終了

書き出し時にオリジナルの動画素材を上書きしてしまうバグ

Community Beginner ,
Oct 13, 2022 Oct 13, 2022

リンクをクリップボードにコピー

コピー完了

こんにちは。

Premiere Pro v22.6.2(最新版)を使用している者です。

 

以下の現象で2度ほど、数時間行った作業が水の泡になりました。今回2度目なので、我慢ならずフォーラムに投稿します。

 

【現象の説明】

Aという名前の動画を使用してPremiere Pro上で動画編集を行った。編集作業が終了したので、File->Export->Media, Presetを変更し、Exportをクリックした。

すると、「書き出しする動画の名前がAになっているから、名前を変更しろ」といった内容の警告が出たので、OKをクリック->なぜか書き出しが開始し、Aというオリジナルの動画への上書き出力が始まった。当然オリジナルを上書きしながら出力しているので、Aという動画は消滅し、Media Offlineと表示された動画のみが残った。

 

1度目も、書き出しの際に名前を指定し忘れて書き出しを行ってしまい、ゴミ(Media Offline)が出力されてしまったので、その後書き出しの際は、オリジナルの動画の名前Aとは異なる名前を指定するよう心掛けた(オリジナル動画の名前がAなら、出力する際はBと名前を付けるなど)が、今回再び指定し忘れ、デフォルトの名前のまま書き出しを行ってしまった。

 

【根本の問題点】

1点目、まず、Aという動画を取り込み動画編集をしそれを出力する際に、出力ファイル名がデフォルトでAになっていることが問題。mp4を編集しmp4を出力する場合、当然上書きされてしまう。これが仕様である場合、例えばデフォルトの出力名はUntitledなどとしておくべきである。仕様の変更を要求します。

 

2点目、仮に1点目の問題点が意図した仕様だったとしても、「同じ名前だから変更してね」という警告に対しOKを選択したらそのままオリジナル動画を破壊するように書き出しが開始してしまうのは間違いなくバグ。即刻エンジニアリングチームに修正依頼していただきたい。

例えばこれが「Aというファイルはすでに存在していますが、本当に上書きしてもよろしいですか?」という、Windowsでよく見るような警告で、OK, Noで選択させるのであれば問題ないのだが(いや、いづれにしてもオリジナル動画を上書きしながら出力するのであれば、その出力動画もMedia Offlineのゴミとなるので、そういった出力を絶対にしない仕様にすべきだが)、警告にはOKとX(閉じる)しかなかったと記憶している。しかも、OKを押しても書き出しが開始するようには到底思えない内容だった(私は警告文の内容を一言一句覚えていません。しかし、繰り返しだが、仮に警告文の内容が「上書きしますがよろしいですか?」だったとしても、それはMedia Offlineのゴミを出力するだけなので、ソフトの方でそんな選択肢を残すこと自体がおかしい)。

 

https://community.adobe.com/t5/premiere-pro-discussions/accidentally-overwrote-key-file/td-p/1158419...

 

上のリンクで

Usually, Premiere Pro won't overwrite any file used in the project you export from, but if for some reason it did (!), then you can't restore the original one because you overwrite it with another one

とあたかもPremiere Proは上書きをめったにしないかのように述べられているが、現状は書き出しの際に名前を指定し忘れただけで簡単に上書きをする。

 

日本語で調べても、私のほかにこのバグのせいでオリジナルの動画と作業時間(計10hほど)を溶かされた人が見つからないため、詳しく調査いただきたい。

 

よろしくお願いいたします。

キーワード
書き出し

表示

935

翻訳

翻訳

レポート

レポート
コミュニティガイドライン
他のユーザーへの思いやりを持ち、敬意を払いましょう。コンテンツの出典を明記し、投稿する前に内容が重複していないか検索してください。 さらに詳しく
community guidelines
Community Expert ,
Oct 13, 2022 Oct 13, 2022

リンクをクリップボードにコピー

コピー完了

こちらはユーザー同士の交流という意味合いが強いフォーラムなので、開発者への要望は「UserVoice」の方にご投稿いただくと良いのではないかと思います。

 

ヘルプメニューの「フィードバックを提供」からアクセスできます。

2022-10-14_101.png

 

