終了
ロック済み

Lightroom Classicのデータを別のパソコンに移動する方法について

アドビスタッフ ,
Oct 02, 2023 Oct 02, 2023

リンクをクリップボードにコピー

コピー完了

いつもAdobe製品をご利用いただきありがとうございます。
Lightroom Classic
のデータを別のパソコンに移行する方法についておまとめいたしました。
パソコンの買い替えや作業場所を変更される際などにご参照ください。

 

 

【必要なデータ】

別のパソコンにデータを移行する際に必要なデータは、主に以下の3つでございます。

  • Lightroom Classicのカタログ(拡張子が「.lrcat」のデータ)
  • Lightroom Classicに読み込みした写真データ
  • Lightroom Classicで作成・取り込みしたプリセット

 

以下にご紹介する手順で、必要なデータや設定のバックアップを取っていただきますようお願いいたします。


【1】Lightroom Classicの
カタログファイルのバックアップと移行

 使用しているカタログデータの保存場所を確認して、移行先のパソコンに移動します。

カタログ場所が不明である場合は以下の手順でご確認ください。

  1. Lightroom Classicを起動し、上部メニューから、Windowsの場合は「編集」、macOSの場合は「Lightroom Classic」を選択し、「カタログ設定」を選択します。
    スクリーンショット 2023-10-17 105044 のコピー.jpg
    ---------------------------------------------
  2. ダイアログが開きましたら、上部「一般」のタブをクリックし、「情報」の欄にある「場所」に記載されているファイルパスを確認します。
    「表示」ボタンをクリックすることでカタログファイルが保存されているフォルダーをエクスプローラー(finder)で参照することが出来ます。
    スクリーンショット 2023-10-17 113526.jpg
    ※スクリーンショットはWindows版のものですが、表示されている項目はmacOSと共通です。
    スクリーンショット 2023-10-17 113823.jpg
    「表示」ボタンを押した後に表示された画面内で
    青く選択されているフォルダー「カタログフォルダーです。
    ---------------------------------------------
  3. 上記の手順でカタログファイルの場所が確認できましたら、そのカタログファイルが入っているカタログフォルダーごと外付けHDDなどにコピーします。
    カタログとその周辺ファイルをまとめてコピーするため、データのサイズが大きくなりやすく、コピーに時間がかかる可能性がございます。
    コピーする前にフォルダーのデータサイズとコピー先のHDDの空き容量をご確認いただくことをお勧めいたします。
    ---------------------------------------------
  4. カタログフォルダーをコピーした外付けHDDを移行先のパソコンに接続し、カタログを開きます。

カタログファイルは外付けHDDの中においたまま開くことが出来ます。

 

※カタログの場所がわからない場合

カタログファイルの探し方の一例を以下にご紹介いたします。

大変恐縮ながら、カタログファイルの管理はユーザー様ご自身で行っていただくようお願いしておりますため、弊社の電話やChatでのサポートでも、カタログファイルの場所の特定は出来かねます。データはご自身でお探しいただきますようお願いいたします。

 

  • ピクチャーフォルダーを確認する
    Lightroom Classicは初回起動時、ピクチャフォルダに「Lightroom」という名称のフォルダーを生成し、その中に初期カタログファイルを生成します。
    ご自身でカタログファイルを作成された覚えがない場合は、ピクチャフォルダーをご確認いただくことでカタログファイルが発見できる可能性がございます。
    名称未設定 1.jpg

 

  • 最近使用したファイルの一覧を確認する
    Lightroom Classicを起動する前に、Windowsでは[ Alt ]キー、macOSでは[ option ]キーを押しながら起動することで、「直近で開いたことのあるカタログ」の一覧を表示することが出来ます。
    表示された一覧を確認いただき、カタログの名前やファイルバスでご自身が使用しているカタログかどうかが判断できない場合はLightroom Classicで開いて頂き、移行されたいカタログかどうかをご確認ください。

 

  • パソコン内を検索する
    Lightroom Classicのカタログファイルは「.lrcat」という拡張子のデータです。
    パソコンの検索機能を利用して、上記のカタログ拡張子ファイルを検索し、カタログフォルダーを発見できる可能性がございます。
    ファイルの検索方法はパソコンサポートにご相談ください。

 

【2】写真データのバックアップをとる

  1. ピクチャーフォルダーや、HDDで管理されている写真のデータを外付けHDDなどにコピーしておきます。
    すでに外付けHDDに写真データが入っている場合は、そのまま移行先のパソコンに接続します。
    写真の保存場所はご自身で探していただくようお願いいたします。
  2. 移行先のパソコンに外付けHDDを接続します。

