Acrobat 8 Standard版とProfessional 版の差異の詳細について

New Here ,
Feb 18, 2021 Feb 18, 2021

リンクをクリップボードにコピー

コピー完了

Acrobat 8 Standard版かProfessional 版のどちらかの購入を検討しております。

欲しい機能は、「プロパティ」の設定として「開き方」を設定できることです。

 

本件に関連するページとして以下のリンクがあります。

https://helpx.adobe.com/jp/acrobat/using/pdf-properties-metadata.html

 

質問①

こちらのページの右上には「対象アプリケーション: Adobe Acrobat 2017, Adobe Acrobat DC」とありますが、Acrobat 8 Standard版やProfessional版には存在しない機能なのでしょうか? 機能が存在する場合、何故「対象アプリケーション」にラインアップされていないのでしょうか。また以下のページにおいてどの項目がそれを示しているのでしょうか?

https://helpx.adobe.com/jp/acrobat/kb/6027.html

 

質問②

同ページの「文書のプロパティ」の項目には「開き方(Acrobat のみ)」と表示された箇所があります。「対象アプリケーション: Adobe Acrobat 2017, Adobe Acrobat DC」と定義されたページにおいて(Acrobat のみ)とは何を示しているのでしょうか。

 

質問③

「プロパティ」の設定として「開き方」を設定できる、かつ現在販売している商品を教えてください。

キーワード
PDF の編集と変換, アップデートのインストールと Acrobat の購入

表示

95

いいね

翻訳

翻訳

レポート

レポート
コミュニティガイドライン
他のユーザーへの思いやりを持ち、敬意を払いましょう。コンテンツの出典を明記し、投稿する前に内容が重複していないか検索してください。 さらに詳しく
community guidelines

correct answers 1 件の正解

Adobe Most Valuable Participants , Feb 18, 2021 Feb 18, 2021
①は,存在する機能もあるし,存在しない機能もあるとしかいえません。Acrobat 8 のように販売・サポートの終了したバージョンの機能について現行版の公式ヘルプ等の中で触れることはないと思います。 ②の「Acrobatのみ」「Acrobat」などの但し書きは,無償供与のAcrobat Readerではない,有償のAcrobat製品を指すことがほとんどです。「Pro」「Acrobat Pro」と書かれている場合は,言葉通りPro版のみを指しています。 Acrobat製品は正式名称(名前の付け方)がわかりにくいのですが,現在購入可能なのは,サブスクリプション版の「Acrobat Pro DC」と,永続版(買い切り版)の「Acrobat Pro 2020」の2種類だと考えてよいと思います。Windows版に限っては機能制限のある廉価版の「Standard」がそれぞれに存在しています。 ③の文書プロパティの編集はPro版だけでなく,Std版でも可能だったように思います。  

いいね

翻訳

翻訳
Adobe Most Valuable Participants ,
Feb 18, 2021 Feb 18, 2021

リンクをクリップボードにコピー

コピー完了

①は,存在する機能もあるし,存在しない機能もあるとしかいえません。Acrobat 8 のように販売・サポートの終了したバージョンの機能について現行版の公式ヘルプ等の中で触れることはないと思います。

 

②の「Acrobatのみ」「Acrobat」などの但し書きは,無償供与のAcrobat Readerではない,有償のAcrobat製品を指すことがほとんどです。「Pro」「Acrobat Pro」と書かれている場合は,言葉通りPro版のみを指しています。

 

Acrobat製品は正式名称(名前の付け方)がわかりにくいのですが,現在購入可能なのは,サブスクリプション版の「Acrobat Pro DC」と,永続版(買い切り版)の「Acrobat Pro 2020」の2種類だと考えてよいと思います。Windows版に限っては機能制限のある廉価版の「Standard」がそれぞれに存在しています。

 

③の文書プロパティの編集はPro版だけでなく,Std版でも可能だったように思います。

 

 
katayanagi, JPN

いいね

翻訳

翻訳

レポート

レポート
コミュニティガイドライン
他のユーザーへの思いやりを持ち、敬意を払いましょう。コンテンツの出典を明記し、投稿する前に内容が重複していないか検索してください。 さらに詳しく
community guidelines
Adobe Most Valuable Participants ,
Feb 19, 2021 Feb 19, 2021