※記載内容から英語版でご利用中かと思うのですが、私の手元の環境は日本語なので、日本語版の名称で書いております。

 

そのうえで、同じユーザーの立場としてご投稿内容を拝読いたしました。

 

>日本語で調べても、私のほかにこのバグのせいでオリジナルの動画と作業時間(計10hほど)を溶かされた人が見つからないため、

 

と、お書きの通り、いくつかの要因が重なった珍しい例ではないかと思います。

 

その要因とは、

 

1. (おそらく)シーケンスの作成の際、まっさらなシーケンスを作成する方法ではなく、「クリップに最適なシーケンス」を作成する方法をお使いになっていて、かつシーケンス名を変更していない。

 

2. 素材のファイルと書き出しするファイルの保存場所が同じ。

 

3. 書き出し時のファイル名競合を示す警告で、上書き(置換)する方法を選んでしまった。

(追記)

この3.の内容については、ファイル名の競合を示す「ファイルパスの衝突」ウィンドウが表示されない場合があることを確認しましたので、取り消し線を入れて訂正いたします。

(追記終わり)

 

この3つが重なることは、なかなか無いことなのではないかと思います。

 

お書きいただいている、

 

>1点目、まず、Aという動画を取り込み動画編集をしそれを出力する際に、出力ファイル名がデフォルトでAになっていることが問題。

 

については、「クリップに最適なシーケンス」を作成する方法をお使いになられているからだと思います。

 

まっさらなシーケンスを作成していただくと、「シーケンス 01」「シーケンス 02」……といった名称になります。そして、1個目のクリップをのせる際に、シーケンスの仕様がクリップの仕様と合わない場合には、仕様を合わせるか否かのメッセージが出ますので、ここで仕様を合わせることができます。

 

とりあえず、これで解決できるのではないかな、と思います。

 

>2点目、仮に1点目の問題点が意図した仕様だったとしても、「同じ名前だから変更してね」という警告に対しOKを選択したらそのままオリジナル動画を破壊するように書き出しが開始してしまうのは

 

私の手元の環境では、少し異なる挙動でした。

 

似た状況を再現しましたら、最初から競合しないファイル名になり(詳細は追って調べてみます)、意図的に同じ名前で上書きしようとするとこのようなメッセージが出ます。

 

一つ目

2022-10-14_102.png

ここで「はい」を押下すると、次のメッセージが出ます。

 

 

2022-10-14_103.png

ここで「両方を維持」ではなく置換を押下して、「書き出し」をすると、

 

2022-10-14_105.png

というメッセージが出ますが、確かにこの時には時すでに遅しでOKを押しても問題が発生してオフラインになってしまいます。

 

2022-10-14_106.png

 

この最後の挙動は、エラーメッセージの表示時点で置換を停止していないことからバグともいえると思うのですが、おそらく多くの方はここまで到達する前に回避なさっていると思いますので、なかなか事例が見つからないのではないかと思います。

 

投票

翻訳

翻訳

レポート

レポート
コミュニティガイドライン
他のユーザーへの思いやりを持ち、敬意を払いましょう。コンテンツの出典を明記し、投稿する前に内容が重複していないか検索してください。 さらに詳しく
community guidelines
Community Beginner ,
Oct 13, 2022 Oct 13, 2022

リンクをクリップボードにコピー

コピー完了

ご回答ありがとうございます。

>こちらはユーザー同士の交流という意味合いが強いフォーラムなので、開発者への要望は「UserVoice」の方にご投稿いただくと良いのではないかと思います。

こちら承知いたしました。ありがとうございます。

 

>この最後の挙動は、エラーメッセージの表示時点で置換を停止していないことからバグともいえると思うのですが、おそらく多くの方はここまで到達する前に回避なさっていると思いますので、なかなか事例が見つからないのではないかと思います。

 

こちらについては、私の感覚としては容易にユーザーが直面しやすいバグと考えます。以下理由を提示いたします。

>1. (おそらく)シーケンスの作成の際、まっさらなシーケンスを作成する方法ではなく、「クリップに最適なシーケンス」を作成する方法をお使いになっていて、かつシーケンス名を変更していない。

 

