Welcome Dialog

コミュニティへようこそ。

まったく新しい外観になりました。ツアーに参加して、アドビサポートコミュニティの最新情報をご覧ください


停止すると違うタイムの場所の映像が映し出される

New Here ,
Oct 21, 2020 Oct 21, 2020

リンクをクリップボードにコピー

コピー完了

シーケンスにのってある映像素材を再生して、

停止をすると違うタイムの映像になります。

(停止画面が別のタイムの映像)

 

これを解決する方法はありますか?

 

4K60pで撮影した映像をpremiereに取り込んで

①フッテージ変換で30pにしてから

②proxyファイルを作成しています。

 

Adobeサポートに確認したところ

60pの素材をpremiereでフッテージ変換30pにするのではなく

30pで書き出して、それを読み込んでproxyファイルを作成してくださいとのことでした。

→映像素材の量が多いので、書き出しなおす時間とproxyファイルを作成する時間が考えると

現実的ではありません。

 

キーワード
エラーまたは問題

表示

35

いいね

翻訳

翻訳

レポート

レポート
コミュニティガイドライン
他のユーザーへの思いやりを持ち、敬意を払いましょう。コンテンツの出典を明記し、投稿する前に内容が重複していないか検索してください。 さらに詳しく
community guidelines
Adobe Most Valuable Participants ,
Oct 22, 2020 Oct 22, 2020

リンクをクリップボードにコピー

コピー完了

最新

こんばんは、tomofumi_1009さん

 

次のようにすれば、4K60p映像をタイムラインに並べ、それから各クリップごとに4K30p映像に変換してファイルに書き出すことができます。上記方法よりも多少は効率的になるのではないかと思います。

また、下記リンクも参考にしてください。

https://adobe-premiere-tips.com/2018/03/14/render/ 

 

①Media Encoderの「プリセットブラウザー」パネルの「+」をクリックし、開いたコンテキストメニューから「エンコーディングプリセットを作成」を選択します。次に開いた「プリセット設定(新規プリセット)」ダイアログボックスでプリセットを設定し、最後に「OK」をクリックします。

 

②「プリセットブラウザー」パネルの「ユーザープリセット&グループ」に作成したプリセットが表示されますので、その上で右クリックし開いたコンテキストメニューから「プリセットを書き出し」を選択します。

 

③開いた「プリセットを書き出し」ウィンドウで書き出し先を指定し、ファイル名を入力して「保存」をクリックします。

 

④Premiere Proに切り替え、「タイムライン」パネルの4K60pのクリップをすべて選択し、その上で右クリックして開いたコンテキストメニューから「レンダリングして置き換え」を選択します。

 

⑤開いた「レンダリングして置き換え」ダイアログボックスで、「プリセットの読み込み」をクリックして開いた「プリセットの読み込み」ウィンドウから作成したプリセットを読み込みます。

 

⑥「レンダリングして置き換え」ダイアログボックスで、作成したプリセットの「ソース」、「形式」、「プリセット」を設定し、「OK」をクリックします。

image.png

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

⑦「レンダリングして置き換えの処理中」ダイアログボックス開き、置き換え処理が行われます。

 

⑧置き換えされたファイルが「保存先」で指定したフォイルダ―に保存されます。また「タイムライン」パネルのクリップは変換したファイルのクリップに置き換えられます。

いいね

翻訳

翻訳

レポート

レポート
コミュニティガイドライン
他のユーザーへの思いやりを持ち、敬意を払いましょう。コンテンツの出典を明記し、投稿する前に内容が重複していないか検索してください。 さらに詳しく
community guidelines