Welcome Dialog

コミュニティへようこそ。

まったく新しい外観になりました。ツアーに参加して、アドビサポートコミュニティの最新情報をご覧ください


ライセンス管理について

New Here ,
Sep 11, 2018 Sep 11, 2018

リンクをクリップボードにコピー

コピー完了

お客様にAdobe Acrobat standard 2017 永続ライセンスを購入頂いたのですが、

『ライセンス管理』ので以下の事項が出来ないのかと

質問がありました。


 1.使用しているライセンス数(上限までどのくらいか通知が出来ないか)

 2.インストールしているPCが分かれば良いが出来ないか?。

 3.ライセンス上限前の通知(保有数を超える前にアラートなど)

 4.製品登録をしたいが、シリアル番号を入力しても登録できない。

※個人情報が記載されていたため該当箇所を削除いたしました。

こちらは誰でも閲覧できる掲示板です。個人情報は書き込まないようお願いいたします。(フォーラム管理者)

キーワード
操作方法、機能の確認

表示

314

いいね

翻訳

翻訳

レポート

レポート
コミュニティガイドライン
他のユーザーへの思いやりを持ち、敬意を払いましょう。コンテンツの出典を明記し、投稿する前に内容が重複していないか検索してください。 さらに詳しく
community guidelines
Adobe Most Valuable Participants ,
Sep 11, 2018 Sep 11, 2018

リンクをクリップボードにコピー

コピー完了

CLP/TLPだと如何になると思われます。

1:通知はでない

2:インストールPCはAdobeとして確認ツールがない

3:上記と同様

4:すいません、不明です。おそらくできたとしても個別IDに登録することによる入れ替え時やID紛失時での弊害が出てきそうです

ただ上記の事であれば一部サブスクリプションであれば実施可能

1:管理画面があるため現在使用数の確認が可能

2:不可、確認する手段がない

3:使用時にはライセンスを割り当てるという作業が必要なのでその際に判明できる

4:シリアルという概念がないので、期間契約という扱いになる

またインストールPCの確認はほとんどの場合で資産管理ツールなどで実施されることが多いようです。

いいね

翻訳

翻訳

レポート

レポート
コミュニティガイドライン
他のユーザーへの思いやりを持ち、敬意を払いましょう。コンテンツの出典を明記し、投稿する前に内容が重複していないか検索してください。 さらに詳しく
community guidelines
Adobe Community Professional ,
Sep 12, 2018 Sep 12, 2018

リンクをクリップボードにコピー

コピー完了

最新

CLP/TLPにおいて、1-3についてはUY320さんの仰る通りになります。

永続版のインストール管理についてはユーザーに依存して対応するしかないのが実際のところです。

TLP/CLPでもユーザーベースで考えると2デバイスまでの認証はできるので(同時起動は不可)、

利用シーンに合わせてユーザー側でコントロールを依頼するなどしかありません。

あとはUY320さんの仰るように、資産管理ツールでのチェックしかないところです。

4についてですが、CLP/TLPはLicensing Web Siteでのライセンス管理になっているので、

個々のユーザーが製品登録をしなくてもいいですし、行うこともできません。

もしDocument Cloudを使わず、Adobe IDの入力が不要だったりする場合は、

Customization Wizardを使って処理済みのカスタムインストーラーを作ることも可能にはなっています。

(ただしこの点はユーザー等が独自に対応することが前提にはなってきます)

Customization Wizard DCでのパッケージ作成方法

いいね

翻訳

翻訳

レポート

レポート
コミュニティガイドライン
他のユーザーへの思いやりを持ち、敬意を払いましょう。コンテンツの出典を明記し、投稿する前に内容が重複していないか検索してください。 さらに詳しく
community guidelines