Welcome Dialog

コミュニティへようこそ。

まったく新しい外観になりました。ツアーに参加して、アドビサポートコミュニティの最新情報をご覧ください


PremierePro2022にて、早送りをするとタイムラインがフリーズし一時停止などが出来なくなる。

New Here ,
Nov 10, 2021 Nov 10, 2021

リンクをクリップボードにコピー

コピー完了

PremierePro2022にて、早送りをするとタイムラインがフリーズし一時停止などが出来なくなります。

この現象が起こると、どの操作をしても直後には再生が止まらず、ある程度再生されると止まります。

 

解決方法や、バグの情報がありましたら教えていただけると幸いです。

 

マシンスペック

iMac (Retina 5K, 27-inch, Late 2015)

3.2 GHz クアッドコアIntel Core i5

16 GB 1867 MHz DDR3

AMD Radeon R9 M390 2 GB

 

※Premiere Pro (us) から Premiere Proフォーラム (jp) に移動しました。[moderator]

キーワード
ハードウェアまたは GPU, フリーズまたはハング

表示

45

いいね

翻訳

翻訳

レポート

レポート
コミュニティガイドライン
他のユーザーへの思いやりを持ち、敬意を払いましょう。コンテンツの出典を明記し、投稿する前に内容が重複していないか検索してください。 さらに詳しく
community guidelines
Adobe Most Valuable Participants ,
Nov 11, 2021 Nov 11, 2021

リンクをクリップボードにコピー

コピー完了

お使いの素材と、ハードウェアデコードの有無で多少状況が変わるのではないかと思います。

 

たとえば、H.264 Long GOP(ALL-Intraといった記載のないタイプ)でハードウェアデコードが使用できない環境ですと、早送り・早戻しの処理(早くしている分処理量が増加します)が高負荷になり、レスポンスが悪くなります。

仮にハードウェアデコードが使用できても、Long GOPの素材はそういった現象が起きやすいです。

 

ProRes形式のプロキシを併用すると、改善されると思います。

 

プロキシワークフロー (https://helpx.adobe.com/jp/) 

いいね

翻訳

翻訳

レポート

レポート
コミュニティガイドライン
他のユーザーへの思いやりを持ち、敬意を払いましょう。コンテンツの出典を明記し、投稿する前に内容が重複していないか検索してください。 さらに詳しく
community guidelines
Adobe Most Valuable Participants ,
Nov 11, 2021 Nov 11, 2021

リンクをクリップボードにコピー

コピー完了

最新

バグや大きなトラブルとしては見たことないです。
ですがカクつくというのは使用されている素材やPCでスペックにより発生する可能性があります。
Ckunさんの内容と同じですが高圧縮ファイルはプロキシ作成や編集用形式に変換してから使用するほうが良いです。

年々Verが上がるごとにソフトから要求されるスペックも上がっているので、
以前から同じ素材で問題が発生していなかったとなると、その辺りも影響しているかもしれないです。

ただ、2022はリリース直後というのもあり、他にもトラブルの報告が多くあるので一概には言えないですが、
一旦は安定している過去Verで編集されるのをおすすめします。

いいね

翻訳

翻訳

レポート

レポート
コミュニティガイドライン
他のユーザーへの思いやりを持ち、敬意を払いましょう。コンテンツの出典を明記し、投稿する前に内容が重複していないか検索してください。 さらに詳しく
community guidelines