終了

長いクリップを挿入する際、それ以降(後ろ)にあるクリップが消えてしまうのを防ぐ

参加者 ,
Feb 28, 2023 Feb 28, 2023

リンクをクリップボードにコピー

コピー完了

長いクリップを挿入する際、

それ以降(後ろ)にある他のクリップが

上書きのような形で消えてしまうのを防ぎたいです。

https://gyazo.com/c383db53d0fc66d6c1ebae957f6fe3d6

 

挿入する場所から後ろにクリップがあり、

上書きしてしまう際には

挿入クリップを自動的にカットなどしてくれる機能はありませんか?

表示

740

翻訳

翻訳

レポート

レポート
コミュニティガイドライン
他のユーザーへの思いやりを持ち、敬意を払いましょう。コンテンツの出典を明記し、投稿する前に内容が重複していないか検索してください。 さらに詳しく
community guidelines

correct answers 1 件の正解

Community Expert , Feb 28, 2023 Feb 28, 2023

もしわたしが勘違いしていたら申し訳ないのですが、今お困りの状態が、このGIF動画前半の『挿入する「カラーバー」で既存のクリップが上書きされてしまう』、ということでしたら、GIF動画後半の、『ソースモニターに挿入する素材を読み込ませて、シーケンス上の挿入したい領域にイン点とアウト点を打ち(動画では、ショートカット「X」を使っています)、「上書き(ショートカット「.」でも可能です)」という方法も使えるかと思います。

 

2023-03-01 10-56-54.gif

GIF動画がループ再生されて分かりにくいかもしれませんが、挿入したいカラーバーをドラックして既存のクリップを上書きした後に操作を取り消しして、ソースウィンドウを用いる方法でやり直している様子の動画です。

 

この方法ですと、ソースモニター上で、あらかじめ挿入する映像の使いどころを決めてイン点を打って挿入する、といった方法も使えまして、これは一昔(ふた昔?)前のビデオテープで編集していた時代の標準的なやり方でもあります。

投票

翻訳

翻訳
Community Expert ,
Feb 28, 2023 Feb 28, 2023

リンクをクリップボードにコピー

コピー完了

お早うございます、ponpon01さん

 

まず、OSとそのバージョン、Premiere Proのバージョンを教えてください。

 

流石に自動でカットしてくれる機能はないと思いますが、次のようにショートカットを使用する方法なら少しは楽になるのではと思います(慣れる必要はあると思いますが)。

 

ここでは挿入するトラックを「V1」、その上のトラックを「V2」とします。

①「環境設定」→「タイムライン」項で「インサート/上書き」編集を実行後タイムラインにフォーカスを設定」にチェックを入れます。

②メニューの「シーケンス」→「再生ヘッド位置を自動選択」を選択します。

 

③V1の現在のクリップの先頭にタイムラインマーカーを設定します。

④挿入するアセットを「ソースモニター」に表示します。

⑤「V2」の「挿入や上書きを行うソースのパッチ」アイコンと「トラックターゲット」アイコンをオン」にします。

⑥再生ヘッドを挿入先へ移動します。

⑦「ソースモニター」から「上書き」ボタンをクリックします(.)。すると、V2の再生ヘッド位置からアセットが上書きされます。と同時に「タイムライン」パネルが選択されます。

⑧前のマーカーへ再生ヘッドを移動します(Ctrl+Shift+M)。

⑨再生ヘッド位置に編集点を追加します(Ctrl+K)。

⑩再生ヘッドを1フレーム後方へ移動します(→)。するとクリップの編集点追加した右側が選択されます。

⑪削除します(Delete)。

⑫クリップをV2からV1へ移動します。

⑬マーカーを削除します。

 

投票

翻訳

翻訳

レポート

レポート
コミュニティガイドライン
他のユーザーへの思いやりを持ち、敬意を払いましょう。コンテンツの出典を明記し、投稿する前に内容が重複していないか検索してください。 さらに詳しく
community guidelines
Community Expert ,
Mar 01, 2023 Mar 01, 2023

リンクをクリップボードにコピー

コピー完了

こんばんは

 

その挿入するクリップが1カ所、または2カ所くらいでしたら次の方法が簡単かなと思います。

②迄は上記と同じです。

メニューの「シーケンス」→「再生ヘッド位置を自動選択」を選択します。

❷V1とV2トラックの「トラックターゲット」アイコンを「オン」にします。

③挿入するアセットをV2に配置します。

V1の現在のクリップの先頭へ再生ヘッドを移動します(↑または↓を何回か押します。)。V2のクリップが選択されます。

⑤再生ヘッド位置に編集点を追加します(Ctrl+K)。

⑥再生ヘッドを1フレーム右へ移動します(→)。すると、編集点の右側のクリップが選択されます。

⑦編集点の右側のクリップを削除します(Delete)。

⑧対象のクリップをV2→V1へ移動します。

⑨「スリップツール」でクリップの映像表示範囲を最適範囲に調整します。

 

※②を削除し、❶❷を追加しました。④の後半を追加しました。(3/2追記。)

投票

翻訳

翻訳

レポート

レポート
コミュニティガイドライン
他のユーザーへの思いやりを持ち、敬意を払いましょう。コンテンツの出典を明記し、投稿する前に内容が重複していないか検索してください。 さらに詳しく
community guidelines
参加者 ,
Mar 05, 2023 Mar 05, 2023

リンクをクリップボードにコピー

コピー完了

最新

いつもありがとうございます!

なるほど、このようなやり方もあるのですね!!

投票

翻訳

翻訳

レポート

レポート
コミュニティガイドライン
他のユーザーへの思いやりを持ち、敬意を払いましょう。コンテンツの出典を明記し、投稿する前に内容が重複していないか検索してください。 さらに詳しく
community guidelines
Community Expert ,
Feb 28, 2023 Feb 28, 2023

リンクをクリップボードにコピー

コピー完了

もしわたしが勘違いしていたら申し訳ないのですが、今お困りの状態が、このGIF動画前半の『挿入する「カラーバー」で既存のクリップが上書きされてしまう』、ということでしたら、GIF動画後半の、『ソースモニターに挿入する素材を読み込ませて、シーケンス上の挿入したい領域にイン点とアウト点を打ち(動画では、ショートカット「X」を使っています)、「上書き(ショートカット「.」でも可能です)」という方法も使えるかと思います。

 

2023-03-01 10-56-54.gif

GIF動画がループ再生されて分かりにくいかもしれませんが、挿入したいカラーバーをドラックして既存のクリップを上書きした後に操作を取り消しして、ソースウィンドウを用いる方法でやり直している様子の動画です。

 

この方法ですと、ソースモニター上で、あらかじめ挿入する映像の使いどころを決めてイン点を打って挿入する、といった方法も使えまして、これは一昔(ふた昔?)前のビデオテープで編集していた時代の標準的なやり方でもあります。

投票

翻訳

翻訳

レポート

レポート
コミュニティガイドライン
他のユーザーへの思いやりを持ち、敬意を払いましょう。コンテンツの出典を明記し、投稿する前に内容が重複していないか検索してください。 さらに詳しく
community guidelines
参加者 ,
Mar 05, 2023 Mar 05, 2023

リンクをクリップボードにコピー

コピー完了

ありがとうございます!

これが欲しかった…

動画がとてもわかりやすく、試してみたら簡単にできました!

いつもありがとうございます。

投票

翻訳

翻訳

レポート

レポート
コミュニティガイドライン
他のユーザーへの思いやりを持ち、敬意を払いましょう。コンテンツの出典を明記し、投稿する前に内容が重複していないか検索してください。 さらに詳しく
community guidelines