Welcome Dialog

コミュニティへようこそ。

まったく新しい外観になりました。ツアーに参加して、アドビサポートコミュニティの最新情報をご覧ください


編集中にフレームレートを変える方法

New Here ,
Jul 28, 2021 Jul 28, 2021

リンクをクリップボードにコピー

コピー完了

お分かりの方がいらっしゃいましたらご回答お願い致します。

 

「AVCHD 1080i 正方形アナモルフィック」「29.97フレーム」に設定したシーケンスで、29.97fps、および50fpsの素材を使って動画編集を行いました。

 

最終的に24fpsのデータで書き出す必要があったので、書き出し設定で「H.264」を選択し、フレームレートだけを24に変更しで書き出したのですが、動画の一部分がカクつきが酷くてとても見れたものではない感じになってしまいました。

 

なにか、もっと良い方法で24pfsに変更する方法はありませんでしょうか?

 

※Premiere Pro (us) から Premiere Proフォーラム (jp) に移動しました。[moderator]

キーワード
手順

表示

42

いいね

翻訳

翻訳

レポート

レポート
コミュニティガイドライン
他のユーザーへの思いやりを持ち、敬意を払いましょう。コンテンツの出典を明記し、投稿する前に内容が重複していないか検索してください。 さらに詳しく
community guidelines
Adobe Most Valuable Participants ,
Jul 29, 2021 Jul 29, 2021

リンクをクリップボードにコピー

コピー完了

下記のCkunさんの書き込みが気にするべき場所になると思います。
https://community.adobe.com/t5/premiere-pro%E3%83%95%E3%82%A9%E3%83%BC%E3%83%A9%E3%83%A0/%E7%B7%A8%E...

iやpが混在している場合もそうですが、
映像次第なので1個をすれば全部OKはないのかなぁと思ってます。
└iで上下のパンなどはめんどくさい

あくまで私のやり方ですが複数の形がある場合は
・はじめにfpsを統一
└Plerudeでやってます
・そのまま編集に入る場合
└Premiere Proで編集用のシーケンスと書き出し用のシーケンスを分けてます。
また、特定素材で好ましくない動きをしている場合は個別に変換するか、別シーケンスで個別に調整します

あと、気になったのが「カクつき」というのがプレビューでは起こっていない現象でしょうか?
起こっていないのならGPUとのトラブルの可能性もあるので、
環境設定/メディアの「H.264/HEVCハードウェアによる高速処理デコーディング」のチェックを外して試してみるのも良いかと思います。

いいね

翻訳

翻訳

レポート

レポート
コミュニティガイドライン
他のユーザーへの思いやりを持ち、敬意を払いましょう。コンテンツの出典を明記し、投稿する前に内容が重複していないか検索してください。 さらに詳しく
community guidelines
Adobe Most Valuable Participants ,
Jul 29, 2021 Jul 29, 2021

リンクをクリップボードにコピー

コピー完了

最新

UY320さんがリンクを貼ってくださった別のご投稿にも返信しておりますが、具体的に書いてみますと、

 

・29.97fpsの素材がインターレースの場合

→動き補償デインターレースが可能な他社製の機器(スタンダードコンバーター)やソフトで24p(23.976p)もしくは59.94pに変換します。

 

・29.97fpsの素材がプログレッシブの場合で風景のパンなど速度が少し変わっても大丈夫な素材でジャダーが目立つもの

→動きの滑らかさを得るために、Premiere Pro上で「フッテージの変換」にて24fps(23.976fps)として扱います。

 

・50fpsプログレッシブ素材で風景のパンなど速度が少し変わっても大丈夫な素材でジャダーが目立つもの

→動きの滑らかさを得るために、Premiere Pro上で「フッテージの変換」にて48fps(47.95fps)として扱います。

 

・シーケンスの設定は24fps(23.976fps)にします。

 

・動きにジャダーを感じる素材は、補完の設定でフレームブレンドかオプチカルフローを試して状態が良い方を選びます。

 

といった感じです。

 

一例ですが、Web公開や街頭ビジョン、シネアドなど色々な用途に使う場合には、撮影から完パケまで59.94fpsで作成して、そこから各用途別に変換するといった方法も考えられます。

 

 

いいね

翻訳

翻訳

レポート

レポート
コミュニティガイドライン
他のユーザーへの思いやりを持ち、敬意を払いましょう。コンテンツの出典を明記し、投稿する前に内容が重複していないか検索してください。 さらに詳しく
community guidelines