Welcome Dialog

コミュニティへようこそ。

まったく新しい外観になりました。ツアーに参加して、アドビサポートコミュニティの最新情報をご覧ください


プレビュー画面のカクつき

Community Beginner ,
May 27, 2020 May 27, 2020

リンクをクリップボードにコピー

コピー完了

PCのスペックは足りているはずなのに、プレビュー画面がスムーズに再生されません。

スムーズに再生されているときもあるのですが、何回か再生しているとカクついてきます。

なにか設定が悪いのか、わかる方教えていただきたいです。

キーワード
Error or problem, Post production in Japanese

表示

828

いいね

翻訳

翻訳

レポート

レポート
コミュニティガイドライン
他のユーザーへの思いやりを持ち、敬意を払いましょう。コンテンツの出典を明記し、投稿する前に内容が重複していないか検索してください。 さらに詳しく
community guidelines

correct answers 1 件の正解

Adobe Most Valuable Participants , Jun 01, 2020 Jun 01, 2020
>ときどきUHD630が95%、Geforceが0%になってしまうときにカクつきが発生しているようです。 という点から推測しますと、UHD630のQuick Sync Video(QSV)によるハードウェアデコードがボトルネックになっているような気がいたします。素材のコーデックはH.264/AVCもしくはH.265/HEVCではないでしょうか。 もしハードウェアデコードがボトルネックになっていると仮定しますと、再生時の解像度設定をどんなに下げても変化は無く、また、シーケンスのフレームサイズを小さなものに変更しても改善されないかもしれません。 条件によっては、ハードウェアによるデコードを無効にした方がスムーズに再生できることがあるので、「環境設定」の「メディア」にある「ハードウェアによる高速処理のエンコードとデコードを有効にする」のチェックを外して再起動してからお試しいただくといかがでしょうか。 (素材の種類やCPUの能力によるので、どちらかというと症状が悪化するケースの方が多いと思います。) もともと4K60pの編集はかなり負荷が高いので、150kwさんがお薦めしてくだ...

いいね

翻訳

翻訳
Adobe Most Valuable Participants ,
May 28, 2020 May 28, 2020

リンクをクリップボードにコピー

コピー完了

こんにちは、zabuzabu1さん

 

ちょっと大変ですが、いろいろ教えてください。原因推定が難しそうに思えるのですが。

①OSとそのバージョン(Windows 10 v1909等)

②Premiere Proのバージョン(v14.1、v14.2等)

③PCの仕様(正確に教えてください)

CPU;メーカーと型番(インテル Core i7-9750H等)

ストレージ;SSDまたはHDD、容量GB、空き領域の容量GB

メモリー;容量GB

GPU;メーカーと型番(例;NVIDIA GeForce RTX 2060等)

VRAM;容量GB

④Premiere Proのシーケンス設定内容(2K60i、2K30p、2K60p、4K30p、4K60p等)

⑤レンダラーの設定内容(ソフトウェア処理、高速処理等)

⑥プログラムモニターの再生時の解像度の設定内容(フル画質、1/2等)

⑦映像素材の保存ドライブ名(Cドライブ、外付けのHDD等)

⑧その症状は、以前は正常で、最近発生したのでしょうか。発生する前にPCに何か変更を加えましたか。例えばOSやPremiere Proのアップデート、セキュリティソフトやプラグインのインストールやアップデート等。

⑨Premiere Pro起動直後は正常だが、何回か再生するとカク付くようになるのですか。

いいね

翻訳

翻訳

レポート

レポート
コミュニティガイドライン
他のユーザーへの思いやりを持ち、敬意を払いましょう。コンテンツの出典を明記し、投稿する前に内容が重複していないか検索してください。 さらに詳しく
community guidelines
Community Beginner ,
Jun 01, 2020 Jun 01, 2020

リンクをクリップボードにコピー

コピー完了

150kwさん 返信ありがとうございます。

また返事がおそくなり申し訳ありません。

 

①Windows 10 v1909

②v14.2

③CPU:インテル® Core™ i7-9750H プロセッサー

ストレージ HDD 1TB(ほぼあいてます)、SSD 512GB(200GBほど使っています)

メモリ32GB

GPU: GeForce® GTX 1650  / インテル® UHD グラフィックス 630

VRAM:4GB  / メインメモリからシェア (最大 約8GB)

④シーケンス設定:4K60p

⑤cuda

⑥普段は1/4にしてますが、1/8でも発生します

⑦Cドライブ

⑧初めからです

⑨そのような感じです

 

このような感じでよろしいでしょうか?

