ロック済み

アドビサポートフォーラムに返信する方法(暫定)(日本、japan)20191024

Adobe Community Professional ,
Oct 23, 2019 Oct 23, 2019

リンクをクリップボードにコピー

コピー完了

※2020/06/02 日本語コミュニティローンチに伴い、正式にヘルプ文書が作成されました。

こちらも参照ください。あわせてこちらの投稿はロックさせて頂きます。

『アドビサポートコミュニティ』に質問/トピックを投稿する方法

※エディタの詳細な操作方法については、本投稿がお役に立てるかと思います。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

コミュニティでの返信方法について説明します。

(言うまでもないと思いますが)返信とは

・返事の手紙。(広辞苑 第七版)

・通信手段によって返事をすること。また、その返事。(明鏡国語辞典 第二版より)

→上記を踏まえると、アドビサポートフォーラムにおける返信とは、投稿に対する返事をすることです。

 

※編集画面は共通なのであとで説明します。

  1. 返信の方法① 大元の投稿に対する返信(推奨)
    →最初の投稿の返信ボタンをクリックして返信する。
    image.png
    赤丸の方の「返信」ボタンを押します。
    時系列を追って行きやすいということから、欧米のフォーラムメンバーの中ではこの方法をあえて
    推奨している方もいます。
  2. 返信の方法② 返信に対して返信する(非推奨)
    image.png
    上の赤丸の返信ボタンを押して出来た返信が赤枠の返信です。上の投稿にぶら下がっている形となるため、
    下の白背景の投稿に割り入るような感じとなります。関連性がわかりやすくなるのですが、
    投稿の順番はくずれてしまうため追いかけにくくなりがちという欠点があります。

 

エディタの使い方

アドビサポートフォーラムに投稿する方法(暫定)(日本、japan)

と重複する部分がありますが、より詳しく説明していきます。

返信ボタンをクリックすると、下のようなエディタ画面が起動します。

image.png

エディタ上部にあるボタンの主な機能は、以下のようになっています。

image.png

画像を貼り付けるときはいくつかの方法があります。

①エディタ上へ画像をドラッグ&ドロップする

②画像をクリップボードへコピーしておき、エディタ上でペースト

③「写真を挿入」ボタンをクリック

③の手順を詳しく説明すると、「写真を挿入」ボタンをクリックするとこのような画面が出てきますので、

この枠の中で操作します。画像ファイルを選択するか、コピペも可能です。

コピペの場合は灰色の部分をクリックしてからペーストするとアップロードされます。

(フォーラムのリリース当初は①、②、③すべての方法で貼り付けできたのですが、ある時期から③の方法でしか画像を貼り付けできなくなってしまいましたが、2020/04/13のフォーラムアップデートの頃から復旧したようです。しかし依然出来ないという声もあるようですのでその場合は引き続き③の手順をご利用ください)

image.png

右上の「プレビュー」は、クリックすると実際に投稿されたイメージが確認出来ますので便利です。

image.png

image.png

プレビュー画面です。プレビューを確認して編集が必要になったときは右上の「プレビューを終了」をクリックすればエディタ画面へ戻って再編集可能です。右下の「キャンセル」を押してもエディタには戻らず、投稿自体が取り消されてしまいますのでご注意ください!

投稿するときは右下にある青色の「投稿」を押してください。

 

たまに投稿時にエラーが出てしまって投稿出来ない事があります。

そんなときはこちらの投稿を参照ください。

 返信の投稿時のエラー 

※これ以降は未完成のため、今後追記していきます。

(少し長くなってしまったので小技集は別投稿します。)

アドビサポートフォーラム小技集(暫定)(日本、japan)20191025

#nihon
※2020/06/03 入れ子の返信(ネスティング)非推奨を追記


TkfY(ACP),JAPAN
キーワード
CC に関する FAQ , Creative Cloud , アクティベーション , インストール , 新規ユーザー

表示

429

いいね

翻訳

翻訳

レポート

レポート
コミュニティガイドライン
他のユーザーへの思いやりを持ち、敬意を払いましょう。コンテンツの出典を明記し、投稿する前に内容が重複していないか検索してください。 さらに詳しく
community guidelines