終了

代替タイムコードが機能しない

Contributor ,
Nov 29, 2023 Nov 29, 2023

リンクをクリップボードにコピー

コピー完了

◇現象
Premiere Proのクリップを変更で代替タイムコードが機能しない。(Windows版)

 

◇状況
・Premiere Pro 22.2
 →機能する

・Premiere Pro 23.5
 →映像クリップでは機能するが音声(WAV)クリップでは機能しない

・Premiere Pro 24.0.3
 →映像クリップ、音声クリップ共に機能しない

 

これは不具合でしょうか?

キーワード
エラー・問題

表示

166

翻訳

翻訳

レポート

レポート
コミュニティガイドライン
他のユーザーへの思いやりを持ち、敬意を払いましょう。コンテンツの出典を明記し、投稿する前に内容が重複していないか検索してください。 さらに詳しく
community guidelines
Community Expert ,
Nov 30, 2023 Nov 30, 2023

リンクをクリップボードにコピー

コピー完了

私は代替タイムコードを使用する機会が無いのでこの機能の挙動については詳しくないのですが、おっしゃる通り少し挙動がおかしいようです。

 

私がWindows 10 22H2の環境にてmovファイルで試したところでは……、

 

  • v. 22.6.04: 代替タイムコードが即座に反映
  • v. 23.6.2: 代替タイムコードが即座に反映されず「00:00:00:00」になってしまう。一旦プロジェクトパネルからその素材を削除し、改めて読み込みなおすと代替タイムコードが反映されている。もう一度代替タイムコードの値を変更すると、また「00:00:00:00」になってしまう。
  • v24.0.3: v. 23.6.2と同じ挙動

 

といった様子でした。代替タイムコードのmovへの書き込みは正常に行われているものの、読み込みしなおさないと反映されないということから、バグの可能性があるように思います。

投票

翻訳

翻訳

レポート

レポート
コミュニティガイドライン
他のユーザーへの思いやりを持ち、敬意を払いましょう。コンテンツの出典を明記し、投稿する前に内容が重複していないか検索してください。 さらに詳しく
community guidelines
Contributor ,
Dec 04, 2023 Dec 04, 2023

リンクをクリップボードにコピー

コピー完了

Ckun様

確認頂きましてありがとうございます。

海外のフォーラムにBug報告致しました。

 

相談内容から少し外れてしまうのですが、

編集完了後に音声ファイルの差し替えを行う手順を模索しております。

 

以下の手順を考えたのですが代替タイムコードが使えないので

思案しております。

事前に差し替え前の映像クリップから抽出した音声のみのファイル(WAV)と差し替える想定です。

1、読み込んだWAVファイルにはタイムコードが振られていないので代替タイムコードを使って

  映像クリップと同じタイムコードを割り当てます。

2、目的のクリップのIN点のタイムコードを確認するためにマッチフレームを実行します。

3、ソースモニターにて差し替えるWAVファイルのIN点に再生ヘッドを移動します。

  (先ほど取得したタイムコードを参考にします。)

4、クリップで置き換え>ソースモニターから(マッチフレーム)を実行します。
5、音声クリップのみ差し替える事ができます。

 

代替タイムコードが使えない場合に音声クリップのみ置き換える良い方法はございますでしょうか?

投票

翻訳

翻訳

レポート

レポート
コミュニティガイドライン
他のユーザーへの思いやりを持ち、敬意を払いましょう。コンテンツの出典を明記し、投稿する前に内容が重複していないか検索してください。 さらに詳しく
community guidelines
Community Expert ,
Dec 04, 2023 Dec 04, 2023

リンクをクリップボードにコピー

コピー完了

代替タイムコードについては、「一旦プロジェクトパネルからその素材を削除し、改めて読み込みなおすと代替タイムコードが反映されている。」という症状なので、WAVに代替タイムコードを設定後、プロジェクトパネルから削除して読み込みなおすと、代替タイムコードが反映されるかと思います。

 

しかしながら、私の手元の環境(Windiws 10, Premiere Pro v24.0.3)にて23.976fpsの素材・シーケンスの設定でWAVファイルに代替タイムコードを設定しようとすると、環境設定で不確定メディアのタイムベースを23.976fpsにしていても29.97fps DFでしか指定できない状態になってしまい、正しいタイムコードの書き換えができませんでした。

 

私は普段使っていない機能なので、私の誤解や操作間違いがあるかもしれないので、詳しい方から情報を頂けると助かります。

 

 

音声の後から差し替えについては、ワークフローにより様々な方法が考えられると思うのですが、私が過去に行った一例を書いてみます。

 

まず、各カメラの色調合わせとタイムコードを一致させるため、全カメラの素材を別シーケンス上で調整し、色とタイムコードが揃ったProRes 422 LTで書き出してオフライン編集をします。

 

素材音を整音した整音済みWAVができ次第、さきほどのシーケンスの音声トラックをまるっと整音済みの音声に書き出し、ProRes 422 HQで書き出し、先ほどのProRes 422 LTのファイルを上書きします。

 

映像も書き出しし直すことになるので少し時間がかかりますが、手間はほとんどかからず音声の差し替えができます。

(映像にノイズリダクションをかけるなど、レンダリングに多くの時間がかかる調整を施す場合には、最初からProRes 422 HQで書き出し、整音後の音声はそのProRes 422 HQの映像と別シーケンスで合体させる方が良いなど、細かい手順はケースバイケースになると思います。)

 

そのほか、例えばグレーディングは別ソフト(Resolveなど)で行うといった場合には、そちら側でグレーディング後の映像+整音済みの音声の状態で書き出すですとか、動画ファイルの音声トラックを差し替えできるソフトを併用し、素材を複製&多少のリネームを施したファイルで編集を行い、整音済み音声ができ次第動画ファイルの音声トラックを差し替えるという方法も(私は試していませんが)一つの手段ではあると思います。

投票

翻訳

翻訳

レポート

レポート
コミュニティガイドライン
他のユーザーへの思いやりを持ち、敬意を払いましょう。コンテンツの出典を明記し、投稿する前に内容が重複していないか検索してください。 さらに詳しく
community guidelines
Contributor ,
Dec 05, 2023 Dec 05, 2023

リンクをクリップボードにコピー

コピー完了

最新

Ckun様

音声クリップの差し替えに関して教えて頂きましてありがとうございます。

やはりシンプルな方法が一番ですね。

代替タイムコードの不具合は海外のフォーラムとAdobeサポートに報告しましたので

修正を待ちたいと思います。

投票

翻訳

翻訳

レポート

レポート
コミュニティガイドライン
他のユーザーへの思いやりを持ち、敬意を払いましょう。コンテンツの出典を明記し、投稿する前に内容が重複していないか検索してください。 さらに詳しく
community guidelines