初心者のため、まっさらなシーケンスというのがわかっていないのですが、私が動画編集を開始する手順として、

Premiere Proを起動->特定のディレクトリ(例えばC:/B/A)がデフォルトで指定されている->ディレクトリA内のmp4がアイコンで並んでいる->その中の1つを選択する->Create->Projectパネルからタイムラインに動画をドラッグ

という手順で行っています。今のUIでは直感的にごく自然な手順だと思いますが、この点について問題があればご教授お願いいたします。

 

>2. 素材のファイルと書き出しするファイルの保存場所が同じ

これはご指摘の通り盲点でした。。。パスが異なれば当然同一名でも問題(オリジナル素材の破壊)が起こりませんし、今回のバグがすぐに修正されるとは思えないので、次回から確実にこの回避方法で対応します。ただし、素材と出力先のディレクトリを同一にしておくこと自体はごく一般的だと考えますし、私だけではないはずです。

 

>3. 書き出し時のファイル名競合を示す警告で、上書き(置換)する方法を選んでしまった

 

これは違います。言葉足らずで申し訳ございませんが、現象を再現する方法は以下の通りです。

1. タイムライン上のクリップを少し右に移動させる、例えば5秒だけ右に移動させる->すると、0-5秒の間は動画や音声のない真っ暗な画面

2.  0-5秒のところにテキストを挿入する(なんでもよい)

3. 0-5秒のところに.mp3を挿入する(なんでもよい)

4. 出力ファイル名を変更せず(つまりオリジナル素材と同一名)出力を開始する

 

すると、添付の画像のような警告がすぐに出てきてしまいます。このエンコーダーエラーが出るともうおしまいです。

私の場合1.のクリップを少し右に移動させるという手順を行わなければ、再現いただいた「XXXは既に存在します。置き換えますか?」という警告が出てきます。

 

以上のように、現象を再現するのはとても簡単ですし、初心者ならやってしまいがちだと思います。ここにフェールセーフ的なものがないのはちょっとおかしいかなと思います。

 

いずれにしても普通のファイル操作とは異なり、Premiere Proに関してはオリジナルの動画を上書きする=ゴミしか残らない行為なので、こんな選択肢をユーザーに残していること自体仕様の問題があると思いますし、私のケースだとなおさら、上書きしますか?と問わずにオリジナル素材への上書きが開始してしまうので、これは問題だと考えます。

投票

翻訳

翻訳

レポート

レポート
コミュニティガイドライン
他のユーザーへの思いやりを持ち、敬意を払いましょう。コンテンツの出典を明記し、投稿する前に内容が重複していないか検索してください。 さらに詳しく
community guidelines
Community Expert ,
Oct 13, 2022 Oct 13, 2022

リンクをクリップボードにコピー

コピー完了

>初心者のため、まっさらなシーケンスというのがわかっていないのですが、

失礼いたしました。お書きいただいた文面から、原因と結果など整頓されていらっしゃって、こういったことにお詳しい方かと思っており、少々端折って書いておりました。

 

まっさらなシーケンスとは、クリップのドラッグアンドドラッグで作成したシーケンスではなく、「新規シーケンスを作成」で作成される空っぽのシーケンスのことを指していました。

この場合、シーケンス作成時に「シーケンス 01」といった名称になります。

 

もっとも、今おやりの方法でも、シーケンス名を変更していただくというのも一つの方法です(例えば「セミナー編集01」などなど)。その方が、なにかと都合が良いように思います。

 

取り急ぎ、症状の再現方法については私も確認いたしました。特定の条件下で「ファイルパスの衝突」という警告が出ないことと、エンコーダーエラーが出ておしまいになる、この2つのバグが重なったために起きた不具合かと思いますので、これはおっしゃる通りバグの重要度としては高いものだと私も思います。

 

私自身映像業界で働くサラリーマンで、会社で許される範囲で勤務時間中の休憩時間でこちらのフォーラムに参加しているのですが、そろそろ仕事に戻らなくてはならないので、一旦ここまでの返信にさせてくださいませ。次の休憩時間の際に、改めて確認いたします。

 

