プロキシはDドライブに作成しても速度は変わらないか?

Community Beginner ,
Oct 03, 2020 Oct 03, 2020

リンクをクリップボードにコピー

コピー完了

詳しい方いらっしゃいましたらご教授お願いできますでしょうか。

 

動画編集でカクつく場合、プロキシを作成して、プロキシを見るようにして編集すると改善されますが。

CドライブにPremiere Proがインストールされている場合、プロキシのファイルはCドライブに保存したほうがいいんでしょうか?

Cドライブ以外のドライブに保存したほうが早いんでしょうか?

 

※同じドライブにあったほうが早そうな気もするし、読み書きが別々のドライブにあったほうが早い気がするし、、結局分からず…

 

ヘタにDドライブにしてプロキシの良さを台無しにしてしまっても嫌だなと…

関係あるかわからないですが、ちなみにWindowsでCもDもSSDで3.0です。

 

どうでもいいような無いようなのかもしれませんが、気になってしかたがないので、詳しい方いましたらぜひ教えて下さい。

よろしくお願いいたします。

キーワード
ハードウェアまたは GPU, パフォーマンス, 読み込み

表示

133

いいね

翻訳

翻訳

レポート

レポート
コミュニティガイドライン
他のユーザーへの思いやりを持ち、敬意を払いましょう。コンテンツの出典を明記し、投稿する前に内容が重複していないか検索してください。 さらに詳しく
community guidelines
Adobe Most Valuable Participants ,
Oct 03, 2020 Oct 03, 2020

リンクをクリップボードにコピー

コピー完了

お使いの環境に依りますので、一概には言えないところです。

 

まず、前提としてPremiere Proで推奨されているのは、「OS とアプリケーション用のシステムドライブ」「メディアキャッシュ用のドライブ」「メディアドライブ」の3つのドライブによる構成です。

下記リンク先の「ビデオ制作に必要なドライブ数」をご参照ください。

Premiere Pro/After Effects に合わせたシステムの最適化 

 

個人的には、After Effectsは別として、Premiere Proの場合はメディアキャッシュ用のドライブはさほど重要ではないように思っています。

 

さて、今回のご質問のケースですが、「Cドライブ(システムドライブ)とDドライブが物理的に異なるドライブでどちらも同程度に高速なSSD」と仮定しますと、CドライブにPremiere ProなどAdobe製品をインストールし、編集用の素材はすべてDドライブに保存して使用するという使い方が無難かと思います。

プロキシファイルは映像素材ですので、この場合はDドライブに保存することになります。

 

動作の速さという点で申しますと、設定にも依りますが低画質のプロキシはさほどビットレートが高くないので、CドライブでもDドライブでも体感的な速度は変わらないかもしれません。

 

少し気になるのは

>ちなみにWindowsでCもDもSSDで3.0です。

とお書きいただいている「3.0」の部分なのですが、例えばCドライブはパソコン内蔵の非常に高速なNVMe接続のSSDで、DドライブがUSB3.0(USB 3.2 Gen1)というような場合には、編集用の素材もプロキシもCドライブに入れた方が速いかもしれません(速さを体感できるか否かは別問題です)。

 

しかしながら、ビットレートが高く高速なドライブが要求されるような素材はそれに比例してファイルサイズが大きくなると思いますので、ファイル管理の面からもやはりシステムドライブであるCドライブに素材を入れるのは個人的には少々抵抗があります。

 

大事な点は、素材(もしくはプロキシ)のビットレートと同時再生レイヤー数から外レージに必要な転送速度を計算して、十分に余裕があるか否かを確認することかと思います。

そして、システムドライブ(Cドライブ)はシステムに関連するアクセス(ページファイルなど)やアプリケーションによるアクセスなどがあるため、Cドライブしか保存場所が無い場合を除いて映像素材の保存場所としてはふさわしくないというところかと思います。

 

なお、元素材とプロキシの作成先を別にするメリットとして、転送速度向上によるプロキシ作成時の速度向上も考えられなくはないのですが、おそらくデコード&エンコードがボトルネックとなってしまうと思います。

いいね

翻訳

翻訳

レポート

レポート
コミュニティガイドライン
他のユーザーへの思いやりを持ち、敬意を払いましょう。コンテンツの出典を明記し、投稿する前に内容が重複していないか検索してください。 さらに詳しく
community guidelines
Adobe Most Valuable Participants ,
Oct 03, 2020 Oct 03, 2020

リンクをクリップボードにコピー

コピー完了

最新

こんばんは、かよ23697586さん

 

一般的に、素材ファイルは極力高速なドライブに保存するのが良いです。

 

一昔前のHDD主流の時代は、アクセス速度はおおよそ次のようでした。

【速い】 CドライブHDD > 内蔵DドライブHDD > 外付けHDD 【遅い】

従って、映像素材はアクセス速度の速いCドライブHDDに保存するのが推奨されていました。

さらにHDDを高速化するため7200rpm化やRAID 0を組んでいたりしました。

 

しかし、最近のPCはSSDが主流になり、外付けでもUSB3.0接続のSSDが採用されるようになってアクセス速度は内蔵SSDに対し遜色ないようになっています。

Cドライブの容量に余裕がある場合は、プロジェクト関係ファイル一式をCドライブに保存して編集を行い、編集が完了したら(または空き容量が少なくなったら)他のドライブに移動するのが良いと思います。

Cドライブの容量に余裕がない場合は、他ドライブに保存しても問題ないと思います。

 

また、キャッシュファイル保存には専用のUSB3.0接続のSSDドライブ(約100GB)を用意し、ルートに保存するのが最良です。

いいね

翻訳

翻訳

レポート

レポート
コミュニティガイドライン
他のユーザーへの思いやりを持ち、敬意を払いましょう。コンテンツの出典を明記し、投稿する前に内容が重複していないか検索してください。 さらに詳しく
community guidelines