 

【3】プリセットのバックアップをとる

ご自身で作成したり、Lightroom Classicに読み込みをした

現像やプリント設定などのプリセットのバックアップを必要に応じてとっていただきますようお願いいたします。

 

  1. 初期設定では、以下の階層にプリセットデータがございます。フォルダーごと外付けHDDにコピーします
    Windows

以下の場所にある「Lightroom」、「Camera Raw」のフォルダー

C:\Users\[ユーザー名]\AppData\Roaming\Adobe\Lightroom

C:\Users\[ユーザー名]\AppData\Roaming\Adobe\CameraRaw\Settings

[フォルダーのたどり方]
① 隠しフォルダーを表示するオプションに変更します。

Adobe製品を終了します。
③ 以下の手順でフォルダを参照します。
PC、コンピュータ項目のCドライブ

ユーザー

<ユーザー名> ※現在ログインしているパソコンのアカウント名のフォルダーを選択します

AppData

Roaming

Adobe
④ 上記の「Adobe」フォルダーの中にある「Lightroom」と「CameraRaw」を外付けHDDなどにコピーします。

macOS
以下の場所にある「Lightroom」「Camera Raw」のフォルダー

/Users/[ユーザー名]/Library/Application Support/Adobe/Lightroom

/Users/[ユーザー名]/Library/Application Support/Adobe/CameraRaw


[フォルダーのたどり方]
① Adobe製品を終了します。
② 以下のフォルダを参照します。
デスクトップの何も無いところをクリックします。

上部「移動」メニューをクリックし開きます。

キーボードの[ option ]キーを押しながら「ライブラリ」をクリックします
※[ option ]で反応ないときは[ Shift ]キーをお試しください。

Application Support

Adobe
③ 上記の「Adobe」フォルダーの中にある「Lightroom」と「CameraRaw」を外付けHDDなどにコピーします。

 

  1. 移行先のパソコンの同じ場所にバックアップしたフォルダーを移動します。

 

 

【備考】プリセットをカタログと一緒に保存する設定にしている場合

任意でカタログファイルごとにプリセットを管理している場合もございます。

 

以下の設定が有効になっている場合は、手順【1】でご確認いただいた、

カタログフォルダー内に「Lightroom設定」という名称のフォルダーが生成され、

カタログごとにプリセットを管理している状態となっております。

有効である場合は、【1】の手順でバックアップいただいたカタログフォルダーを移行先パソコンに移動します。

 [設定の確認手順]

  1. 上部メニューから、Windowsの場合は「編集」メニュー、macOSの場合は「Lightroom Classic」メニューを選択し、「環境設定」にすすみます。
  2. 上部タブから「プリセット」メニューを選択します。
  3. カタログと一緒にプリセットを保存の設定の状態を確認します。
    スクリーンショット 2023-10-17 131949.jpg

 

 

 

 

 

※データ移行後のご注意

Lightroom Classicは写真を現像(編集)・書き出しをする際、

Lightroom Classicのカタログ内で記録しているHDD内の写真を参照する仕組みをとっております。

Lightroom Classicのカタログ内で記録している写真の場所と、実際の写真の保存場所が異なる場合、「見つからない写真」のアラートやフォルダーに「?」マーク、写真に「!」マークが表示され、編集や書き出し、Photoshopへの連携ができなくなります。

 

特に、Windowsパソコン同士やmacOSとWindows間での移行では、

上記にご説明した状況が発生しやすくなります。


データの移行後にはカタログの状態を確認いただき、必要に応じて写真を紐づけし直す必要がございます。

以下の記事も併せてご参照いただき、調整くださいますようお願いいたします。

 

【読み込みした写真が編集できない場合の対処方法について】 

https://adobe.ly/3FXCxKD 

 

 

 

以上でございます。

上記の情報が皆様のLightroom Classicの快適なご利用の一助となれば幸いでございます。

是非、今度ともLightroom Classicでの写真編集をお楽しみください。

Lightroom 、Lightroom Mobileと同期を行っている場合の移行手順につきましては今後追記予定です。

---------------------------------------------

更新履歴
2023.10.17 スクリーンショット追加/修正

キーワード
手順

表示

5.5K

翻訳

翻訳

レポート

レポート
コミュニティガイドライン
他のユーザーへの思いやりを持ち、敬意を払いましょう。コンテンツの出典を明記し、投稿する前に内容が重複していないか検索してください。 さらに詳しく
community guidelines