終了

RGBからCMYKにカラーモードを変換するとCMYK値が変わる

New Here ,
Jan 24, 2024 Jan 24, 2024

リンクをクリップボードにコピー

コピー完了

イラレの「アピアランス」の塗りの色には、RGBとCMYKの両方が書かれています。

 

以下の画像は単純なRGB = #0081cc(C=100、M=30、Y=0、K=0)の単純な矩形です。

スクリーンショット 2024-01-25 13.51.57.png

 

「アピアランス」には数値が正しく書かれています。

 

スクリーンショット 2024-01-25 13.49.22.png

 

このデータのカラーモードをCMYK値に変換すると、C=100、M=30、Y=0、K=0にはならず、以下のように違う数値に置き換わってしまいます。RGBからCMYKに変換する際に、CMYKの数値を変えずに変換する方法はあるでしょうか。教えてくださると幸いです。

 

スクリーンショット 2024-01-25 13.49.43.png

 

キーワード
手順・操作方法

表示

293

翻訳

翻訳

レポート

レポート
コミュニティガイドライン
他のユーザーへの思いやりを持ち、敬意を払いましょう。コンテンツの出典を明記し、投稿する前に内容が重複していないか検索してください。 さらに詳しく
community guidelines

correct answers 1 件の正解

みんなのチャンピョン , Jan 25, 2024 Jan 25, 2024

>便宜的にCMYK値が記録され併記されている

 

記録はされていません。直前に触ったオブジェクトの数値が残っているだけです。

CMYKスライダが見えて使えるので勘違いしやすいポイントです。

 

>もしもうっかりカラーモードをCMYKからRGBに変換して、そのまま作業してしまった場合、同じ色合いのCMYKに復元することは難しいのでしょうか?

 

>つまり、「CMYK → RGB → CMYK」 と変換すればCMYK値が元に戻ると思っていましたが、これは誤った考えでしょうか?

 

不可能です。

 

RGBの方が色域が大きいということもありません。例えば、sRGBはCMYKに対し20%程度の色を再現できません。色域のカタチが違うからです。

 

前の投稿に示したURLに画像付きで説明していますが、一度読んでみていただけますか。

 

・RGBドキュメント上でのCMYK指定は「CMYKスライダで作った色に最も近いRGBを指定」することになる

・ドキュメントカラーモードをCMYKへ変換すると、RGBの色(数値は関係無く見えている色)をできるだけ固定したCMYK変換が行われる

※それらの変換は、カラー設定のプロファイルと、ドキュメント

...

投票

翻訳

翻訳
Community Expert ,
Jan 24, 2024 Jan 24, 2024

リンクをクリップボードにコピー

コピー完了

理屈をかんたんにいうと、RGBドキュメント上にCMYKオブジェクトは作成できないためです。

RGBドキュメント上のオブジェクトはすべてRGBオブジェクトです。(※)

CMYK値でカラーを指定したとしても、カラー設定に応じたRGB値として受け取られます。

それならそれでCMYK値で入力した瞬間に警告など出るといいのですが、そうはならない仕様となっています。

 

確認の仕方の一例として、

そのC100M30の長方形をコピーして、新規RGBドキュメントにペーストしてみてください。

ペースト後の長方形を選択して出るRGB値が元オブジェクトの本来のカラー値です。

 

CMYKモードに変換すると、カラー設定に応じた変換が行われます。

CMYKはカラースペースが異なるため、傾向としていくらか濁った方向に変わります。

カラーパネル上の値は、カラーモード変換後の(濁った)オブジェクトからあらためて読み取られたものが表示されます。

 

※ 24年ぐらい前のバージョン8.0まではRGBオブジェクトとCMYKオブジェクトの混在が可能でした。

 しかしそれは誰も得をしない仕様でした。

投票

翻訳

翻訳

レポート

レポート
コミュニティガイドライン
他のユーザーへの思いやりを持ち、敬意を払いましょう。コンテンツの出典を明記し、投稿する前に内容が重複していないか検索してください。 さらに詳しく
community guidelines
New Here ,
Jan 25, 2024 Jan 25, 2024

リンクをクリップボードにコピー

コピー完了

回答ありがとうございます。

便宜的にCMYK値が記録され併記されているけれど、実際にRGBオブジェクトがCMYK値を保持しているわけではないということですね。

 

また、初歩的な内容で恐縮ですが、RGBの方が色域が大きいため、CMYKからは可逆的に変換できると思っておりました。

つまり、「CMYK → RGB → CMYK」 と変換すればCMYK値が元に戻ると思っていましたが、これは誤った考えでしょうか?