投票

翻訳

翻訳

レポート

レポート
コミュニティガイドライン
他のユーザーへの思いやりを持ち、敬意を払いましょう。コンテンツの出典を明記し、投稿する前に内容が重複していないか検索してください。 さらに詳しく
community guidelines
Community Expert ,
Oct 14, 2022 Oct 14, 2022

リンクをクリップボードにコピー

コピー完了

最新

先ほどは時間切れで中途半端な返信で失礼いたしました。

 

今回の問題は、おっしゃる通り「プロジェクト内の存在するファイルを上書きしてしまう」というPremiere Proの重大なバグであると、私も認識しております。

フェールセーフとして存在するはずの警告メッセージが、全く意味をなしていないことは間違いないと思います。

 

できるだけ早く開発の方に情報が伝わって、修正されることを期待しているところです。

 

以下は、それをふまえたうえでの、おおまかな編集の流れに関する余談でございます。

 

私自身は幸い大きなトラブルに遭遇したことは無いのですが、ソフトのバグやパソコンの不具合で編集データが失われた場合、苦労するのは結局は自分自身なので、ある程度自衛が必要なのかなと思っております。

 

ソフトの不具合のほか、パソコン上に点在している素材(デスクトップに置いた画像、ダウンロードフォルダにあるstock素材、マイドキュメントにある使いまわし素材)を使って編集していて、うっかりダウンロードフォルダの中を消してしまった、といったような人的ミスもたまに見聞きします。

 

というわけで、今回のトラブルに対するワークアラウンド、というよりは、私が日ごろから意識して行っていることの一例を紹介いたします。

※あくまでも一例です。人によって向き不向きはありますし、作業内容によってはこのようなやり方が適していないことも多々あると思います。

 

これは、私が関わっているミニ番組の編集データ一式が入っているフォルダです。このフォルダは、手動ではありますが定期的に別のストレージにバックアップとして差分コピーをとる運用にしています。

 

フォルダの構成ですが、シリーズ名(番組名)のフォルダに、各話ごとのフォルダを作成して、使いまわしの素材(オープニングタイトルなどなど)以外の素材は、必ずその各話ごとのフォルダ内に保存しています。

 

放送から一定期間がたって素材を削除するときは、この各話ごとのフォルダを削除するだけでOKという形です。

長期保存が必要なタイプの作品の場合には、このフォルダごと長期保管用のメディアに書き込めばOKということになります。

 

※実際に使っているものなので、モザイクばかりでスミマセン。モザイク部分には、主に番組名と放送日、シーケンスの方では出演者名などが入っております。

2022-10-14_1001.png

 

上記画像の中の各話のフォルダのうち、一つを開いたのがこちらの画像です。

2022-10-14_1002.pngプロジェクトファイルや、素材整理のフォルダなどは、番組名・話数が一目で分かるような命名規則にしています。

 

動画の素材や、テロップの素材(SP)は、それぞれフォルダにまとめています。そして、作品の書き出し用にも専用のフォルダを作成しています。

 

これだけでも、今回のような上書きのトラブルは避けられるかと思います。

 

次に、Premiere Proのプロジェクトパネルの様子です。各素材は、フォルダごとプロジェクトパネルに読み込ませています。

 

そしてシーケンス名は、そのシーケンス内の編集内容がわかるような名前を付けています。この例では、メインのシーケンスの名前を「番組名」+「話数」+「最後に編集作業を行った月日」+EDITとつけています。

2022-10-14_1003.png

 

また、編集の過程で、別のパターンのカットつなぎを試してみたり、パートごとに別のシーケンスで編集する場合もあるかと思います。そういった一時作業用のシーケンス名には、頭に「WORK」とつけるようにしています。

2022-10-14_1004.png

 

各々人それぞれの好みもあるかと思いますので、これを見て「ずいぶん分かりにくいなぁ」と思われる方もいらっしゃると思います。

 

なので、結局は作業なさる方々それぞれがミスが無いよう工夫していただくことが一番だと思うのですが、私はこのような感じで長年(20年くらい)やってきて大きなトラブルもないので、講習を頼まれたときや人に相談された際にはこのやり方をご紹介しております。

