、画像(写真)にフォトフレームをつける方法はありますでしょうか。

調べたところPhotoshopであればその機能があるようですが・・・

ご教示いただければと思います。

キーワード
Windows

表示

1.9K

いいね

翻訳

翻訳

レポート

レポート
コミュニティガイドライン
他のユーザーへの思いやりを持ち、敬意を払いましょう。コンテンツの出典を明記し、投稿する前に内容が重複していないか検索してください。 さらに詳しく
community guidelines

correct answers 1 件の正解

Adobe Most Valuable Participants , Mar 11, 2019 Mar 11, 2019
◆Premiere Elementsの「ベベルアルファ」、「ベベルエッジ」または「ドロップシャドウ」エフェクトを使用する方法Premiere Elements画面下側の「エフェクト」をクリックし、開いた「クリップにエフェクトをドラッグ&ドロップ」パネルから、「ビデオ」→「遠近感」→「ベベルアルファ」、「ベベルエッジ」または「ドロップシャドウ」エフェクトを適用します。①「ベベルアルファ」エフェクト②「ベベルエッジ」エフェクト③「ドロップシャドウ」エフェクト◆写真画像の下側に一回り大きい白い図形を配置する方法クリップの配置は下図の様にします。下側に配置する白い図形は、タイトラーの長方形図形で作成します。白枠をほぼ同じ幅に調整するには次のように行います。写真画像クリップとタイトルクリップのビデオトラックの上下を入れ替え、タイトルクリップを展開して上下幅を広くし表示された不透明度のラバーバンドを下にドラッグして不透明度を約50%にします。すると、写真画像と白い図形との位置関係が分かりますから、バウンディングボックスを操作して白枠がほぼ同じ幅になるように調整します。調整が終わったら、不透明度を1...

いいね

翻訳

翻訳
Adobe Most Valuable Participants ,
Mar 10, 2019 Mar 10, 2019

リンクをクリップボードにコピー

コピー完了

こんにちは、s-matsudaさん

>何度も質問、申し訳ございません。

何度でもどうぞお気軽に質問してください。

>調べたところPhotoshopであればその機能があるようですが・・・

Photoshop Elementsはお持ちでしょうか。

お持ちなら、下記リンクにある方法で簡単に白枠を付けられるのですが。

【動画で見る】写真に枠を付ける方法 « Elements ブログ

いいね

翻訳

翻訳

レポート

レポート
コミュニティガイドライン
他のユーザーへの思いやりを持ち、敬意を払いましょう。コンテンツの出典を明記し、投稿する前に内容が重複していないか検索してください。 さらに詳しく
community guidelines
Adobe Most Valuable Participants ,
Mar 11, 2019 Mar 11, 2019

リンクをクリップボードにコピー

コピー完了

Photoshop Elementsをお持ちの場合

ここでは、Premiere Elementsで一度に4枚の写真を表示させる方法を説明します。

①Photoshop Elementsで上記リンクの方法で各写真に白枠をつけて、保存します。

②写真をPremiere Elementsに読み込み、ビデオトラックに配置します。

③各写真クリップを選択し、「適用エフェクト」をクリックして開いた「適用されたエフェクト」パネルで、「モーション」の「位置」と「スケール」の数値を変更して、写真の位置とサイズを調整します(下図赤枠部)。写真は、「位置」の左側数値で左右方向が、右側数値で上下方向が動き、「スケール」の数値で拡大・縮小します。数値は直接入力かスクラブ操作が良いです。

また、クリップを選択すると、その写真の周囲にバウンディングボックスが表示され、ハンドルをドラッグすると拡大・縮小が、ボックス内をドラッグすると写真の移動が出来ます。

Photoshop Elementsをお持ちでない場合は、ご返事があってから説明します。

いいね

翻訳

翻訳

レポート

レポート
コミュニティガイドライン
他のユーザーへの思いやりを持ち、敬意を払いましょう。コンテンツの出典を明記し、投稿する前に内容が重複していないか検索してください。 さらに詳しく
community guidelines
エクスプローラー ,
Mar 11, 2019 Mar 11, 2019

リンクをクリップボードにコピー

コピー完了

150kw 様

お世話になっております。

連絡が遅くなり大変申し訳ございません。

Photoshop Elementsは保有していないため、

それ以外での方法をご教示いただければと思います。

宜しくお願いいたします。

いいね

翻訳

翻訳

レポート

レポート
コミュニティガイドライン
他のユーザーへの思いやりを持ち、敬意を払いましょう。コンテンツの出典を明記し、投稿する前に内容が重複していないか検索してください。 さらに詳しく
community guidelines
Adobe Most Valuable Participants ,
Mar 11, 2019 Mar 11, 2019

リンクをクリップボードにコピー

コピー完了

◆Premiere Elementsの「ベベルアルファ」、「ベベルエッジ」または「ドロップシャドウ」エフェクトを使用する方法

Premiere Elements画面下側の「エフェクト」をクリックし、開いた「クリップにエフェクトをドラッグ&ドロップ」パネルから、「ビデオ」→「遠近感」→「ベベルアルファ」、「ベベルエッジ」または「ドロップシャドウ」エフェクトを適用します。

①「ベベルアルファ」エフェクト

②「ベベルエッジ」エフェクト

③「ドロップシャドウ」エフェクト

◆写真画像の下側に一回り大きい白い図形を配置する方法

クリップの配置は下図の様にします。

下側に配置する白い図形は、タイトラーの長方形図形で作成します。

白枠をほぼ同じ幅に調整するには次のように行います。

写真画像クリップとタイトルクリップのビデオトラックの上下を入れ替え、タイトルクリップを展開して上下幅を広くし表示された不透明度のラバーバンドを下にドラッグして不透明度を約50%にします。

すると、写真画像と白い図形との位置関係が分かりますから、バウンディングボックスを操作して白枠がほぼ同じ幅になるように調整します。

調整が終わったら、不透明度を100%に戻し、写真画像クリップとタイトルクリップの位置関係を元に戻します。

いいね

翻訳

翻訳

レポート

レポート
コミュニティガイドライン
他のユーザーへの思いやりを持ち、敬意を払いましょう。コンテンツの出典を明記し、投稿する前に内容が重複していないか検索してください。 さらに詳しく
community guidelines
エクスプローラー ,
Mar 14, 2019 Mar 14, 2019

リンクをクリップボードにコピー

コピー完了

最新

150kw 様

毎度毎度ありがとうございます!

一昨日うまいこと作れました。ありがとうございました。

いいね

翻訳

翻訳

レポート

レポート
コミュニティガイドライン
他のユーザーへの思いやりを持ち、敬意を払いましょう。コンテンツの出典を明記し、投稿する前に内容が重複していないか検索してください。 さらに詳しく
community guidelines