書き出しを行うと一部分画質が悪くなる

New Here ,
Sep 23, 2021 Sep 23, 2021

リンクをクリップボードにコピー

コピー完了

書き出しを行うと必ず一部分だけ画質が悪化する箇所があります。

 

画質が悪化する箇所は

画像に調整レイヤーを利用して移動経路を表示させているところと

その次に繋がる動画の冒頭部分です。

 

自身でも色々と試してみましたが

どうしても改善されません。

 

具体的な原因と解決方法をご教授頂けると助かります。

よろしくお願いします。

 

(下記ご参照ください)

 

【00:36】まだ正常な画質です

スクリーンショット 2021-09-23 16.15.40.png

 

【00:39】画質が荒れてきました

スクリーンショット 2021-09-23 16.15.58.png

 

【00:40】動画の半分が白黒に

スクリーンショット 2021-09-23 16.16.12.png

 

【00:41】更に悪化

スクリーンショット 2021-09-23 16.16.26.png

 

【00:44】次の動画部分冒頭にも影響が

スクリーンショット 2021-09-23 16.16.49.png

 

【動画】goproで撮影した動画をYoutube用に編集してアップロードする予定でした。

【試してみたこと】

動画自体が重いのかと思い、この症状が起きる部分だけを残して書き出しを行ったところ

画質が悪くなりませんでした。(元は10分程度の動画、試してみたのは1分くらいの動画)

 

【OS】 Mac Catalina 10.15.7

【CPU】2.3 GHz クアッドコアIntel Core i5

【実装メモリ(RAM)】16 GB 2133 MHz LPDDR3

【GPU】Macintosh HD

【Premiere Pro バージョン】15.4.1

【コマ落ちを確認した方法】

Quick Time Playerで画質悪化を確認しました。

Premiere Proで読み込みコマ送りして確認したところ特に悪化していないことを確認。

【シーケンス設定】

スクリーンショット 2021-09-23 16.32.12.png

 

【書き出し設定】

スクリーンショット 2021-09-23 16.35.23.png

キーワード
書き出し

表示

197

いいね

翻訳

翻訳

レポート

レポート
コミュニティガイドライン
他のユーザーへの思いやりを持ち、敬意を払いましょう。コンテンツの出典を明記し、投稿する前に内容が重複していないか検索してください。 さらに詳しく
community guidelines

correct answers 1 件の正解

Adobe Most Valuable Participants , Sep 23, 2021 Sep 23, 2021
ひとつ確認ですが、 >【コマ落ちを確認した方法】 >Quick Time Playerで画質悪化を確認しました。 >Premiere Proで読み込みコマ送りして確認したところ特に悪化していないことを確認。 ということは、書き出したファイルを「QuickTime Player」で再生した時に症状は出るけれども、そのファイルをPremiere Proに読み込んで再生すると問題が無いという認識でよろしいでしょうか。 もしそうですと再生側の問題かもしれないので、可能でしたらVLCなどの再生ソフトでもお試しいただくといかがでしょうか。 また、書き出し設定を独自の設定になさっているようですので、一旦Premiere ProのプリセットにあるYouTube用設定で書き出してお試しいただくと変化はありませんでしょうか。 もしそれでも変化が無い場合、書き出し設定にてキーフレームの間隔にチェックを入れて「60」に設定することと、マルチプレクサーのストリームの互換性をiPodにして書き出すと、改善するかもしれません。

いいね

翻訳

翻訳
Adobe Most Valuable Participants ,
Sep 23, 2021 Sep 23, 2021

リンクをクリップボードにコピー

コピー完了

ひとつ確認ですが、

>【コマ落ちを確認した方法】

>Quick Time Playerで画質悪化を確認しました。

>Premiere Proで読み込みコマ送りして確認したところ特に悪化していないことを確認。

 

ということは、書き出したファイルを「QuickTime Player」で再生した時に症状は出るけれども、そのファイルをPremiere Proに読み込んで再生すると問題が無いという認識でよろしいでしょうか。

 

もしそうですと再生側の問題かもしれないので、可能でしたらVLCなどの再生ソフトでもお試しいただくといかがでしょうか。

 

また、書き出し設定を独自の設定になさっているようですので、一旦Premiere ProのプリセットにあるYouTube用設定で書き出してお試しいただくと変化はありませんでしょうか。

もしそれでも変化が無い場合、書き出し設定にてキーフレームの間隔にチェックを入れて「60」に設定することと、マルチプレクサーのストリームの互換性をiPodにして書き出すと、改善するかもしれません。

いいね

翻訳

翻訳

レポート

レポート
コミュニティガイドライン
他のユーザーへの思いやりを持ち、敬意を払いましょう。コンテンツの出典を明記し、投稿する前に内容が重複していないか検索してください。 さらに詳しく
community guidelines
New Here ,
Sep 23, 2021 Sep 23, 2021

リンクをクリップボードにコピー

コピー完了

ご回答ありがとうございます。

ご指摘頂いた点を再度確認したところ

書き出し設定に問題があった様です。

 

・ビットレートエンコーディング VBR,1パス

・ターゲットビットレート 16

・エンコード設定 ハードウェア

 

に変更したことで、解消されました。

 

エンコード設定はソフトウェアの方が良いと思っていたのですが

負荷が重すぎたのでしょうか。。。。

 

ありがとうございました!

いいね

翻訳

翻訳

レポート

レポート
コミュニティガイドライン
他のユーザーへの思いやりを持ち、敬意を払いましょう。コンテンツの出典を明記し、投稿する前に内容が重複していないか検索してください。 さらに詳しく
community guidelines
Adobe Most Valuable Participants ,
Sep 23, 2021 Sep 23, 2021

リンクをクリップボードにコピー

コピー完了

最新

>エンコード設定はソフトウェアの方が良いと思っていたのですが

>負荷が重すぎたのでしょうか。。。。

 

私も、書き出し速度が遅い以外はソフトウェアエンコードの方がトラブルが少ないと思っておりますので、仕事用の環境ではハードウェアデコード・エンコード共に使用しない設定にしております。

「負荷が重すぎ」という原因ではないと思います。

 

推測のひとつにすぎませんが、問題が起きていた設定ではターゲットビットレートが15Mbpsなのに対して最大ビットレートが40Mbpsでしたので、作品中の(コーデック的に)複雑な他の個所にビットレートを割かれて、地図や動きの少ない部分のビットレートが著しく低下しており、QuickTime Playerがその個所でデコードエラーを起こしていた、ということも考えられるかと思います。(該当箇所のみ書き出しの際に問題が無かったこととも矛盾しない推測です。)

 

エンコーダーの「癖」のようなものもありますので一筋縄ではゆかないこともあるのですが、ビットレートの組み合わせなどいくつか検証すると、原因がつかめるかもしれません。

しかし検証にはそれなりに手間がかかるので、特にこだわりや問題がございませんでしたら、プリセットを使って書き出して頂くのが無難ではないかと思います。

いいね

翻訳

翻訳

レポート

レポート
コミュニティガイドライン
他のユーザーへの思いやりを持ち、敬意を払いましょう。コンテンツの出典を明記し、投稿する前に内容が重複していないか検索してください。 さらに詳しく
community guidelines