パフォーマンスでGPU稼働率を見てみると、インテルUHD630が70%、GeforceGTX1650が15%ほどで稼働してるときはスムーズに再生出来ていて、ときどきUHD630が95%、Geforceが0%になってしまうときにカクつきが発生しているようです。NVIDIAコントロールパネルから優先して使用するGPUを設定してみましたが改善されていない状態です。

 

いいね

翻訳

翻訳

レポート

レポート
コミュニティガイドライン
他のユーザーへの思いやりを持ち、敬意を払いましょう。コンテンツの出典を明記し、投稿する前に内容が重複していないか検索してください。 さらに詳しく
community guidelines
Adobe Most Valuable Participants ,
Jun 01, 2020 Jun 01, 2020

リンクをクリップボードにコピー

コピー完了

こんばんは

 

情報ありがとうございます。

 

>④シーケンス設定:4K60p、⑦Cドライブ

4K60p映像素材を扱っているのですね。

映像素材の保存ドライブはCドライブ(SSD)ですよね。

 

編集内容が大変ヘビーだと思いますので、こちらの影響が大なのかも知れません。一度シーケンス仕様を落として試してみたらいかがでしょうか。

例えば、4K30P、2K60p、2k30p等。

シーケンス設定は、メニューの「シーケンス」→「シーケンス設定」を選択し、開いた「シーケンス設定」ウィンドウで変更できます(下図赤枠部)。

image.png

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

また、PCの仕様に対し、編集内容がヘビーな場合は、プロキシ編集(下記リンク)という方法もあります。書き出しは元の4K60pで出力できます。

https://www.youtube.com/watch?v=CxBqQqngeJE 

 

>⑥普段は1/4にしてますが、1/8でも発生します

こんなに落としては、プログラムモニターと言えども画質は悪いでしょう。せめて1/2以上は欲しいですね。

 

いいね

翻訳

翻訳

レポート

レポート
コミュニティガイドライン
他のユーザーへの思いやりを持ち、敬意を払いましょう。コンテンツの出典を明記し、投稿する前に内容が重複していないか検索してください。 さらに詳しく
community guidelines
Adobe Most Valuable Participants ,
Jun 01, 2020 Jun 01, 2020

リンクをクリップボードにコピー

コピー完了

>ときどきUHD630が95%、Geforceが0%になってしまうときにカクつきが発生しているようです。

 

という点から推測しますと、UHD630のQuick Sync Video(QSV)によるハードウェアデコードがボトルネックになっているような気がいたします。素材のコーデックはH.264/AVCもしくはH.265/HEVCではないでしょうか。

 

もしハードウェアデコードがボトルネックになっていると仮定しますと、再生時の解像度設定をどんなに下げても変化は無く、また、シーケンスのフレームサイズを小さなものに変更しても改善されないかもしれません。

 

条件によっては、ハードウェアによるデコードを無効にした方がスムーズに再生できることがあるので、「環境設定」の「メディア」にある「ハードウェアによる高速処理のエンコードとデコードを有効にする」のチェックを外して再起動してからお試しいただくといかがでしょうか。

(素材の種類やCPUの能力によるので、どちらかというと症状が悪化するケースの方が多いと思います。)

 

もともと4K60pの編集はかなり負荷が高いので、150kwさんがお薦めしてくださっている選択肢にある「プロキシ編集」を行うのが、現実的かつ一番の解決法かと思います。

 

一応、公式のマニュアルページへのリンクを貼ってみます。

プロキシ映像でオフライン作業 

プロキシワークフロー 

Adobe Premiere Pro でのインジェストとプロキシワークフロー 

 

いいね

翻訳

翻訳

レポート

レポート
コミュニティガイドライン
他のユーザーへの思いやりを持ち、敬意を払いましょう。コンテンツの出典を明記し、投稿する前に内容が重複していないか検索してください。 さらに詳しく
community guidelines
Community Beginner ,
Jun 01, 2020 Jun 01, 2020

リンクをクリップボードにコピー

コピー完了

ありがとうございます!

「ハードウェアによる高速処理のエンコードとデコードを有効にする」のチェックを外してやってみたら、しっかりGeforceが仕事するようになって、カクつきがゼロになりました!

本当にうれしいです。ありがとうございました!!

いいね

翻訳

翻訳

レポート

レポート
コミュニティガイドライン
他のユーザーへの思いやりを持ち、敬意を払いましょう。コンテンツの出典を明記し、投稿する前に内容が重複していないか検索してください。 さらに詳しく
community guidelines
New Here ,
Nov 18, 2020 Nov 18, 2020

リンクをクリップボードにコピー

コピー完了

全然関係ない人なんですけど僕からもお礼言わせてください、ありがとうございます!!

いいね

翻訳

翻訳

レポート

レポート
コミュニティガイドライン
他のユーザーへの思いやりを持ち、敬意を払いましょう。コンテンツの出典を明記し、投稿する前に内容が重複していないか検索してください。 さらに詳しく
community guidelines
Adobe Community Professional ,
Nov 19, 2020 Nov 19, 2020

リンクをクリップボードにコピー

コピー完了

最新

Premiere Pro (us) から Premiere Proフォーラム (jp) に移動しました。

いいね

翻訳

翻訳

レポート

レポート
コミュニティガイドライン
他のユーザーへの思いやりを持ち、敬意を払いましょう。コンテンツの出典を明記し、投稿する前に内容が重複していないか検索してください。 さらに詳しく
community guidelines