リンクをクリップボードにコピー

コピー完了

Acrobat 8のマニュアルは以下のアーカイブページにありますので、それを読めば機能を調べることができます。

https://helpx.adobe.com/jp/acrobat/archive.html

 

しかし、Acrobat 8については、2011年11月3日にサポートが終了している古い製品です(当然販売もされていません)。

https://helpx.adobe.com/jp/support/programs/eol-matrix.html

 

もし仮に何らかの方法で製品版を入手できたとしても、Adobeのアクティベーション(ライセンス認証)サーバーが停止しているため、使うことはできません。

いいね

翻訳

翻訳

レポート

レポート
コミュニティガイドライン
他のユーザーへの思いやりを持ち、敬意を払いましょう。コンテンツの出典を明記し、投稿する前に内容が重複していないか検索してください。 さらに詳しく
community guidelines
Adobe Community Professional ,
Feb 19, 2021 Feb 19, 2021

リンクをクリップボードにコピー

コピー完了

現時点でサポート終了製品が新規で販売していること自体があり得ない話です。

またOmachiさんのご指摘を別としても、他人の利用していた製品であれば譲渡手続きが必須です。

https://helpx.adobe.com/jp/x-productkb/policy-pricing/transfer-product-license.html

 

敢えて古い製品を入手すること自体、多大なリスクがあることを前提にしなければなりません。

素直に現行製品を適正な購入先より入手するべきでしょう。

いいね

翻訳

翻訳

レポート

レポート
コミュニティガイドライン
他のユーザーへの思いやりを持ち、敬意を払いましょう。コンテンツの出典を明記し、投稿する前に内容が重複していないか検索してください。 さらに詳しく
community guidelines
New Here ,
Feb 21, 2021 Feb 21, 2021

リンクをクリップボードにコピー

コピー完了

ご指摘ありがとうございます。 

おっしゃる通りでございます。

私の質問に至らない点があったことをお詫びいたします。

質問の背景を示します。

現在会社のPCにはAcrobat XI Proがインストールされているのですが、

サポートが終了するとのことで、次の物を検討してほしいとの依頼が会社より上司の元にありました。

その上司より、私の元にそもそもAcrobatは必要なのか、Pro版でなく、Std版ではダメなのか、

Pro版とStd版の差異を示すサイトとして送られてきたのが、以下でした。

https://helpx.adobe.com/jp/acrobat/kb/6027.html

このサイトを見て、会社が提示するものがAcrobat8であると判断して、本フォーラムで質問した次第です。

しかし、現在では絶対にAcrobat8ではないと確信しました。 

皆様には大変ご迷惑をお掛けして大変申し訳ございませんでした。

いいね

翻訳

翻訳

レポート

レポート
コミュニティガイドライン
他のユーザーへの思いやりを持ち、敬意を払いましょう。コンテンツの出典を明記し、投稿する前に内容が重複していないか検索してください。 さらに詳しく
community guidelines
Adobe Community Professional ,
Feb 22, 2021 Feb 22, 2021

リンクをクリップボードにコピー

コピー完了

最新

Acrobat XIは2017年10月にセキュリティサポートは終了しているので、すでに数年経過している状態です。

現時点で、永続版としては2020のみ販売で、2017以下は販売自体も終了している、のが実際です。

またはサブスクリプション版のAcrobat DCかのいずれかになります。

 

なお企業導入であれば、代理店経由になることもあるので、そちらに相談される方法もあると思います。

またAdobeからの直接購入であれば、法人用見積もり窓口があるので、機能面も含めて相談する方法も考えることができます。

https://helpx.adobe.com/jp/x-productkb/policy-pricing/how-to-buying.html

 

ちなみにAcrobat 2020は2025年6月1日でサポート終了する、ということは念頭に置いておきましょう。

これからでいえば、4年3か月に対する費用支払いと次の買い替えを、DCサブスクリプションと比較することになります。

いいね

翻訳

翻訳

レポート

レポート
コミュニティガイドライン
他のユーザーへの思いやりを持ち、敬意を払いましょう。コンテンツの出典を明記し、投稿する前に内容が重複していないか検索してください。 さらに詳しく
community guidelines