Welcome Dialog

コミュニティへようこそ。

まったく新しい外観になりました。ツアーに参加して、アドビサポートコミュニティの最新情報をご覧ください


プレミアプロ タイム

New Here ,
Nov 05, 2020 Nov 05, 2020

リンクをクリップボードにコピー

コピー完了

プレミアプロのタイムコードをてきようさせて、エフェクトパネルで作成に変更したのですが、タイムが0100000から変更されません。どうしたら00000000からタイマーを、始められますか?

キーワード
エラーまたは問題, 手順

表示

57

いいね

翻訳

翻訳

レポート

レポート
コミュニティガイドライン
他のユーザーへの思いやりを持ち、敬意を払いましょう。コンテンツの出典を明記し、投稿する前に内容が重複していないか検索してください。 さらに詳しく
community guidelines
Adobe Most Valuable Participants ,
Nov 05, 2020 Nov 05, 2020

リンクをクリップボードにコピー

コピー完了

最新

お早うございます、凱5CF3さん

 

「エフェクトコントロール」パネルの「タイムコード」の「タイムコードソース」が「メディア」になっていませんか。

その場合は「クリップ」を選択すれば、クリップの最初から「00;00;00;00」または「00:00:00:00」で始まります。

 

任意の時間から始まるようにするには、「タイムコードソース」は「生成」を選択し、「開始タイムコード」に開始時間を入力します。

 

以下参考です。

・「タイムコード」エフェクトは「クリアビデオ」クリップに適用すると便利です。「クリアビデオ」クリップは、「ファイル」→「新規」→「クリアビデオ」から作成できます。

・タイムコードの時間入力は、「02012025」のように連続タイプすると、「02;01;20;25」のように自動的にセミコロンやコロンが入力されます。

・タイマーとして使用する場合は、秒以下がフレームレート数でカウントされますので、タイムコードの「4点の長方形マスクの作成」マスク、または「クロップ」エフェクトを適用して秒以下を非表示にすると良いです。また左端の桁を非表示にすることもできます。下図は、「4点の長方形マスクの作成」マスクを適用した例です。

また、After Effectsをお持ちなら、After Effectsの「タイムコード」エフェクトを使用すれば秒以下を10進法でカウントできます。

image.png

 

 

 

 

 

 

 

 

・「タイムコード」エフェクトは「高速処理」エフェクトですので、レンダラーを「Mercury Playback Engine - GPU高速処理(CUDA)」(Windows)または「Mercury Playback Engine - GPUアクセラレーション(Metal)」(Mac)に設定すれば処理が高速になります。

 

いいね

翻訳

翻訳

レポート

レポート
コミュニティガイドライン
他のユーザーへの思いやりを持ち、敬意を払いましょう。コンテンツの出典を明記し、投稿する前に内容が重複していないか検索してください。 さらに詳しく
community guidelines