Welcome Dialog

コミュニティへようこそ。

まったく新しい外観になりました。ツアーに参加して、アドビサポートコミュニティの最新情報をご覧ください


プロジェクト設定のレンダラーが変更できない

New Here ,
Aug 21, 2021 Aug 21, 2021

リンクをクリップボードにコピー

コピー完了

【環境】

・MacBook Air (M1, 2020) バージョン 11.5.2

・Premiere Pro v15.4.1

 

プロジェクト設定 > ビデオレンダリングおよび再生 > レンダラー & プレビューキャッシュが選択できません。

※添付画像参照↓

スクリーンショット 2021-08-22 10.58.03.png

 

これにはどういった原因が考えられますでしょうか?

調べて見ましたが、しっかりした回答が発見できませんでした。

 

全くの初心者で申し訳ないですが、ご回答いただけると幸いです。

 

キーワード
FAQ, エラーまたは問題, ハードウェアまたは GPU, パフォーマンス, ユーザーインターフェイスまたはワークスペース, 手順

表示

2.5K

いいね

翻訳

翻訳

レポート

レポート
コミュニティガイドライン
他のユーザーへの思いやりを持ち、敬意を払いましょう。コンテンツの出典を明記し、投稿する前に内容が重複していないか検索してください。 さらに詳しく
community guidelines

correct answers 1 件の正解

Adobe Most Valuable Participants , Aug 21, 2021 Aug 21, 2021
その表示は、M1 Macにネイティブに対応しいてる2021を開いたときの状態です。 2021は、Intel macで動作するIntel版も一緒にインストールされているので、Finderの情報パネルでRosettaで開くように設定を変更すればM1 MacでもIntel版を開くことができます。 Intel版では、下図のようにソフトウェア処理も選択できます。 おそらくIntel版は、GPUにAMD・NVIDIA・intelのいずれかが搭載されている古いMacにも対応させるため、GPUの互換性に問題が起きたときの対処として「ソフトウェア処理」が用意されているのだと思います。 M1 Macは、Appleが設計したGPUのみしか使用されていない為、ネイティブ対応版には互換性の問題が無いので、選択できないようにグレーアウトしているものと思います。 なお、ネイティブ版は、まだ最適化されていない機能があるため、Intel版に比べてエフェクトが少なくなっています。 それと、プラグインもネイティブ対応していない場合は、Intel版でのみ動作します。

いいね

翻訳

翻訳
Adobe Most Valuable Participants ,
Aug 21, 2021 Aug 21, 2021

リンクをクリップボードにコピー

コピー完了

プレビューキャッシュ(GPUメモリをキャッシュとして使う機能)については、使用できないハードウェア環境では選択できないようなので、おそらくM1 Macでは使用できないので選択できないということではないかと思います。

 

レンダラーについては私はM1 Macを持っておらず確認できないのですが、Metalは一番良い選択肢なのでM1ネイティブ環境ではそれ一択、ということかもしれません。この辺は、M1 Macをお使いの方からの返信いただけると確実ですね。

M1(ARM)ネイティブではなく、Rosetta 2経由だとソフトウェア処理が選べるようになるかもしれません。

Apple シリコン用 Premiere Pro 

 

レンダラーを変更しなくてはならなくなった理由(何かうまく動作しないエフェクトや不具合が起きているなど)があれば、その内容をお書き添えいただくと、より的確な返信がつきやすくなるのではないかと思います。

いいね

翻訳

翻訳

レポート

レポート
コミュニティガイドライン
他のユーザーへの思いやりを持ち、敬意を払いましょう。コンテンツの出典を明記し、投稿する前に内容が重複していないか検索してください。 さらに詳しく
community guidelines
New Here ,
Aug 21, 2021 Aug 21, 2021

リンクをクリップボードにコピー

コピー完了

ご回答いただきありがとうございます。

 

レンダラーを変更しなくてはならない理由は別の質問に分けさせていただきました。

下記参照↓↓

https://community.adobe.com/t5/premiere-pro%E3%83%95%E3%82%A9%E3%83%BC%E3%83%A9%E3%83%A0/%E3%83%97%E...

 

プログラムモニターでの色がおかしいと思い、色々調べると、

レンダラーを変更すると解決するという意見がいくつかあったので、

今回の質問に至りました。

 

レンダラーを変更したいというよりかは、「プログラムモニターの表示色の問題を解決したい。」

と言った方が正しいかと思います。

 

お手数ですが、ご確認いただけますと幸いです。

いいね

翻訳

翻訳

レポート

レポート
コミュニティガイドライン
他のユーザーへの思いやりを持ち、敬意を払いましょう。コンテンツの出典を明記し、投稿する前に内容が重複していないか検索してください。 さらに詳しく
community guidelines
Adobe Most Valuable Participants ,
Aug 21, 2021 Aug 21, 2021

リンクをクリップボードにコピー

コピー完了

もう一つのご投稿の方にも、さきほど返信いたしました。

いいね

翻訳

翻訳

レポート

レポート
コミュニティガイドライン
他のユーザーへの思いやりを持ち、敬意を払いましょう。コンテンツの出典を明記し、投稿する前に内容が重複していないか検索してください。 さらに詳しく
community guidelines
Adobe Most Valuable Participants ,
Aug 21, 2021 Aug 21, 2021

リンクをクリップボードにコピー

コピー完了

最新

その表示は、M1 Macにネイティブに対応しいてる2021を開いたときの状態です。
2021は、Intel macで動作するIntel版も一緒にインストールされているので、Finderの情報パネルでRosettaで開くように設定を変更すればM1 MacでもIntel版を開くことができます。

Intel版では、下図のようにソフトウェア処理も選択できます。

pp101.jpg

 

おそらくIntel版は、GPUにAMD・NVIDIA・intelのいずれかが搭載されている古いMacにも対応させるため、GPUの互換性に問題が起きたときの対処として「ソフトウェア処理」が用意されているのだと思います。

 

M1 Macは、Appleが設計したGPUのみしか使用されていない為、ネイティブ対応版には互換性の問題が無いので、選択できないようにグレーアウトしているものと思います。

 

なお、ネイティブ版は、まだ最適化されていない機能があるため、Intel版に比べてエフェクトが少なくなっています。

それと、プラグインもネイティブ対応していない場合は、Intel版でのみ動作します。

いいね

翻訳

翻訳

レポート

レポート
コミュニティガイドライン
他のユーザーへの思いやりを持ち、敬意を払いましょう。コンテンツの出典を明記し、投稿する前に内容が重複していないか検索してください。 さらに詳しく
community guidelines