終了
ロック済み

Welcome to Premiere Pro 24.0! | 2023年10月アップデート(24.0)

アドビスタッフ ,
Oct 15, 2023 Oct 15, 2023

リンクをクリップボードにコピー

コピー完了

Pr-MAX-2023.gif

☆本稿は、Welcome to Premiere Pro 24.0!の翻訳です。

 

Update Icon.png

Welcome to Premiere Pro 24.0!

Premiere Pro 10月リリースへようこそ!Premiere Pro 24.0がCreative Cloudのデスクトップアプリから利用できるようになりました。

 

 

 

編集とワークフロー
10月にリリースされたPremiere Pro(バージョン24.0)は、これまで以上に高速で信頼性の高いものとなりました。5倍速くなったタイムラインパフォーマンス、新しいテキストベース編集機能、より簡単で一貫性のあるカラー、その他数多くのワークフローの強化が特徴です。

 

Premiere Proのアップデートのベストプラクティスをご参照ください。

 

新機能は以下の通りです:

 

 

whats-new-beta-oct.jpg.img.jpg

タイムライン描画が 5 倍高速 新しい高性能タイムライン描画は、よりインタラクティブでレスポンシブが高く、非常にスムーズな編集とトリミングが可能です。

 

 

 

whats-new-pr-rough-cuts.jpg.img.jpg新しいテキストベースの編集機能

ワンクリックですべての一時停止を削除し、マルチチャンネルオーディオファイルを操作し、文字起こし表示をより細かく制御できるようになりました。

 

Delete all.png.img.png

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

color-whats-new-beta-oct-color.jpg.img.jpgカラー設定

カラー設定では、多くのカラーが 1 つのタブに表示されるので、迅速かつ簡単に変更を行って結果を表示できます。

 

 

Color Workspace.png

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

whats-new-beta-oct-audio-tagging.jpg.img.jpgオーディオの自動タグ付け

 

オーディオファイルにダイアログ音楽SFXアンビエンスのタグを自動的に付けると、エッセンシャルサウンドパネルにコントロールが表示され、プロフェッショナルなサウンドを作成するための最も関連性の高いツールにすばやくアクセスできるようにします。

 

Audio Tagging.png

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

whats-new-beta-oct-video-effects-manager.jpg

エフェクトマネージャー

互換性のないプラグインを迅速に特定、トラブルシューティングし、無効にしてシステムの安定性を向上させ、より早く操作に戻ることができます。

 

For clips, presets assigned to custom destinations are shared across all clips.For clips, presets assigned to custom destinations are shared across all clips.

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

whats-new-beta-oct-project-template-fast-setup.jpg

迅速な設定のためのプロジェクトテンプレート

プロジェクトをテンプレートとして保存すると、既に整理されたビン、シーケンスまたはアセットを使用して作業を開始できます。

 

 

Screenshot 2023-09-25 at 12.44.54 PM.png

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

リカバリモードを使用したプロジェクトの復元whats-new-beta-oct-recovery-mode.jpg.img.jpg

Premiere Pro が予期せず終了した場合に、開いているプロジェクトの最後に保存した状態の回復や復元が簡単にできるようになりました。

 

A restoration pop-up lets you easily Reopen all projects in their previous state.A restoration pop-up lets you easily Reopen all projects in their previous state.

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

書き出しモードでのカスタム宛先の保持whats-new-beta-oct-destination-export-mode.jpg

 

書き出しモードでは、任意の プロジェクト内のすべてのクリップとシーケンスに対して、1 つのカスタム宛先設定を追加、編集、保持できます。

このアップデートはすべてのユーザーにお勧めします。

 

インテル・ディスクリート・グラフィックス・カードにおけるHEVCおよびH264ハードウェア・アクセラレーションを新たにサポート

Premiere Proは、Intel Discrete Graphics (Intel Arc)カード上のH264/HEVCファイルのH/Wデコードおよびエンコードをサポートし、アプリのパフォーマンスをさらに向上させます。インテルハードウェアでサポートされるメディア機能の詳細については、こちらをご覧ください。

WindowsにおけるR3Dのハードウェアアクセラレーション

最新の改良の一環として、Windows上でREDのR3D rawフォーマット用のGPUハードウェアデコードアクセラレーションを追加しました(macOS用のGPUアクセラレーションはすでに出荷済みです)。GPUサポートは、6GB以上のGPUメモリを搭載したNVIDIAおよびAMD GPUで動作します。

 

SRTサポート

SRT.png

セキュアリライアブルトランスポート(SRT)は、UDPをベースとしたビデオストリーミングプロトコルであり、Premiere Proから様々な視聴者にビデオおよびオーディオの情報パケットをストリーミングすることができます。

 

SRTプロトコルは、Premiere Proと視聴クライアント間のハンドシェイクを含む。有効なハンドシェイクが確立されると、ビデオはPremiere Proから視聴クライアントに送信されます。有効なSRT接続は、3つの異なるモードを使用して行うことができます。

 

テープベースのワークフローを無効にする

Premiere Proからテープベースのワークフローのサポートが終了しました。ビデオコンテンツのアーカイブにテープを使用するユーザーもまだいらっしゃいますが、業界はオールデジタルワークフローに移行しており、メディアアセット管理、クラウドワークフロー、そして一般的な制作の合理化にメリットがあります。

 

迅速なヘルプとフィードバック

Premiere Proで「ヘルプ」または「フィードバックを提供」を選択すると、Adobeサポートコミュニティフォーラムにジャンプします。

 

 

もし何か問題が発生した場合は、ここに書き込むのではなく、新しい投稿を作成してください。バグやご意見がある場合は、フォーラムにバグのラベルをつけてお願いします。

 

Adobe Premiere Pro 24.0の新機能一覧はこちらから。

 

Premiere Proベータ版

Premiere Pro Betaの最新機能やディスカッションについては、こちらのベータ版のフォーラムをご覧ください。

 

Premiere Pro 機能の概要(2023年10月リリース)

Premiere Pro の新機能

Premiere Pro の修正済みの問題

Premiere Pro における既知の問題

 

キーワード
FAQ , 操作方法・手順

表示

557

翻訳

翻訳

レポート

レポート
コミュニティガイドライン
他のユーザーへの思いやりを持ち、敬意を払いましょう。コンテンツの出典を明記し、投稿する前に内容が重複していないか検索してください。 さらに詳しく
community guidelines