Welcome Dialog

コミュニティへようこそ。

まったく新しい外観になりました。ツアーに参加して、アドビサポートコミュニティの最新情報をご覧ください


ダッキング機能を使用してないと思われるのに自動的に音量が増減されることについて。

New Here ,
Feb 24, 2021 Feb 24, 2021

リンクをクリップボードにコピー

コピー完了

オーディオトラックの1つに同じデータのBGMを連続して流し、別のトラックで録音した音声を流しています。

ダッキング機能は使用してないはずなんですが書き出した動画を見ると喋ってる所はBGMの音量が下がり、また音声が無くなるとBGMの音量が上がってるように聞こえます。

何か確認すべきところはありますでしょうか?

キーワード
オーディオ, 手順

表示

24

いいね

翻訳

翻訳

レポート

レポート
コミュニティガイドライン
他のユーザーへの思いやりを持ち、敬意を払いましょう。コンテンツの出典を明記し、投稿する前に内容が重複していないか検索してください。 さらに詳しく
community guidelines
Adobe Most Valuable Participants ,
Feb 24, 2021 Feb 24, 2021

リンクをクリップボードにコピー

コピー完了

最新

お早うございます、diran5532さん

 

>ダッキング機能は使用してないはずなんですが

自動ダッキングを適応すれば、BGMの音量のラバーバンドが下下図のようになりますのですぐにお分かりになると思います。

image.png

 

 

 

 

 

 

 

 

 

>喋ってる所はBGMの音量が下がり、また音声が無くなるとBGMの音量が上がってるように聞こえます。

自動ダッキングを適用してなければ、

素人の浅はかな推定ですが、Premiere Proには音を歪ませないようにするため総音量を一定にする機能(Automatic Gain Controlと言うらしい)があり、ナレーションが入るとその部分は総音量が上がりますので、ナレーションとBGMの音量を絞ります。ナレーションが絞られたのは部分的であるため気づかず、BGMのほうは連続的なため気づいたのではないでしょうか。ナレーションの音量が大きいとその傾向が強くでるような気がします。

 

「Automatic Gain Control」のキーワードでインターネット検索してみてください。詳細説明が見つかるのではと思います。

いいね

翻訳

翻訳

レポート

レポート
コミュニティガイドライン
他のユーザーへの思いやりを持ち、敬意を払いましょう。コンテンツの出典を明記し、投稿する前に内容が重複していないか検索してください。 さらに詳しく
community guidelines