終了

Premire Proで書き出した動画をCompressorでDVDに焼く場合、適切な書き出し設定が知りたいです。

Community Beginner ,
Jun 08, 2022 Jun 08, 2022

リンクをクリップボードにコピー

コピー完了

Premireで作成した動画をCompressorでDVD(家庭用DVDプレイヤーで再生できる規格)に焼きます。

焼けるのですが、かなり画質が劣化してしまい困っています。

 

現在の設定

プリセット 高画質 2160p4K 

形式 H.264

 

どの書き出し設定が適切かご存知の方がいらっしゃいましたらご教示いただきたいです。

また、他のプロセッサーでおすすめがあれば教えてください。

キーワード
パフォーマンス , 書き出し

表示

610

翻訳

翻訳

レポート

レポート
コミュニティガイドライン
他のユーザーへの思いやりを持ち、敬意を払いましょう。コンテンツの出典を明記し、投稿する前に内容が重複していないか検索してください。 さらに詳しく
community guidelines
Community Expert ,
Jun 08, 2022 Jun 08, 2022

リンクをクリップボードにコピー

コピー完了

最新

お使いになられている素材の仕様も2160p という前提になりますが、2160pのフレームサイズ3840×2160に対して、DVD-VIDEOのフレームサイズは720×480ですので、ピクセル数を単純に比較しても1/24ですので画質は非常に劣ります。

 

HDや4Kの映像をDVDに焼く際の画質の劣化には、そのような画素数の差による劣化のほかに、元素材が高精細すぎて、映像中の模様(とくに細い横線)がちらつきやすいといったこともあります。

これを解消するには専門的な知識が必要なのでなかなか簡単には説明しにくいのですが、DVDへの書き込みが29.97fpsや23.976fpsのプログレッシブですと、最近のDVDプレーヤーでしたらちらつきの問題はあまりないのではないかと思います。

 

しかしながら、59.94fpsの素材でCompressorに渡しているなどしてインターレースのDVDにしている場合には、細かい部分のちらつきが出る可能性はあると思います。

 

というわけで、いまお困りの「画質が劣化する」という症状はDVDの規格上やむを得ないことであり、細かい横線のちらつきがあるということでしたら別の方法で軽減できるかもしれない(Premiere Pro側で720×480で書き出し、その際に垂直方向にわずかなブラーをかけるといった手法)、ということになります。

投票

翻訳

翻訳

レポート

レポート
コミュニティガイドライン
他のユーザーへの思いやりを持ち、敬意を払いましょう。コンテンツの出典を明記し、投稿する前に内容が重複していないか検索してください。 さらに詳しく
community guidelines