投票

翻訳

翻訳

レポート

レポート
コミュニティガイドライン
他のユーザーへの思いやりを持ち、敬意を払いましょう。コンテンツの出典を明記し、投稿する前に内容が重複していないか検索してください。 さらに詳しく
community guidelines
Community Expert ,
Oct 13, 2022 Oct 13, 2022

リンクをクリップボードにコピー

コピー完了

こんにちは、videoEditor_UserXさん

 

開発部門への要望は、フォーラムに投稿するよりUserVoiceに投稿するのが良いと思います。フォーラムに投稿した場合は、アドビスタッフの方がいらっしゃいますが、投稿に気が付き開発部門へ届けてくださる確約はないと思います。

 

UserVoiceに投稿するには、Premiere Proのメニューの「ヘルプ」→「フィードバックを提供」を選択すると、英文のUserVoice頁が開きます。日本語にする場合はそのページ内で右クリックし開いたコンテキストメニューから「日本語に翻訳」を選択します。

 

書き出しの場所は初期設定で前回保存したフォルダーが表示されています。

私の場合ですが、書き出すファイルの保存場所は映像素材の保存場所と異なるため、例え表示されている名前のままで書き出しても、映像素材のファイルを上書きしてしまうことはありません。

 

このような上書きしてしまうことを回避するため、書き出すファイルの保存場所を映像素材の保存場所とは異なる保存場所にしたらいかがでしょうか。

 

また、自動保存ファイルは確認されたでしょうか。私は未確認ですが残っているような気がします。

投票

翻訳

翻訳

レポート

レポート
コミュニティガイドライン
他のユーザーへの思いやりを持ち、敬意を払いましょう。コンテンツの出典を明記し、投稿する前に内容が重複していないか検索してください。 さらに詳しく
community guidelines
Community Beginner ,
Oct 13, 2022 Oct 13, 2022

リンクをクリップボードにコピー

コピー完了

ご回答ありがとうございます。

UserVoiceという開発部門に意見を送れる機能があるのですね。存じ上げませんでした。

 

>このような上書きしてしまうことを回避するため、書き出すファイルの保存場所を映像素材の保存場所とは異なる保存場所にしたらいかがでしょうか。

承知しました。これは素晴らしいワークアラウンドだと思います。ありがとうございます。

 

>また、自動保存ファイルは確認されたでしょうか。私は未確認ですが残っているような気がします。

私の理解ですと、プロジェクトファイルは自動保存されますが、メディア自体がなくなってしまった場合はもうだめだと思っています。

投票

翻訳

翻訳

レポート

レポート
コミュニティガイドライン
他のユーザーへの思いやりを持ち、敬意を払いましょう。コンテンツの出典を明記し、投稿する前に内容が重複していないか検索してください。 さらに詳しく
community guidelines
Community Expert ,
Oct 13, 2022 Oct 13, 2022

リンクをクリップボードにコピー

コピー完了

>UserVoiceという開発部門に意見を送れる機能があるのですね。存じ上げませんでした。

UserVoiceには「投票」制度があり、賛同を多く得られると採用される確率が高くなるらしいです。そのためには英語で書き込んだほうが世界中のユーザーの目に留まりますので有利のようです。ですから、日本人の方は日本語と英語併記で投稿していらっしゃる方が多いようです。

 

>これは素晴らしいワークアラウンドだと思います。ありがとうございます。

そう思って頂ければ、嬉しいです。

 

>メディア自体がなくなってしまった場合はもうだめだと思っています。

そうですね。失礼しました。

 

今気づいたのですが、書き出しのファイル名は「シーケンス名」になっていますね。映像素材をタイムラインにドラッグ&ドロップ等ですと「シーケンス名」が映像素材名になりますから、ファイル名に映像素材名が入ったのではと思います。

 

回避方法としては、先に記載した保存場所を映像素材とは別の場所にする以外に次の方法もあるかと思います。

・シーケンスを作成した時点で、シーケンス名を変更する。

この場合なら、ファイル名に映像素材名とは異なる名前が入りますから上書きすることは防止できると思います。

 

投票

翻訳

翻訳

レポート

レポート
コミュニティガイドライン
他のユーザーへの思いやりを持ち、敬意を払いましょう。コンテンツの出典を明記し、投稿する前に内容が重複していないか検索してください。 さらに詳しく
community guidelines