投票

翻訳

翻訳

レポート

レポート
コミュニティガイドライン
他のユーザーへの思いやりを持ち、敬意を払いましょう。コンテンツの出典を明記し、投稿する前に内容が重複していないか検索してください。 さらに詳しく
community guidelines
みんなのチャンピョン ,
Jan 24, 2024 Jan 24, 2024

リンクをクリップボードにコピー

コピー完了

投票

翻訳

翻訳

レポート

レポート
コミュニティガイドライン
他のユーザーへの思いやりを持ち、敬意を払いましょう。コンテンツの出典を明記し、投稿する前に内容が重複していないか検索してください。 さらに詳しく
community guidelines
みんなのチャンピョン ,
Jan 24, 2024 Jan 24, 2024

リンクをクリップボードにコピー

コピー完了

ajabonさんの書いている通り、RGBドキュメント中で指定できるのはRGBのみです。

CMYKのスライダでの指定は、「CMYKのスライダを使ってRGBの色を指定する」ことになります。

上のリンクの解説も参考にして、下を確認してみてください。

 

そのドキュメント内でも確認できます。RGBドキュメント内のオブジェクトを、CMYKスライダで色指定します。

SS_Safari_20240125-162106.png

 

別のオブジェクトを作り、テキトウに色指定します。

SS_Adobe Illustrator 2024_20240125-162118.png

 

次に元のオブジェクトを触ると、CMYKスライダ上では色が違うことがわかります。

「CMYKスライダで指定したRGBカラー」から、「指定されたRGBカラーからCMYKに直したときの数値」に変換されているからです。

SS_Adobe Illustrator 2024_20240125-162127.png

 

 

繰り返しますがRGBドキュメントで指定できるのはRGBのみです。

CMYKドキュメントで指定できるのは、#eeffddのRGBではなくCMYK値のみです。

 

RGBドキュメントで表示されているCMYK値は、「RGBカラーを変換したらこうなる」というものに過ぎません。

Yamonov

投票

翻訳

翻訳

レポート

レポート
コミュニティガイドライン
他のユーザーへの思いやりを持ち、敬意を払いましょう。コンテンツの出典を明記し、投稿する前に内容が重複していないか検索してください。 さらに詳しく
community guidelines
New Here ,
Jan 25, 2024 Jan 25, 2024

リンクをクリップボードにコピー

コピー完了

回答ありがとうございます。

RGBカラーモードで表示されるCMYK値の意味は、その時に行なっている色の操作によっても変わるのですね。

 

もしもうっかりカラーモードをCMYKからRGBに変換して、そのまま作業してしまった場合、同じ色合いのCMYKに復元することは難しいのでしょうか?

投票

翻訳

翻訳

レポート

レポート
コミュニティガイドライン
他のユーザーへの思いやりを持ち、敬意を払いましょう。コンテンツの出典を明記し、投稿する前に内容が重複していないか検索してください。 さらに詳しく
community guidelines
みんなのチャンピョン ,
Jan 25, 2024 Jan 25, 2024

リンクをクリップボードにコピー

コピー完了

最新

>便宜的にCMYK値が記録され併記されている

 

記録はされていません。直前に触ったオブジェクトの数値が残っているだけです。

CMYKスライダが見えて使えるので勘違いしやすいポイントです。

 

>もしもうっかりカラーモードをCMYKからRGBに変換して、そのまま作業してしまった場合、同じ色合いのCMYKに復元することは難しいのでしょうか?

 

>つまり、「CMYK → RGB → CMYK」 と変換すればCMYK値が元に戻ると思っていましたが、これは誤った考えでしょうか?

 

不可能です。

 

RGBの方が色域が大きいということもありません。例えば、sRGBはCMYKに対し20%程度の色を再現できません。色域のカタチが違うからです。

 

前の投稿に示したURLに画像付きで説明していますが、一度読んでみていただけますか。

 

・RGBドキュメント上でのCMYK指定は「CMYKスライダで作った色に最も近いRGBを指定」することになる

・ドキュメントカラーモードをCMYKへ変換すると、RGBの色(数値は関係無く見えている色)をできるだけ固定したCMYK変換が行われる

※それらの変換は、カラー設定のプロファイルと、ドキュメントプロファイルが使われる。PhotoshopでCMYK/RGB変換したときと同じ。

 

・誤差もあり、またCMYKには色を構成するCMYに加えて、無彩色のKの要素がある。

同じ色でもCMYKの数値を違えて作ることもできる。完全互換には絶対にならない。

→例えば、K100オブジェクトのあるものをRGBに変換し、さらにCMYKに戻してもK100には戻りません。

 

上記の理由から、CMYKで使うドキュメントでは極力最初からCMYKドキュメントとしてCMYK値を指定するのが正道です。

 

 

Yamonov

投票

翻訳

翻訳

レポート

レポート
コミュニティガイドライン
他のユーザーへの思いやりを持ち、敬意を払いましょう。コンテンツの出典を明記し、投稿する前に内容が重複していないか検索してください。 さらに詳しく
community guidelines