終了

Premireproのプレビューがカクツク

New Here ,
Nov 03, 2023 Nov 03, 2023

リンクをクリップボードにコピー

コピー完了

Premireproのプレビュー再生をするとカクツキます。

 

1年以上ぶりにPremireProにて動画編集をするのですが、

以前は4K編集でもプレビュー再生がカクツクことはなかったのが、

今は編集できないほどのカクツキが起こるようになり困っています。

他の投稿を拝見し、環境設定のメディアタブでデコーディング、エンコーディングの設定を変更したりもしましたが、効果がありません。

他に対処法として思いつくものがあればご教授頂けると幸いです。

 

PCスペック:

 ・CPU    12th Gen Intel(R) Core(TM) i7-12700KF 3.61 GHz

 ・CPUメモリ 32GB

 ・GPU    NVIDIA GeForce RTX 2060 SUPER

 ・GPUメモリ 8.0GB

 ・Windows10 HOME 22H2

キーワード
ハードウェアまたは GPU , パフォーマンス

表示

98

翻訳

翻訳

レポート

レポート
コミュニティガイドライン
他のユーザーへの思いやりを持ち、敬意を払いましょう。コンテンツの出典を明記し、投稿する前に内容が重複していないか検索してください。 さらに詳しく
community guidelines

correct answers 1 件の正解

Community Expert , Nov 03, 2023 Nov 03, 2023

こういったケースでは、「問題が起きていなかった時期に使用していた環境・素材の種類(サイズやフレームレート、コーデックなど)」と「問題が起きている現在の状況」との比較で、原因が見えてくることもあるのではないかなと思います。

 

例えば、1年前に使用していた問題のない4K素材は8bit(8bpc)のH.264でハードウエアでコードができていたり、ProResなど処理が軽いコーデックを使っていたけれども、現在使用している4K素材はそれらより重いコーデックである、といったことも考えられるかと思います。

 

添付画像を拝見しますと、ハードウェアの性能を生かしにくい設定になっているようです。

 

素材の種類(主にコーデック)にもよるのですが、まずはレンダラーを「CUDA」にしていただき、オーディオハードウェアの設定でデフォルト入力を「入力なし」にしてからお試しいただくといかがでしょうか。

(オーディオ入力の設定により再生が安定しないトラブルもしばしばございます。)

 

その後、ハードウェアによる高速デコードをONにしていただいて挙動をご確認いただきますと、適切な設定が見えてくるのではないかなと思い

...

投票

翻訳

翻訳
Community Expert ,
Nov 03, 2023 Nov 03, 2023

リンクをクリップボードにコピー

コピー完了

お早うございます、Masaru33367904vjl8 さん

 

まず、Premiere Proのバージョン(例;v23.0等)を教えて頂けますか。

 

①提示頂いたスクリーンショットの「プロジェクト設定」ウィンドウを見ますと、レンダラーが「Mercury Playback Engine - ソフトウェア処理」に設定されています。

この設定でプレビューするには、メニューの「シーケンス」→「ワークエリア全体をレンダリング」を選択してレンダリングをかけるとスムーズにプレビューできると思います。

また、レンダリングは「Enter」キーを押してもかけることができます。

 

②上記のレンダラーで、「Mercury Playback Engine - GPU 高速処理 (CUDA)」が候補にあると思いますので、設定してみてください。プレビューがスムーズになると思います。

投票

翻訳

翻訳

レポート

レポート
コミュニティガイドライン
他のユーザーへの思いやりを持ち、敬意を払いましょう。コンテンツの出典を明記し、投稿する前に内容が重複していないか検索してください。 さらに詳しく
community guidelines
New Here ,
Nov 03, 2023 Nov 03, 2023

リンクをクリップボードにコピー

コピー完了

おはようございます。

早々にご回答いただきありがとうございました。

 

結論から言うと、下記の回答者様の「オーディオハードウェアのデフォルト入力を入力なし」にすることで解決しました。

 

PremireProのVerはVer24.0です。

上記対応に加えてレンダラ―の方はソフトウェアからGPUに変更してしばらく作業をしてみたいと思います。

投票

翻訳

翻訳

レポート

レポート
コミュニティガイドライン
他のユーザーへの思いやりを持ち、敬意を払いましょう。コンテンツの出典を明記し、投稿する前に内容が重複していないか検索してください。 さらに詳しく
community guidelines
Community Expert ,
Nov 03, 2023 Nov 03, 2023

リンクをクリップボードにコピー

コピー完了

こういったケースでは、「問題が起きていなかった時期に使用していた環境・素材の種類(サイズやフレームレート、コーデックなど)」と「問題が起きている現在の状況」との比較で、原因が見えてくることもあるのではないかなと思います。

 

例えば、1年前に使用していた問題のない4K素材は8bit(8bpc)のH.264でハードウエアでコードができていたり、ProResなど処理が軽いコーデックを使っていたけれども、現在使用している4K素材はそれらより重いコーデックである、といったことも考えられるかと思います。

 

添付画像を拝見しますと、ハードウェアの性能を生かしにくい設定になっているようです。

 

素材の種類(主にコーデック)にもよるのですが、まずはレンダラーを「CUDA」にしていただき、オーディオハードウェアの設定でデフォルト入力を「入力なし」にしてからお試しいただくといかがでしょうか。

(オーディオ入力の設定により再生が安定しないトラブルもしばしばございます。)

 

その後、ハードウェアによる高速デコードをONにしていただいて挙動をご確認いただきますと、適切な設定が見えてくるのではないかなと思います。

 

なお、NVIDIAのドライバは、特別な意図が無い限りは「STUDIOドライバ」が適していますので、もしGame Ready ドライバーをお使いでしたら、STUDIOドライバーに入れ替えていただくと良いのではないかと思います。

投票

翻訳

翻訳

レポート

レポート
コミュニティガイドライン
他のユーザーへの思いやりを持ち、敬意を払いましょう。コンテンツの出典を明記し、投稿する前に内容が重複していないか検索してください。 さらに詳しく
community guidelines
New Here ,
Nov 03, 2023 Nov 03, 2023

リンクをクリップボードにコピー

コピー完了

おはようございます。

早々にご回答いただきありがとうございました。

 

結論から言うと、回答者様の「オーディオハードウェアのデフォルト入力を入力なし」を対応することで解決しました。

 

高速デコードの設定や、NVIDIAドライバについても対応してみましたので、しばらく様子を見ながら作業をしてみようと思います。

投票

翻訳

翻訳

レポート

レポート
コミュニティガイドライン
他のユーザーへの思いやりを持ち、敬意を払いましょう。コンテンツの出典を明記し、投稿する前に内容が重複していないか検索してください。 さらに詳しく
community guidelines
Community Expert ,
Nov 03, 2023 Nov 03, 2023

リンクをクリップボードにコピー

コピー完了

最新

無事解決なさったとのこと、ご返信ありがとうございました。

 

症状(実用に耐えないカクツキ)的に、オーディオハードウェア設定に起因する問題と矛盾が無いので、これで問題なく編集作業が続けられるかと思います。

投票

翻訳

翻訳

レポート

レポート
コミュニティガイドライン
他のユーザーへの思いやりを持ち、敬意を払いましょう。コンテンツの出典を明記し、投稿する前に内容が重複していないか検索してください。 さらに詳しく
community guidelines